2014年02月11日18時00分

祝 Macintosh 30周年!! ポリタンク型Power Macintosh G3/G4登場|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 みなさん、こんばんは。MacPeople元・編集長の吉田でございます。1984年1月24日に初代Macintoshが誕生して2014年で30周年。MacPeople編集部では短期集中連載として、初代Macから最新のMac Proまでに盛り込まれたテクノロジーについてひも解いていきます。

 16回目に取り上げるのは、Power Macintosh G3(B&W)とPower Mac G4です。Power Macintoshは当初からPower Macと呼ばれることが多かったのですが、AppleはPowerPC G4を搭載するモデルからは製品名をPower MacintoshからPower Macに変更しました。Macintoshの名称がなくなってしまうという、なにげに重大な変更だったのです。

Power Mac G3/G4

 新世代のPowerPC G3を搭載したマシンといえばiMacの印象が強い。だが、そのすぐあとに登場したPower Macintosh G3もMac Proに連なる伝統を築いたマシンとして忘れがたい。

Power Macintosh G3BW
iMacに似たツートンカラーで半透明のボディーを採用したPower Macintosh G3(Blue & White)。国内では青白Power Mac G3とも呼ばれた
Power Macintosh G3BW
PowerPC G4を搭載したPower Mac G4。このモデルからMacintoshの名称がMacに省略される。Power Mac G3(Blue & White)と形状は同じだが、不透明のカラーリングとなり落ち着いた印象に変わった

「オープンドア」方式の新デザインで登場

 Power Macintosh G3(Blue&White)は、1999年の初頭に発売された。それまでのタワー型の概念を完全に覆す形状、材質、色使い、画期的な開閉機構を有していた。G3のボディーデザインが機能的に最も優れている点は、右側面の上部にある取っ手に指をかけて手前に少し引くだけで、側面パネルがドアのように開く機構だ。

 開いた側面パネルの内側にロジックボードが固定されており、本体側に残る主な部品は、電源、ドライブ類、空冷ファン程度となる。つまり、ロジックボードにアクセスする際に障害となるものが何もないということだ。これは、内部を見るとケーブル類がクモの巣のように張り巡らされている一般的なP Cの常識からすると、まさに画期的な設計だった。

Power Macintosh G3BW
Power Mac G5やMac Proにも影響を与えた内部後続。側面のドアレバーを空けることでロジックボードに簡単にアクセスできた

 さて、絶賛発売中のMacPeople 3月号では、Macintosh 30周年を記念した特集記事を組んでいます。初代Macintoshのさまざな写真はもちろん、SE、SE/30、Color ClassicなどのコンパクトMac、Macintosh IIやIIci、IIsi、IIfx、LC475などのセパレート型Macの驚愕のテクノロジーをひも解いていきます。もちろん、68K MacだけでなくPowerPC搭載のiMacやPower Mac、インテルCPU搭載マシンを含む一体型、デスクトップ型すべてです。そして第2特集では、最新のMac Proを詳しく紹介。この2つの特集記事だけで80ページ以上ありますよ!

3月号は初代Macと最新Mac Proが目印
MacPeople_2014_03
Amazonで購入は表紙をクリック

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!