2014年02月06日19時00分

Windowsを入れたMac Proの実力は?ベンチ5連発やってみた|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 Windowsを使うためにMac Proを購入する人は少ないだろう。とはいえ、業務上必要になる場面もある。また、Windowsのゲーミングマシンと比べてどの程度のパワーを持つのかも気になる。Boot CampでWindows 8.1を導入したMac Proと、同等スペックで組んだWindows PCで性能を比較してみた。

 結論としては、Mac ProのWindows(Boot Camp)にRadeon用ドライバーを導入すればデュアルGPUが有効になり、Windows PCとしても現役最強レベルの性能を発揮した。

Mac ProにWindows
写真はParallels Desktopを使用した状態。

【テストに使ったマシンのスペック】

Mac Pro
(Boot CampでWindows 8.1を導入)
CPU●3.5GHz/6コア Xeon E5 メモリー●16GB 1866MHz DDR3 ECC SDRAM GPU●デュアルAMD FirePro D500 内蔵ストレージ●256GB SSD

比較用自作Windowsマシン
CPU●3.4GHz/6コア Core i7-4930K メモリー●16GB 1866MHz DDR3 SDRAM GPU●AMD Radeon R9 290X 内蔵ストレージ●256GBSSD

iMac 27インチ
(Boot CampでWindows 8.1を導入)
CPU●3.5GHz/4コア Core i7 メモリー●8GB1600MHz DDR3 SDRAM GPU●GeForce GTX 780M 内蔵ストレージ●3TB Fusion Drive

 Mac ProにBoot CampでWindows 8.1を導入してみたが、全体的には十分に満足できる性能と言っていいだろう。CPU処理能力など、一部の性能がフルに引き出せていないと感じる部分もあるが、今後BIOSやドライバーのアップデートでの改善も期待できる。自作PCのような汎用 性や拡張性はないが、Windows PCとしても現役最強レベルの性能を備える。

 ところで、Mac Proは標準で米AMD社のFireProシリーズのGPUを2基搭載しているが、現時点(1月23日時点)でWindows環境で標準導入されるFirePro用ドライバーではデュアルGPU動作が設定できない。しかし、AMDが配布している「Radeon」用ドライバーを組み込むことでデュアルGPU動作(CrossFireX)が可能となる。FireProは、OpenGL環境で利用してこそ真価が発揮されるが、Windows環境での利用は本来の用途ではないこともあり、現状ではRadeon用ドライバーを利用するのが現実的だ。

 各ベンチマーク結果を考察していこう。

「CINEBENCH R15」
Mac ProにWindows

 OpenGLは比較用Windowsマシンとほぼ同レベルを記録。Mac ProのGPUは、比較用マシンのGPUよりもシェーダープロセッサー数が少なく動作クロックも低いが、デュアル構成のため高い描画性能を発揮。CPUスコアは1割ほど下回ったが、BIOSを含めたシステム全体のチューンアップ度合いの違いによるものだろう。


「PCMark 8 Home test」
Mac ProにWindows

 総合性能テストでは、もともと近いスペックで組んでいる比較用Windowsマシンとほぼ横並びの結果となった。ドライバーなどの完成度の違いに加え、PCMark 8のHome Testが比較的軽い処理であることが影響した。


「Crystal DiskMark(1000MB)」
Mac ProにWindows

 内蔵ストレージの速度を計測するテストでは、Mac Proの高速性がはっきりと出た。Mac Pro内蔵SSDはPCI Express接続で、SSDに搭載されるNANDフラッシュメモリー本来の速度を最大限引き出せる。OSやアプリの起動速度が高速化され、体感の快適度は比較用Windowsマシンを大きく上回る。順次アクセスだけでなくランダムアクセスも非常に高速。Windowsマシンで同等の性能を実現するには、2台のSSDによるRAID 0環境での運用が必須となり、Mac Proの優位性がはっきりと確認されたかたちだ。


「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編」
Mac ProにWindows

 Mac ProにRadeon用ドライバーを導入し、CrossFire X機能を有効にすることで、標準ドライバー時の約2倍のスコアを記録。比較用WindowsマシンのRADEON R9 290Xに迫るスコアだ。


「Call of Duty Ghosts」
Mac ProにWindows

 フル画質での快適プレーには非常に高い描画性能が不可欠だが、デュアルGPU動作なら及第点の性能といえる。ただしフレームレートが大幅に低下する場面もあり、ドライバーの最適化度合いはまだ低いようだ。


 これらの情報は、MacPeople3月号(1月29日発売)に掲載中のMac Pro特集のごく一部。ほかにも大量の分解写真やプロ向けアプリでのベンチマーク、4Kモニターの選び方などMac Proの気になる情報ぜーんぶ詰め込みました。そのほか、懐かしい歴代Macintoshを紹介しているMac生誕30周年特集、SafariやChromeなどのブラウザーを超便利にカスタマイズする拡張機能特集、iPhoneで操作できる家電やデジタルガジェットの特集も見逃せません。

3月号は初代Macと最新Mac Proが目印
MacPeople_2014_03
Amazonで購入は表紙をクリック

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly
スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Amazon.co.jp