2014年02月26日16時00分

固定へ1分2円のLINE電話発表 自作スタンプの販売も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
LINE電話

 LINEは2014年2月26日、“LINE Sowcace 2014 Feb.”を開催。LINE電話、LINEビジネスコネクト、LINE Creators Marketの3つのサービスを発表した。今回発表されたサービスを“BEYOND LINE”と総称して、よりいっそうのインフラ化を狙う。

LINE電話

 LINE電話(LINE Call)は2014年3月公開予定の、固定電話やケータイへ電話番号に対して、LINEアプリ内から電話が掛けられるサービスだ。通話料は、固定電話へが1分2円から、ケータイへは1分6.5円から。国際電話でも、米国や中国には1分2円からという激安料金で参入した。

LINE電話

 地図サービスと連動し、周辺の店舗を検索して電話を掛けることが可能。“LINE@”を導入している一部店舗など、約130万件には無料で通話ができる。導入時は周辺だけだが、地図上で位置を指定しての検索も可能になるという。

LINEビジネスコネクト
LINE電話

 LINEビジネスコネクトは、LINEの公式アカウントを開設する企業に向けて、APIを公開し、各企業がカスタマイズしてメッセージの送受信などを行なえるようにするサービスだ。ユーザーの同意の下、すでに企業がもつ顧客データベースとの連携も可能になる。この機能を応用すれば、宅配ピザ、タクシーの手配などの利用も想定できるという。いっきに社会インフラとしての定着を狙うサービスだ。

 LINE Creators Marketは、自作スタンプを作成して公開できるというもの。公開に審査はあるが、プロ、アマ、企業、個人問わず、LINEユーザーであれば、誰でも自分の作成したスタンプを“LINEウェブストア”で販売できる。40種類のスタンプを1セット、100円で販売できる。売り上げの50%が制作者に配分される仕組みだ。

 このほか、昨年発表された“LINE MUSIC”や“LINE MALL”についても順次発表できるよう進行中とのこと。今後のLINEのサービス拡大に注目だ。

■関連サイト
LINE電話

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!