2014年02月27日19時30分

手軽にiBeacon体験!スマホと一緒に使いたい置き忘れ防止の最強ツール|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 みなさん、こんばんは。MacPeople編集部の吉田でございます。さて、本日お勧めするグッズは『Stick N Find』というシロモノです。Bluetooth Low Energy(LE)対応のアイテムでiPhoneと一緒に使うことで、忘れ物の防止やペットの監視などに活用できます。

Stick N FIND

 製品パッケージには、写真のような500円硬貨サイズの送信機(ステッカー)が2つ入ってます。この部品とiPhone用の専用アプリが、Bluetooth LEで通信することで、上記のような機能を提供します。なお、iOSデバイス側はBluetooth LEの機能を含むBluetooth 4.0以上のデバイスが必要です。具体的には、iPhone4S以降、iPad第3世代以降、iPod touch:第5世代以降、iPad mini)です。Androidでも使えます。

Stick N FIND

 裏面は粘着テープになっており、さまざまな場所に吸着させることが可能です。

Stick N FIND

 名刺入れや財布、IDカードフォルダーなどにこのステッカーを入れておくだけでオッケー!

Stick N FIND Stick N FIND

 専用アプリ『StickNFind』をApp Storeからダウンロードしてセットアップを始めます。起動すると、製品ロゴが表示されたあと、位置情報の利用を承認する画面が現れるので「OK」をタップします。

Stick N FIND Stick N FIND

  最初は「Sign in」をタップしてユーザー登録を済ませましょう。次の画面で「Create Account」を選びます。

Stick N FIND

 ユーザー登録といっても、メールアドレスをパスワードを入力するだけなのですぐに終わります。

Stick N FIND

 ユーザー登録もしくサインインを終えるとトップ画面に戻ります。

Stick N FIND Stick N FIND
Stick N FIND

 ここでさきほどのステッカーを近くに置いてペアリング作業を進めます。ステッカーには電源スイッチなどはありませんが、アプリのほうから電源をオンにして自動で作業してくれるので、そのまま待ってればOK。

Stick N FIND

 ペアリングが完了したら、早速ステッカーの在処を探してみましょう。

Stick N FIND Stick N FIND

 下部のメニューから「レーダー」画面に切り替えると、その名のとおりレーダー画面のようなビジュアルで、ステッカーのおおよその場所を判断できます。

Stick N FIND Stick N FIND

 2つあるステッカーとも、それぞれ補足できてますね。

Stick N FIND

 ステッカーとiPhoneが一定距離以上を離れたときや電話が着信したときにアラームを鳴らす設定も可能です。

Stick N FIND

 通信が完全に切れた場合は、アプリから補足することはできなくなります。

Stick N FIND Stick N FIND

 アプリがステッカーを見失った場合、最後にステッカーを捕捉した位置を記録しているので安心です。

Stick N FIND

 地図を頼りにステッカーを捜索可能です。

 Bluetoothで通信可能な範囲は半径45mなので、このステッカーを貼り付けたカバンなどを室内などで見失うことはまずなくなるでしょう。ステッカーにはボタン電池が内蔵されており、1年程度は電池交換の必要がありません。なおステッカーのカラーバリエーションは、黒、クリアー、白、青、赤、ピンクの6色があります。

 実は、このStick N Findが実現している機能こそが、現在話題沸騰の「iBeacon」の正体なんです。送信機(ステッカー)からは自身を認識させる信号や光、音などを発するだけで、そのあとの処理はアプリ側に任せるというのがこのシステムのざっくりとした仕組みです。iPhoneとステッカーの位置が一定距離に近づいたり、離れたりすることを検知できるわけです。なんだか近未来感のありまくりのアイテムですね。

アスキーストアならクーポンコードで500円引き!
494683
(使用期限は3月31日午前10時まで)
クーポンの使い方はコチラ

アスキーストアで購入する

 さて、3月号ではMacintosh 30周年を記念した特集を組んでいます。初代Macintoshのさまざな写真はもちろん、SE、SE/30、Color ClassicなどのコンパクトMac、Macintosh IIやIIci、IIsi、IIfx、LC475などのセパレート型Macの驚愕のテクノロジーをひも解いていきます。そのほか、超ド級スペックのMac Pro徹底解剖、iPhoneで操作できるデジタルガジェット大全、ブラウザーの超便利拡張機能などなど今月も見逃せません!

3月号は初代Macと最新Mac Proが目印
MacPeople_2014_03
Amazonで購入は表紙をクリック

 また、2月28日発売の4月号では、Macintosh30周年特集第2弾として、Macintosh PortableやPowerBookなど歴代ノート型Macをたっぷり紹介しています。そのほか、2014年知っておきたい最新テクノロジー解説、Googleサービス使いこなし術、MacやiPhone/iOSのトラブル解決技など、じっくり楽しんでいただけること間違いなしです。

4月号はPortableと両Airが目印
MacPeople 4月号(2月28日発売)
Amazonで購入は表紙をクリック

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

※2014年2月27日 21時20分追記:アスキーストアのクーポンコードを追記いたしました。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!