2014年02月01日11時00分

超常現象でも超能力でもない! 世界を震撼させた魔法の物体浮揚装置がスゴイ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ネットで話題のサービスや事件、ツイートしている中の人を直撃する週アス好評連載『中の人特捜部』。

 『スター・ウォーズ』や『ハリー・ポッター』など、映画で超能力を見せるシーンでは物体を浮かせる演出がよく用いられる。しかし、週刊アスキー2/11号 No.965 (2014年1月28日発売)では、自然科学の力で、音波の力で空中浮揚を実現して海外から注目を集めた“三次元空中音響マニピュレーション”を紹介しているぞ。

正月三が日に世界中が注目し
あっという間に動画再生数100万を突破!

 クラシック音楽の『美しく青きドナウ』に合わせて、黒い板にまかれた極小の白いビーズがフワッと空中に浮かび上がって、十字に並んで回り出す──。

 そんな魔法のように幻想的な光景を収めた“Three-Dimensional Mid-Air Acoustic Manipulation”(三次元空中音響マニピュレーション)という動画が、ネットで注目を集めている。動画がYouTubeに投稿されたのは昨年12月31日だが、海外のブログメディアがこぞって取り上げたことで、正月三が日で100万再生を突破。さらにナショナルジオグラフィックなどの後追いもあって、1月末には250万再生を超え、今でも世界に驚きの波を広げている。

 

Three-Dimensional Mid-Air Acoustic Manipulation

Three-Dimensional Mid-Air Acoustic Manipulation

↑世界中から注目を集めた空中浮揚の動画。アクセス地域を見ると欧米からが9割以上だという。
※iOS端末などでプレビューが表示されない場合はコチラ(YouTubeサイト)でご覧ください。

 

今回の捜査対象

965_nakanohito

落合陽一
'87年生まれ。メディアアーティスト、 情報処理推進機構(IPA)認定スーパークリエータ。筑波大学でメディアアートを学び、現在、東京大学大学院学際情報学府博士課程に在学中。父親は国際政治ジャーナリストの落合信彦さんだ。

 

超音波による物体浮揚マシンのしくみが見える

空中浮揚パワーの正体は超音波

965_nakanohito

↑“Speaker”から出る超音波を1ヵ所集中させて、その焦点に物体を置くと浮く。たとえば、無重力空間で物を拾う際に利用できるという。
 

小型超音波集束装置で超音波を1ヵ所集中させる

965_nakanohito

↑共同研究者の名古屋工業大学特任助教・星貴之さんが製作した小型超音波集束装置。この存在なしに、空中浮揚装置はつくれなかった。
 

ドライアイスで音波が見える

965_nakanohito

↑普段は目に見えず、人間の耳では聞こえない超音波だが、ドライアイスを当てると波打っている音波の存在がわかる。

取材時、実際に目にした空中浮揚のようす

空中浮揚のデモ映像

※iOS端末などでプレビューが表示されない場合はコチラ(YouTubeサイト)でご覧ください。

↑今回、落合さんをインタビューした際に、iPhoneで撮影。抵抗器が宙に浮いているようすは、まぎれもない事実だ(ヒューンと鳴っているのは冷却用ファンの音)。
 

週刊アスキーで全部読めます
週刊アスキー2/11号 No.965 (2014年1月28日発売)では、空中浮揚装置をつくろうと思ったきっかけ、共同研究者の星貴之との出会いなどのほか、落合さんが制作したさまざまなメディアアート作品についても紹介しています。

週刊アスキーはNewsstandでも配信中!
Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly
スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!