2014年02月09日15時00分

祝 Mac30周年!! iMac付属のApple USB Mouseを覚えてる?|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 1984年1月24日に初代Macintoshが誕生して2014年で30周年。MacPeople編集部では短期集中連載として、初代Macから最新のMacProまでに盛り込まれたテクノロジーについてひも解く連載をしています(こちら)。

 ここでは、番外編として歴代Macを特徴付けたマウスをご紹介します。Macintoshの誕生は、GUI(グラフィカルユーザーインターフェース)というコンピューターの操作方法を普及させるとともに、ポインティングデバイスの存在を世間に知らしめることになりました。

Macintosh Mouse

 

mouse

 Macintoshに付属した最初のマウスは、機械式ボールマウスの構造を持ち、やや厚みがありました。それまでのマウスはボールが金属製で、空回りしないようにマウスパッドが必要でしたが、このマウスのボールはラバー系被覆で覆われ、パッドなしでも利用できました。

Apple Desktop Bus Mouse

 

mouse

 1986年、Macintosh IIやSEの入出力ポートにADB(USBのヒントになったアップル独自のシリアルバス規格)が採用されると、マウスもスリムな「Apple Desktop Bus Mouse」となり、その形状から「角マウス」の愛称で親しまれました。最近では、ワイヤレスのリバイバル版も出ましたね(関連記事はこちら)。

Apple Desktop Bus Mouse Ⅱ

mouse

 「Apple Desktop Bus Mouse」の進化形として名称に「Ⅱ」が追加されたマウス。ボールの位置を前よりにするという大きな改良が施されました。

Apple USB Mouse

mouse

 初代iMacの登場とともに、アップル製マウスはUSB接続へと移行し、ホッケーパックとも呼ばれたカラフルな円形の「Apple USB Mouse」が登場しました。初代iMacのデザインに合わせた、ツートー ンのカラーリングと丸いフォルムが特徴的でしたね。しかし、手探りでは前後がわかりにくく使いづらいとの批判もあって、後期型ではボタン部分にわずかな凹みが設けられました。

Apple Pro Mouse

mouse

 その後、2000年には黒餡を透明の葛で包んだ和菓子のような「Apple Pro Mouse」をリリース。ボディー全体がボタンとして働き、クリックの硬さを3段階に調整できました。

Mighty Mouse

mouse

 2005年には360度のスクロールが可能な極小トラックボールを内蔵した「MightyMouse」が登場しました。アップル純正品では初めて2ボタンマウスとして機能するほか、スクイーズ(ギュッと握る)によってExposéが起動できるなどの新機軸も盛り込まれました。

Magic Mouse

mouse

Magic Trackpad

mouse

 現在はマルチタッチが可能な「Magic Mouse」に移行し、同じくマルチタッチ可能な「MagicTrackpad」のどちらかを選択可能になっています。

 このほか、絶賛発売中のMacPeople 3月号(1月29日発売)では、Macintosh30周年を記念した特集記事を組んでいます。初代Macintoshのさまざな写真はもちろん、SE、SE/30、Color ClassicなどのコンパクトMac、Macintosh IIやIIci、IIsi、IIfx、LC475などのセパレート型Macの驚愕のテクノロジーをひも解いていきます。もちろん、68K MacだけでなくPowerPC搭載のiMacやPower Mac、インテルCPU搭載マシンを含む一体型、デスクトップ型すべてです。そして第2特集では、最新のMac Proを詳しく紹介。この2つの特集記事だけで80ページ以上ありますよ!

3月号は初代Macと最新Mac Proが目印
MacPeople_2014_03
Amazonで購入は表紙をクリック

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!