2014年02月28日22時00分

青空文庫が紙の書籍『青空文庫POD』で登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 インプレスR&Dは電子書籍配信サイト「青空文庫」のタイトルを紙の書籍『青空文庫POD』のブランド名で販売開始した。
 注文に応じて1冊ずつ印刷・製品するプリントオンデマンドの利点と同社が開発した自動組版技術「NextPublishing」(外部サイト)を組み合わせ、3サイズで同時出版することが特徴。青空文庫のテキストファイルをEPUB3に変換、多書体対応のLaTeX自動組版システムを利用したPDF作成、カバー用ファイルの作成、これらをNextPublishingで行なうことで効率的に製品化することに成功した。

青空文庫POD

 第一弾は芥川龍之介や太宰治、夏目漱石、森鴎外など純文学を代表する作家29人の100タイトル(3サイズ、300製品)で2月27日に発売。取り扱いは、Amazon(外部サイト)と三省堂書店オンデマンド(外部サイト)となる。なお、ポケット版の取り扱いはAmazonのみ。

青空文庫POD

 文字サイズと判型は、左から、ポケット版(文字サイズ9ポイント、A6変形判)、シニア版(文字サイズ10.5ポイント、四六判)、大活字版(文字サイズ22ポイント、B5判)。価格は作品によって異なり、税別382円~。第一弾のラインアップで一番高価なのは島崎藤村lの『破戒』大活字版の2367円だ。

 今後は青空文庫に登録されている1万2000点以上の全作品を提供していく予定。なお『青空文庫POD』の売上の一部は青空文庫に還元される。
 

●関連サイト
『青空文庫POD』ニュースリリース
Amazon
三省堂書店オンデマンド
青空文庫

あわせて読みたい

follow us in feedly

Windows 10&パソコン自作でゲーム三昧

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!