2014年03月09日19時00分

iPhoneやiPadの調子が悪いときは、DFUモードを試してみましょう|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 iPhoneやiPadが起動しない、再起動を繰り返す、突然電源が落ちるといった致命的なトラブルが発生したときは、すべての設定を初期化してバックアップから復元しましょう。

 この作業をするには「DFUモード」を利用します。方法は簡単。USBケーブルでMacと接続してiTunesを起動し、iOSデバイスのホームボタンとスリープボタンを同時に10秒間長押しします。画面が消えたらスリープボタンから手を離し、ホームボタンだけ押し続けるとDFUモードになります。あとはiTunesでバックアップから復元します。

trouble_shooting

 iPhone本体がDFUモードになると、このダイアログが表示されます。「OK」をクリックし、iTunesの「iPhoneを復元」から復元作業を開始しましょう。

trouble_shooting

 ダイアログが表示されるので、「復元とアップデート」をクリック。続いてキャリアアップデートのダイアログが表示された場合は「OK」をクリックします。

trouble_shooting

 アクティベート画面にAppleIDとパスワードを入力し、「続ける」をクリック。再度アクティベートを実行します。パスワードを忘れてしまっても、「お忘れですか?」から再設定可能です。

trouble_shooting

 再起動後に「新しいiPhoneへようこそ」という画面が表示されます。「このバックアップから復元」をクリックし、最新のデータを選びます。

trouble_shooting

 システムがリセットされたあと、音楽/写真/アプリなど、バックアップ時の情報を基にすべてのデータが同期されます。iPhoneの容量が大きく、復元データが多い場合、30分以上かかることもあるので、気長に待ちましょう。

 これでも症状が直らない場合は、「新しいiPhoneとして設定」を選んでバックアップを使わずに初期化し、アプリをインストールして動作を確認してみましょう。問題なく動作すれば、再度バックアップから復元してください。

troubleshooting

 このほかにも、MacPeople4月号(3月28日)の「トラブルシューティングガイド」特集ではMacが起動しない、アプリの動作が不安定、ネットワークにつながらない! などさまざまなトラブル解決法をまとめています。

troubleshooting

 また、2月28日発売のMacPeople4月号では、Macintosh30周年特集第2弾として、Macintosh PortableやPowerBookなど歴代ノート型Macをたっぷり紹介しています。そのほか、2014年知っておきたい最新テクノロジー解説、Googleサービス使いこなし術、MacやiPhone/iOSのトラブル解決技など、じっくり楽しんでいただけること間違いなしです。

4月号はPortableと両Airが目印
MacPeople 4月号(2月28日発売)
Amazonで購入は表紙をクリック

 Macintosh 30周年特集の第1弾は、3月号(1月29日発売)。初代Macintoshのさまざな写真はもちろん、SE、SE/30、Color ClassicなどのコンパクトMac、Macintosh IIやIIci、IIsi、IIfx、LC475などのセパレート型Macを紹介していますので、ぜひセットでご購入ください。そのほか、超ド級スペックのMac Pro徹底解剖、iPhoneで操作できるデジタルガジェット大全、ブラウザーの超便利拡張機能などなど見逃せません!

3月号は初代Macと最新Mac Proが目印
MacPeople_2014_03
Amazonで購入は表紙をクリック

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!