2014年01月31日18時00分

祝 Macintosh 30周年!! 低価格のカラー表示を目指したLCシリーズ|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 みなさん、こんばんは。MacPeople元・編集長の吉田でございます。1984年1月24日に初代Macintoshが誕生して2014年で30周年。MacPeople編集部では短期集中連載として、初代Macから最新のMac Proまでに盛り込まれたテクノロジーについてひも解いていきます。

 5回目に取り上げるのは、Macintosh LCシリーズ。多くのユーザーの記憶に残っているのは、後期に登場したLC 475かもしれませんね。LC 475といえば、ロジックボード上の抵抗をハンダ付けすることで、25MHzから33MHzにクロックアップできたことで、改造が流行しました。当時、深夜にMACPOWER編集部やMacPeople編集部にあったほかの人のLC 475のボディーを開けて、勝手にクロックアップしていた編集者がいたほどです笑。

LCセパレート型(LC/LC II/LC III/LC 475/LC 630)

 Macintosh LCは、低価格でカラー表示機能を実現するMacとして、1990年の暮れに初代モデルが誕生。以後、低価格のセパレート型として、後継モデルにバトンタッチしながら発展していく。

Macintosh LC
12インチのアップル純正モニターを載せたMacintosh LC

低価格のセパレート型として誕生

 Macintosh LCのLCは、「Low-cost Color」の略と言われている。当時、カラー表示可能なMacは、周辺機器やオプションを加えれば100万円に手が届きそうなほど高価なⅡシリーズしかなかった。比較的安価なモデルは、初代から続く、モノクロモニター内蔵のコンパクトな一体型だけだった。そんな中、安価にカラー表示を実現しようとして開発されたのが、このLCだった。発売は1990年10月で、モノクロ表示の一体型コンパクトMacの流れをくむClassicと同時だった。

 おそらくアップルは、Color ClassicのようなカラーCRTを内蔵したコンパクトな一体型マシンを、最初から作りたかったのではないかと思われる。なぜなら、LCには専用の12インチカラーモニターが用意されていて、薄い本体にそれを載せると、ほとんど一体型Macのようにぴったりとマッチするデザインとなっていたからだ。当時の技術的な問題か、コスト上の懸念か、何らかの理由でセパレート型にせざるを得なかったのだろう。諸問題を克服してカラーCRTを内蔵したColor Classicが登場したのは、LCの発売から2年以上が経過した1993年2月だった。

Macintosh LC
Macintosh LCのロジックボード

マルチメディアに対応した最後の入門機LC 630

 LCシリーズの最後を飾るのは、それまでとはまったく異なるデザインを採用したLC 630だった。CD-ROMドライブを内蔵したモデルで、CPUはやはりFPUを含まない68LC040ながら、クロック周波数は33MHzとなり、LCシリーズとしては最高のパフォーマンスを発揮した。

 ロジックボードの設計はそれまでのLCとまったく異なり、通信用拡張カードスロットやビデオ入力スロットを装備していた。前者のスロット用には10Base-Tのイーサネットカードを装着でき、ビジネス用マシンとしてのニーズにも応えた。ビデオ入力スロットにTVチューナーカードをセットすれば、630で直接テレビ番組を視聴することも可能だった。

 630の寿命は意外に短く、1995年の初頭には生産が打ち切られてしまう。マルチメディアパソコンとしての機能は、以降の一体型LCやPerformaに引き継がれた。

Macintosh LC
LCシリーズの最後を飾った名機LC 630

 さて、絶賛発売中のMacPeople 3月号では、Macintosh 30周年を記念した特集記事を組んでいます。初代Macintoshのさまざな写真はもちろん、SE、SE/30、Color ClassicなどのコンパクトMac、Macintosh IIやIIci、IIsi、IIfx、LC475などのセパレート型Macの驚愕のテクノロジーをひも解いていきます。もちろん、68K MacだけでなくPowerPC搭載のiMacやPower Mac、インテルCPU搭載マシンを含む一体型、デスクトップ型すべてです。そして第2特集では、最新のMac Proを詳しく紹介。この2つの特集記事だけで80ページ以上ありますよ!

3月号は初代Macと最新Mac Proが目印
MacPeople_2014_03
Amazonで購入は表紙をクリック

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

56人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

3,980円〜

39人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

10,380円〜

11人が購入

Amazon.co.jp