2013年12月27日16時15分

NewsstandでMacPeople2月号を読む7つのメリット|Mac

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 MacPeopleはAppleの電子版定期購読サービスNewsstandで毎号配信しています。発売日の朝には配信されますから、どこよりも早く読めるわけです。

Newsstandとは?

 雑誌や新聞を1/3/6/12ヵ月など、一定期間契約して購読するスタイルの電子書籍サービス。最新号が発売されると、自動的にiOSデバイスにダウンロードされます。毎月購入の手順を踏むことなく、最新の情報が読めるというわけです。契約した雑誌やiOSアプリ「Newsstand」の本棚で一括管理できます。

■紙版よりも安い!

newsstand

 例えば、通常号は890円ですが、Newsstand版は1冊600円です。さらに3ヵ月で1700円、6ヵ月で3200円、1年だと5400円と、長期契約にするほど1冊あたりの価格が安くなります。ざっと計算してみれば、その差額で結構なiTunesカードが買えますよ!

■写真を拡大表示できる!

newsstand

 ページをめくるとテキスト部分が青く表示されます。

newsstand

 写真部分をタップすると、ピンチアウトした状態と同じように、写真や図版が大きく表示されました。隅々まで見渡せます。

■テキストが読みやすい!

newsstand

 今度はテキスト部分をタップしてみましょう。すると、別ウィンドウが立ち上がり、誌面よりも大きな文字サイズで表示されます。ウィンドウのサイズの縮小/拡大も可能。タイトルや本文、写真のキャプションなど、どのテキストも対応しています。特にiPhoneは画面自体が小さいため、とても便利です。

■全ページをサムネールで閲覧できる!

newsstand

 メニューバーの右上にあるタイル上のアイコンをタップすると、全ページのサムネールが表示されます。全ページを俯瞰で眺められ、見たいページのサムネールをタップすると、そのページが開きます。まずは全体を見回して、好きな特集や連載から読んでくださいね。

 リスト状のアイコンをタップすれば目次も見られ、そこからページにジャンプすることも可能です。

■キーワード検索が便利!

newsstand

 虫眼鏡アイコンからは、本誌内のキーワード検索ができます。入力した単語を含むページが一覧表示されるので、雑誌一冊ぶんの情報の中から、読みたい部分のみを引き出して読むことができます。「MacBook Air」や「iPad mini」など、気になるキーワードで検索してみてください。

■バックナンバーを単品購入できる!

newsstand

 今月号から定期購読を始めた場合、2013年1月号以降のMacPeopleを単品で購入できます。これで、前に発売された号が読みたくなっても安心。こちらも1冊600円と、紙版よりもオトクですよ。

■「週アスPLUS」の号外記事が無料で読める!

newsstand

 好評連載中の「Apple噂まとめ」をはじめ、ウェブサイト「週アスPLUS」に掲載したコンテンツをNewsstandでも配信。ダウンロードしてオフライン環境で読めるなど、気になるアップルの情報を得られます。

 Newsstandなら、拡大表示/キーワード検索といった電子書籍ならではの読み方が楽しめるほか、自動ダウンロードで買い忘れもなく、さらに安く読めちゃいます。ぜひNewsstandでMacPeopleを読んでみてください!

 さて、MacPeople2月号(12月27日発売)は、長めの年末年始休暇を楽しく過ごしていただくための特集豪華7本です。ついに登場した新Mac Pro速報、MacBookをWindows化、iPhoneアプリ開発者100人アンケート、MacとiOSのセキュリティー、SIMロックフリーiPhoneの買い方と活用法、Wi-Fi機能でiPhoneと一緒に使えるカメラ、Mac&iOSのハイレゾ化、iOSアプリ開発の基礎ともりもり盛りだくさんです!

MacPeople2月号はMac Proが目印
MacPeople2月号
Amazonで購入は表紙をクリック

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking