2014年03月04日21時00分

iTunesでHDの映画を選んでいるのに画質がイマイチとお嘆きのアナタに|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

実は2種類のHD画質が用意されている

140304_moro_hdmovie

 iTunes Storeで映画をレンタルする場合は、画質をHDかSDから選べます。MacやiOSデバイスの画面で見るぶんにはSDで十分ですが、Apple TVやHDMIケーブルなどで大画面のテレビに出力するなら、やはりHD画質を選びたいところ。

 しかし、いざHD画質でレンタルしてみて、「思っていたほど画質よくないな」と感じた経験はありませんか? 実はiTunes StoreのHD画質には「720p」と「1080p」の2種類があるんです。

 1080pのほうがいわゆる「フルHD」で高画質なのですが、iTunesの標準では720pに設定されているという、ちょっとしたトラップがあるんですね。

140304_moro_hdmovie

 画質設定は、ダウンロードページの右下に記載されています。「HD:720pと1080pが含まれます(720pをダウンロード中)」と書いてある場合は、この部分をクリックしましょう。

140304_moro_hdmovie

 するとiTunesの環境設定が呼び出され、「Store」タブが表示されます。この「高解像度ビデオダウンロード時に優先」欄で「1080p」を指定しましょう。これで、HDを選ぶと自動的に1080pのデータがダウンロードされるようになります。

140304_moro_hdmovie

 1080pにするとデータ容量がバカでかくなるんじゃないの? と心配になりますが、実は大して変わりません。1時間49分の作品で110MBしか違わないので、ダウンロード時間もそれほど変わらないのです。HD(720p)のデータ容量はSDの2倍以上なので、もっと差が出るのかと思いましたが、意外でした。

 ちなみに画質ですが、フルHD対応で高画質をうたう最近の液晶テレビなら、はっきり違いを体感できるはずです。720pも1080pもレンタル価格は同じなので、ぜひ一度試してみてください。


 * * *
 

 さて、発売されたばかりのMacPeople 4月号では、Macintosh30周年特集第2弾として、Macintosh PortableやPowerBookなど、歴代ノート型Macをたっぷり紹介しています。第2特集では、MacやiOSデバイスで採用されているプロセッサーやメモリー、Thunderboltインターフェース、SDといった各種ハードウェアの最新テクノロジーを20ページにわたって解説。そのほかにも、Googleサービス使いこなし術、MacやiPhone/iOSのトラブル解決技など、じっくりと楽しめる特集をラインアップしています。

3月号は初代Macと最新Mac Proが目印
MacPeople_2014_03
Amazonで購入は表紙をクリック

 また、好評発売中の3月号では、Macintosh 30周年記念の第1弾として、初代Macintoshから始まる各種デスクトップ型Macの歴史を紐解いていきます。もちろん、68K MacだけでなくPowerPC搭載のiMacやPower Mac、インテルCPU搭載マシンを含む一体型、デスクトップ型すべてです。そして第2特集では、最新のMac Proを詳しく紹介。この2つの特集記事だけで80ページ以上もありますよ! 4月号と併せて、保存版として持っておきたい1冊です。

4月号はPortableと両Airが目印
MacPeople 4月号(2月28日発売)
Amazonで購入は表紙をクリック

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Amazon.co.jp