2014年03月10日18時00分

祝 Macintosh 30周年!!名機Lombard/Pismoを輩出PowerBook G3|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 こんばんは、MacPeopleの吉田でございます。1984年1月24日に初代Macintoshが誕生して2014年で30周年。MacPeople編集部では短期集中連載として、初代Macから最新のMac Proまでに盛り込まれたテクノロジーについてひも解いていきます。今回からはこれまで取り上げてこなかったノート型マシンを紹介します。

 ノート型マシンとして11回目に紹介するのは、PowerBook G3シリーズです。ご存じの方も多いかと思いますが、PowerBookの名作中の名作ですね。Appleのノートマシンは、PowerBook G3からWindowsノートとは一線を画すデザインとなり、独自の進化を遂げたといえます。

 Appleのサポートサイトでは、KangaをPowerBook G3、Wallstreet/PDQをPowerBook G3 Series、LombardをPowerBook G3(Bronze Keyboard)、Pismo をPowerBook G3(FireWire)——と4つに区別しています。しかしMacユーザーの間では、Kanga/Wallstreet/PDQ/Lombard/Pismoなどの開発コードネームで呼ばれていましたね。

 また、PowerBook G3にはマニアとして注目すべき変化が見られたマシンでもあります。写真を見るとよくわかりますが、1999年に発売されたPismo(Bronze Keyboard)からは、ボディーに刻印される製品名がPowerBookのみとなっているのです。PQDまでのすべてのマシンは、Macintosh PowerBookでしたね。ちなみにデスクトップマシンのほうも、1999年に発売されたG4マシンから、名称がPower MacintoshからPower Macに変わっています。

Macintosh PowerBook G3シリーズ
(Kanga/Wallstreet/PDQ/Lombard/Pismo)

 PowerBook G3は、次の世代のG4が登場するまで3年以上にわたって、次々に新モデルが投入され続けたPowerBookを代表するシリーズだ。PowerBookといえばハイエンドノートという図式を築いたシリーズとなった。

5世代におよぶPowerBook G3の歴史

 PowerBook G3シリーズが採用したPowerPCは、主にアップルが使う通称では「G3」だが、CPUチップの型番でいえば740/750となる。そのうちどちらを採用しているかは、マシンの発売時期と複数に分けられたグレードによって異なる。AppleはPowerBook G3を4シリーズで区別しているが、仕様や発売時期を考えると5つの世代に細分化できる。

 具体的には、開発コード名に由来すると思われるニックネームで識別可能なのだ。1997年11月に発売された初代PowerBook G3は、前モデルのPowerBook 3400cと同じデザインのボディーを採用し、CPUをPowerPC G3にアップグレードした過渡的なマシンで、コードネームは「Kanga」だった。このモデルの寿命は非常に短く、4カ月後には第2世代にバトンを渡すことになる。第2世代となるのは、新たにデザインされた特徴的なボディーを備える「Wallstreet」で1998年3月に発売された。

 PowerBook G3といえば、誰もがまずこのデザインを思い浮かべるという印象的なモデルで、その後のモデルで細部は変化したものの、基本的なデザインは第5世代まで継承されることになる。第3世代は、Wallstreetのアップグレード版で、わずか5カ月後の1998年8月に発売された。コードネームは「WallstreetII」または「PDQ」とされた。PDQとは「Pretty Damn Quick」の略と言われていて、「非常に速い」あるいは「直ちに」といった意味がある。

 第4世代の「Lombard」は、しばらく間を置いて1999年5月に登場した。同じ印象のデザインながら、このモデルからかなり薄く、そして軽くなった。Wallstreetの厚みは約51mm、重量は3.5kgあったのに対し、Lombardは約43mm、2.8kgになり、可搬性は大幅に向上した。第5世代となる「Pismo」は、ボディーのデザインも大きさも重さもLombardとほぼ同じだが、PowerBookとして初めてFireWireを搭載したことで知られるモデル。2000年2月に発売された。このモデルは、2001年1月に登場するPowerBook G4まで1年弱の販売期間だった。

PowerBook G3
PowerBook 3400のボディーを引き継ぎ、CPUだけG3になったKanga
PowerBook G3
PowerPC G3時代のPowerBookの基礎を作ったWallstreet
PowerBook G3
モニターの仕様を統一した、Wallstreetの改良版にあたるPDQ
PowerBook G3
薄さを誇ったLombard。キーボードがブラウンの半透明になっていることからBronze Keyboardとも呼ばれる
PowerBook G3
FireWireポートの搭載など内部/拡張インターフェースを強化したPismo

 *       *       *       *

 さて、好評発売中のMacPeople 4月号では、Macintosh30周年特集第2弾として、Macintosh PortableやPowerBookなど歴代ノート型Macをたっぷり紹介しています。そのほか、2014年知っておきたい最新テクノロジー解説、Googleサービス使いこなし術、MacやiPhone/iOSのトラブル解決技など、じっくり楽しんでいただけること間違いなしです。

4月号はPortableと両Airが目印
MacPeople 4月号(2月28日発売)
Amazonで購入は表紙をクリック

 また、MacPeople 3月号では、Macintosh 30周年を記念した特集記事を組んでいます。初代Macintoshのさまざな写真はもちろん、SE、SE/30、Color ClassicなどのコンパクトMac、Macintosh IIやIIci、IIsi、IIfx、LC475などのセパレート型Macの驚愕のテクノロジーをひも解いていきます。もちろん、68K MacだけでなくPowerPC搭載のiMacやPower Mac、インテルCPU搭載マシンを含む一体型、デスクトップ型すべてです。そして第2特集では、最新のMac Proを詳しく紹介。この2つの特集記事だけで80ページ以上ありますよ!

3月号は初代Macと最新Mac Proが目印
MacPeople_2014_03
Amazonで購入は表紙をクリック

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly
スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

56人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

4,980円〜

39人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

11,980円〜

11人が購入

Amazon.co.jp