2014年02月16日16時30分

iWatchは200人体制で開発が本格化!Apple噂まとめ(2/9〜2/15)|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 国内外の噂系サイトで2月9日から15日までに出回った内容をまとめました。Appleが開発中と噂されているウェアラブルデバイス「iWatch」の開発がどうやら本格化しているようです。200人超の開発スタッフを揃えて、ソフトウェアの作り込み始まっているみたいです。iPhoneに搭載される専用アプリは「Healthbook」と呼ばれ、消費カロリーや睡眠時間だけでなく、心拍数や血中酸素濃度なども記録できるようです。

2/10 iPhone6は過去最高の出荷台数に?
EMSOne(外部サイト)によると、Appleが2014年に調達するフレキシブル基板の総額は過去最高になるとのこと。これらの基板は主にiPhoneに使われることから、Appleは次期iPhoneを過去最高レベルの台数で生産するようです。また、台湾キャリアー・テック社がサプライヤチェーン入りしたそうで、すでにサプライヤーチェーン入りしている日本メクトロン(株)と同程度のフレキシブル基板を受注するそうです。

2/11 iWatchの開発が本格化、200人体制に
Apple Insider(外部サイト)によると、Appleが開発中と噂されているウェアラブルデバイスであるiWatchは、200人体制で開発しているとのこと。血液検査やブドウ糖測定などの医療系の機能は搭載せず、ヘルスケアデバイスとなるようです。iPhone用の対応アプリは「Healthbook」と呼ばれ、運動量/睡眠時間/ストレス状態などを記録できるようです。

2/11 ARMがモバイルCPU「Cortex-A17」を発表
Engadget(外部サイト)によると、 英アーム社は「Cortex-A17」プロセッサを正式発表したそうです。製造プロセスは28nmで、ミッドレンジ向けとされています。iPhone4SやApple TVなどが採用しているCortex-A9より性能が約60%向上しているそうです。

2/11 新型Apple TVの痕跡が見つかる
9 to 5 Mac(外部サイト)によると。iOS7のコード内に新型Apple TVと思われる記述が見つかったそうです。現行モデルは「AppleTV3.1」と表記されますが、コード内には「AppleTV4.1」という記述があり、これが新型だと考えられます。先週、ゲームコントローラー対応などの噂も出ていましたので、新型がどうなるのか気になりますね。

2/12 iPhoneの前面カメラもソニー製に
日本経済新聞(外部サイト)によると、新型iPhoneの前面カメラ(FaceTimeカメラ)はソニー(株)のCMOSセンサーを採用するそうです。iPhone5sでも、背面カメラ(iSightカメラ)はすでにソニー製でした。また、iPad Air用のバッテリーもソニー製だそうです。

2/12 iPhone6は4.7/5.5インチの2モデルで9月発売
9 to 5 Mac(外部サイト)によると、iPhone6は4.7インチと5.5インチの2モデルで9月にリリースされるとのこと。South China Morning Postの情報です。液晶カバーにはサファイアガラスが採用され、ピクセル密度はiPhone5sの326ppiより高い441ppiになるそうです。

2/12 Apple A8の製造が本格化
EMSOne(外部サイト)によると、Apple A8の製造が本格化しているようです。台湾TSMC社が20nmの製造プロセスで2014年第2四半期から正式に生産がはじまるようです。後工程の封止・測定のサプライヤーも決まりつつあるとのこと。

2/12 iPhoneの組み立てに2社が新規参入
EMSOne(外部サイト)によると、iPhoneなどの組み立てに2社が新たに加わるそうです。台湾のウィストロン社、コンパル社の2社だそうです。

2/13 新型Apple TVは高速化して4月発売
ブルームバーグ(外部サイト)によると、AppleはApple TVの新型モデルを4月ごろにリリースするとのこと。より高速なCPUを搭載するほか、インターフェースが変更されるそうです。

2/13 iPhone6のサファイアガラス採用は見送りか
EMSOne(外部サイト)によると、iPhone6にはサファイアガラスは採用されず、iWatchに使われるそうです。台湾の複数のメディアが報じているそうです。

