2014年02月24日02時00分

WindowsPhoneがデュアルSIMのサポートを発表:MWC2014

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 マイクロソフトは2月23日(現地時間)、MWC2014の事前カンファレンスで、Windows Phone開発環境の進化について触れ、今春に予定している次期8.1アップデートについて発表した。

microsoftMWC2014

 まず、Windows Phoneは、クアルコムのSnapdragon 200、400シリーズのチップセットを含む、すべての主要なスマートフォンに対応。さらにLTE(TDD / FDD)、HSPA +、EVDOおよびTD-SCMAをサポートし、ソフトキー、デュアルSIMにも対応するなど、フレキシブルなハードウェア開発が可能となったことを明らかにした。

 新しいWindows PhoneハードウェアパートナーもこれまでのHTC、Huawei、ノキア、Samsungに加え、Lenovo、LG、ZTE、Foxconn、Gionee、JSR、Karbonn、Lava (Xolo)が参加することとなり、どのOEMメーカーでもAndroid端末と同じ製造ラインで、簡単に端末がつくれるよう、端末を共通化して低コスト化を目指すとしている。また、開発に必要なツールにすぐアクセスできる『Windows Hardware Partner Portal』サイトをオープン。

WindowsPhone

 また、今後数週間のうちにFacebook Messengerが利用可能になるほか、今春には、VPN、Enterprise WiFi、MDM、S/MIME証明書管理、エンタープライズ向けのWiFiなどの機能が開放される予定だ。

 同じように今春アップデートが行なわれるWindows 8.1でも、マウスとキーボードを使い続けているユーザーが快適になるような改善を行なっていると発表。今後は、Windows Phoneだけでなく、Windows PCでも、低コストのハードウェア開発が焦点になる見込み。

 詳しい記事は追って公開する。

【2014年2月24日13時50分】一部訳に誤りがありましたので修正致しました。

■関連サイト
MWC2014
Windows Phone Dev Center
Windows Phone Blog「Scaling Windows Phone, evolving Windows 8」(英文)

MWC2014まとめ

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

56人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

4,980円〜

39人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

11,980円〜

11人が購入

Amazon.co.jp