2014年03月03日22時40分

Firefoxが段階的にプラグインを廃止すると発表(情報追記あり)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Firefoxが段階的にプラグインを廃止すると発表

 ウェブブラウザー 『Firefox』 を開発しているMozilla社から重大な発表がありました。同社のセキュリティーに関するブログ『Mozilla Security Blog』 (関連サイト)において、先月28日付けのエントリーで「セキュリティー強化のため、将来的にプラグインを廃止する」という記載がありました。

 すでに現行バージョンでは、デフォルト設定でプラグイン無効となってており、ユーザーが有効・無効を選択する“click-to-play”機能が動作するようになっている。Mozilla側からは、「今後、ウェブサイト制作者はプラグインの利用を停止してもらいたい」と強くコメント。

 しかし、Firefoxのプラグインはなくてはならない存在であることをMozillaも重々承知しており、人気プラグインなどは当面利用できるように“plugin whitelist”(Mozillaがセキュリティーが保たれているとお墨付きを与えたプラグインのリスト)を設置し、ユーザーとのバランスを保つ方針です。プラグインは非常に便利ですが、やはりセキュリティー面でリスクを無視できないという判断を下してしまいました。

 ウェブブラウザーシェアの構図が大きく変わるきっかけになるかもしれません。

(2014年3月4日13時14分追記)今回Mozillaが廃止の方針を発表したのはNPAPI(Netscape Plug-in API)を使用しているプラグインであり、ウェブブラウザーのスキン、翻訳、セキュリティ強化などの“アドオン”は廃止の対象ではありません。

続報(2014年3月4日19時30分追記)
Mozilla JapanにFirefoxプラグインの将来を直接聞いてみました

■関連サイト
Mozilla Security Blog

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!