2/13 2013年の日本国内のパソコン出荷でAppleは6位
MM総研(外部サイト)によると、2013年の国内のパソコン出荷台数は1519.1万台で前年比0.1%減となったそうです。シェア1位はNECレノボでAppleは6位とのこと。パソコン出荷台数自体はそれほど減少していないように思えますが、内訳をみるとスマホ/タブレットシフトが明確です。個人向けは前年比23.3%減の569.6万台、法人向けが前年比21.9%増の949.5万台です。法人向けはWindows XPのサポート終了の影響で増えたと考えられます。

2/14 iPhone6はバックライトが0.2mm薄型になり6月発売
LEDinside(外部サイト)によると、iPhone6の液晶サイズは4.7インチとなり大型になるものの、バックライトが改良されて薄くなるそうです。具体的には、iPhone5sでは0.6mmだったバックライトがiPhone6では0.4mmになるとのこと。発売は6月になる可能性もあるようです。また、次期iPadには12インチクラスのモデルが追加され、こちらもバックライトが現行モデルの0.8mmから0.6mmになるそうです。

2/14 Apple A8プロセッサーの製造でサムスンが苦戦?
EMSOne(外部サイト)によると、Apple A8の製造は台湾TSMC社が大半を受注するそうです。当初は韓国サムスン電子社が有力視されていましたが、20nmプロセスの歩留まりが悪いようで、Appleの同社への受注はごく一部になるとのこと。

2/14 私物iPhoneを業務利用する際の安全化技術が登場
日本経済新聞(外部サイト)によると、Appleとトヨタ自動車九州(株)が、私物のスマートフォンを安全に業務に利用するためのソリューションを開発したそうです。具体的には、専用アプリをインストールすることで、スマートフォンの内蔵カメラで撮影した写真を安全に管理できるそうです。GPSでスマートフォンの位置を検出し、撮影を不可に設定したエリアでは専用アプリでしか撮影できなくなるとのこと。専用アプリで撮影した画像は、専用のサーバーに送信される仕組みです。

2/14 iPad2はディスコンに
Apple Insider(外部サイト)によると、AppleはiPad2の減産を決定したそうです。すでに型落ちモデルで、低価格モデルをラインアップに入れるために残されたと思われますので、需要が一段落したんでしょうね。

2/15 iWatchでは心拍数や血中酸素濃度を測定可能?
MacRumors(外部サイト)によると、Appleが開発中のウェアラブルデバイスであるiWatchは、光学センサーを搭載しており、心拍数や血中酸素濃度を計測できるとのこと。一方、ブドウ糖濃度の計測機能については精度が低いため見送りになるようです。

2/15 iPad版Officeは2014年前半に登場か
ZDNet(外部サイト)によると、米マイクロソフト社はiPad用のOfficeを2014年前半にリリースするとのこと。開発コードネームは「Miramar」(ミラマー)だそうです。タッチインターフェース対応のWindows用Officeとして開発中のコードネーム「Gemini」よりも早くリリースされるそうです。配布形態は、「Office 365」のサブスクリプション契約に含まれるのかもしれません。

 さて、好評発売中のMacPeople 3月号では、Macintosh 30周年を記念した特集記事を組んでいます。初代Macintoshのさまざな写真はもちろん、SE、SE/30、Color ClassicなどのコンパクトMac、Macintosh IIやIIci、IIsi、IIfx、LC475などのセパレート型Macの驚愕のテクノロジーをひも解いていきます。もちろん、68K MacだけでなくPowerPC搭載のiMacやPower Mac、インテルCPU搭載マシンを含む一体型、デスクトップ型すべてです。そして第2特集では、最新のMac Proを詳しく紹介。この2つの特集記事だけで80ページ以上もありますよ!

3月号は初代Macと最新Mac Proが目印
MacPeople_2014_03
Amazonで購入は表紙をクリック

【MacPeopleデジタル版をNewsstandでも配信中!】
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円で読めます

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!