2014年02月07日19時30分

nasneとiPhoneがあればテレビ番組を録画・再生できるって知ってた?|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ウェブで録画予約&アプリで再生

140207_moro_3toku

 「nasne」(外部リンク)は、ネットワークにつなげて利用するハードディスクレコーダー。「プレイステーション3」との併用が前提と思われがちだが、番組の録画・再生だけなら単体で使用可能。最新モデルは容量1TBのハードディスクを内蔵しており、ネットワーク越しに番組の録画予約・番組視聴ができるハードウェアとして人気を集めている。

 DTCP-IP/DLNA対応アプリ「TwonkyBeam」を使うことで、地上/BS/CSデジタル放送の録画予約から録画番組再生、ライブ視聴までを実現できる。iOS機器で初めてnasneをセットアップする際には、ソニーの公式アプリ「S-Entrance」で先に初期設定を済ませておこう。すでにPS3などほかのハードでnasneの初期設定を済ませている場合は、以下の手順で操作可能だ。

CHAN-TORUで録画予約

●番組表を表示 ●録画予約する
140207_moro_3toku 140207_moro_3toku
「CHAN-TORU」の「番組表」画面で放送コンテンツをチェックできる。また、「番組検索」画面ではキーワードやジャンル指定で目的の番組を探し出せる 録画時の高画質/低画質の指定や繰り返し録画の予約、記録メディアを増設したハードディスクに指定するなど、すべての予約機能をここから操作可能だ

 nasneへの録画予約は、「CHAN-TORU」(外部リンク)というウェブアプリを介して実行する。無線ネットワークを介して家庭内/外出先の区別なく利用可能だ。初回アクセス時はSafariなどのウェブブラウザーを使用する必要がある。以降もCHAN-TORUへのアクセスが必要になったときのために、ログイン後の画面をホーム画面に追加しておくといいだろう。

録画コンテンツを再生する

140207_moro_3toku

 nasneの番組視聴には、iOSアプリ「Twonky Beam」を利用する。デジタル放送対応の汎用再生アプリで、ソニー以外の製品でも使用可能。iPad専用のソニー製アプリ「レコプラ」とも連携する。

『Twonky Beam』
バージョン:1.0.0
価格:無料(デジタル放送の再生には700円のアドオンが必要)
※バージョンと価格は記事作成時のものです
(c)PacketVideo Corporation

AppStore アプリをダウンロード

●アプリからアクセス ●コンテンツの再生
140207_moro_3toku 140207_moro_3toku
「Twonky Beam」を起動して「ホームネットワーク上のコンテンツを再生」または「外部機器コンテンツを持ち出し」を選び、nasneにアクセスする 録画番組/ライブ放送のリストからコンテンツを選んで再生スタート。持ち出し機能でiOSデバイス内に保存した番組は「本体内のコンテンツを再生」で視聴できる

 「Twonky Beam」を使った視聴方法には2つのパターンがある。ひとつは、家庭内のWi-Fi環境下でnasneの録画番組やライブ放送をiOSデバイス上でストリーミング視聴する方法。もうひとつは、nasneからiOSデバイスにコンテンツを持ち出す方法で、こちらは外出先でも視聴可能だ。

iPhoneと組み合わせて楽しむ機器がいっぱい

 このほかにも、MacPeople 3月号の第3特集「iPhoneで操作できるデジタル家電大集合」では、iOSデバイスから操作できる家電やおもちゃを大特集。点灯/消灯や明るさ、光の色をアプリで自由にコントロールできるスマートLED電球「Philips hue」、3次元コントローラーにもなるボール型ラジコン「Sphero 2.0」、空撮も可能なラジコンヘリ「AR.Drone 2.0」──などを取り上げている。「へえー、こんなことまでiPhoneでできるんだ」と驚くこと請け合いだ。ご一読あれ。

140207_moro_3toku
140207_moro_3toku

 * * *

 なお、絶賛発売中のMacPeople 3月号では、Macintosh 30周年を記念した特集記事を組んでいます。初代Macintoshのさまざな写真はもちろん、SE、SE/30、Color ClassicなどのコンパクトMac、Macintosh IIやIIci、IIsi、IIfx、LC475などのセパレート型Macの驚愕のテクノロジーをひも解いていきます。もちろん、68K MacだけでなくPowerPC搭載のiMacやPower Mac、インテルCPU搭載マシンを含む一体型、デスクトップ型すべてです。そして第2特集では、最新のMac Proを詳しく紹介。この2つの特集記事だけで80ページ以上ありますよ!

3月号は初代Macと最新Mac Proが目印
MacPeople_2014_03
Amazonで購入は表紙をクリック

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly
スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!