2014年01月14日20時00分

水川あさみ「撮影時はみんなどっちの役なのか混乱してましたね」1/14発売号表紙の人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

表紙の人●水川あさみ
1/14発売号(2014 1/28・通巻963号)

963号表紙の人・水川あさみ

撮影時はみんなどっちの役なのか混乱してましたね

――今回の映画では、本人と分身“バイロケ”の二役を演じられましたが、難しくなかったですか?
 そうですねぇ、まったく違う2人というわけでもなく、同一人物なので違う要素が出てきても困るし。ただ、2人が生活している環境というか状況は違っていて、桐村はひとりで絵を描くことに没頭し、何か切羽詰まった感じだけど、バイロケの方は真逆の人生を送っている。そういった状況や環境によって、わずかに表情が違ったり癖が違ったりあるかと思いますが、その違いを出すというのがすごくあいまいで難しかったです。

――撮影中は、いまどちらを演じているか意識されていました?
 一応はしました。でも謎解きまでの間は、どっちがどっちってわからないようにやらなければならなくって。服装もいっしょだったので、みんな混乱していましたね。

――エンディングが表と裏とありますが、いかがでした?
 表の方のすっきりしない感じが、私的には好きですね。裏は裏ですごく救いがあるので、見終わって気持ちいいのかもしれませんが。

――映画の主題歌のCDジャケットにもなったとか。
 自分の作品ではないものの“顔”になるというのはすごいプレッシャーでしたが、選んでいただいたことは、うれしくて光栄でした。

963号表紙の人・水川あさみ

 

映画『バイロケーション』

●『バイロケーション 表』1月18日(土)/
 『バイロケーション 裏』2月1日(土)全国ロードショー
●配給:KADOKAWA

963号表紙の人・水川あさみ

第17回日本ホラー小説大賞受賞作の映画化。自分の近くに出没するもうひとりの自分、バイロケの出現に脅かされるヒロインを、水川あさみが熱演。
©2014「バイロケーション」製作委員会

 

■プロフィール

963号表紙の人・水川あさみ

1983年7月24日生まれ、大阪府出身。AB型。1996年のデビュー以来、女優としてドラマや映画、舞台、CMなど幅広く活躍中。1月スタートの月9ドラマ『失恋ショコラティエ』(フジテレビ系)に出演。

■関連サイト
水川あさみオフィシャルサイト


Newsstand(定期購読)およびBOOK☆WALKER、Kobo(ともに単号販売)で電子版を配信しています。Newsstandは下記リンクからもご利用いただけます。

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

 

フォトグラファー 木村晴
ヘアメイク 岡野瑞恵
スタイリスト 梶雄太
アートディレクション 佐藤英人
キャスティング 松浦健一

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!