2014年03月13日12時30分

今日はナポリタンが食べたい!“八王子ナポリタン”が食べたい!!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ネットで話題のサービスや事件、ツイートしている中の人を直撃する週アス好評連載『中の人特捜部』──週刊アスキー3/25号 No.971では、東京・八王子市の新たなご当地グルメとなりつつある“八王子ナポリタン”の仕掛け人の登場だ。

971_nakanohito

 

八王子ナポリタンには特別な仕込みが不要

 “B級グルメ”という言葉が定着し、全国各地で新たなご当地グルメが登場してきているが、今回取りあげる“八王子ナポリタン”もそのひとつだ。

 昨年11月に、八王子ナポリタンの考案者、マンマミーア中島さん(以下、中島さん)が“八王子ナポリタンクラブ”を設立。八王子ナポリタン提供店の参加を募ったところ、瞬く間に50店以上が集まったという。でも、なぜナポリタンなのか? 仕掛け人の中島さんにお話をうかがった。

 

今週の捜査対象

971_nakanohito

八王子ナポリタンクラブ会長 マンマミーア中島さん
八王子ナポリタンクラブの会長である一方で、羽つきピザが目玉メニューのお店『GAMバル』のオーナーシェフでもある。

 

 なぜナポリタンなのかというと、
「八王子は高尾山が有名ですが、学生街でもあります。だからボリュームのあるメニューが出せればと思って、ナポリタンを選びました」

 もともとは学生をターゲットに考案したメニューというわけだが、それだけが理由ではない。
「ナポリタンにしたのは、もうひとつ理由があります……」

(続きは週刊アスキー3/25号 No.971で!)

 

B級日本一をめざす“八王子ナポリタン”ってどんなの?

●八王子ナポリタンたる条件
1)たっぷりの刻み玉ネギを使うこと。
2)八王子産の食材を1品以上使用する。
3)蕎麦やうどんなどパスタ以外の麺も可。

 

これぞ元祖八王子ナポリタン

971_nakanohito

↑マンマミーア中島さんのお店の八王子ナポリタン。たっぷりのった刻み玉ねぎのシャクシャクした食感がたまらない。学生さんも満足できるボリュームだ。

 

普段はイタリア料理店で腕を振るう!

 

971_nakanohito 971_nakanohito

↑マンマミーヤ中島さんがオーナーシェフを務める『がぶ飲みワイン カリカリ羽つきピザ店 GAMバル』。八王子ナポリタンのほかにも、羽つきピザなどおいしそうなメニューがもりだくさんだ。

週刊アスキーで全部読めます
3/25号 No.971では(3/11発売)では、ナポリタンを選んだもうひとつの理由、今までに考案した意外に当たらなかったメニュー、日本一のナポリタンの町への野望といったエピソードなどについてもうかがっています。

週刊アスキー 週刊アスキー
Amazonで購入は表紙をクリック
Kindle版はこちらの表紙をクリック

週刊アスキーはNewsstandでも配信中!
Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking