2014年01月07日14時30分

SSDとHDDが独立して使える新形態のデュアルドライブ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
SSDとHDDが独立して使える新形態のデュアルドライブ!

WD Black2 WD1001X06XDTL
●ウエスタンデジタル(関連サイト
実売価格 3万2800円前後
提供:ウエスタンデジタル

 2.5インチHDDサイズ内に120GBのSSDと1TBのHDDを内蔵し、SATAポート接続1つで、それぞれ独立したドライブとして利用できるのが特長。出荷時はSSDのみが利用可能で、OSインストール後に専用ソフトを導入するとHDDが利用できる。

USB変換ケーブルを同梱

SSDとHDDが独立して使える新形態のデュアルドライブ!

↑USB3.0対応SATA変換ケーブルでPCと接続し、既存HDD内のデータ転送もラクに行なえる。

1台でSSDとHDDを両立!

SSDとHDDが独立して使える新形態のデュアルドライブ!

 2.5インチベイを1つしか備えない超小型PC『ZOTAC ZBOX nano ID65 PLUS』で、SSDとHDDを同時利用できた。

SSDとして速度は必要十分

SSDとHDDが独立して使える新形態のデュアルドライブ!

 ストレージの速度を引き出すため、メモリー容量が多いASUS製ベアボーンPC『ASUS VIVOPC VM40B』にて計測した。高速なSSD部分だけでなく、HDD部分も同社の1TB HDDと比べても遜色ない速度だった。

2.5インチサイズにSSDとHDDを凝縮

 HDDは、大容量を安価に実現できる反面、アクセス速度が遅いという欠点がある。それに対しSSDは、非常に高速な速度を実現できる反面、容量単価が高く、大容量を実現するには非常に高コストとなる。これら不満を解消するのが本製品だ。厚さ9.5ミリの2.5インチHDDサイズに、120GBのSSDと1TBのHDDを内蔵し、速度と容量を両立したデュアルドライブとなっていて、2.5インチドライブベイを1個しか備えない小型のベアボーンPCと相性がいい。外付けHDDを利用する手もあるが小型のベアボーンの少ないUSBポートを常にふさぐのは利便性が悪い。しかし、本製品ならばSATA1つで、高速なSSDと大容量なHDDが共存できる。


 似たような仕様の製品だと、キャッシュ用のフラッシュメモリーを搭載してアクセス速度を高速化する“ハイブリッドHDD”も存在するが、実際にはキャッシュにヒットせず、SSDと同等の速度を引き出せない場面も多い。対する本製品は、SSDとHDDを独立ドライブとして利用できる。OSやアプリをSSD、データをHDDに置くことで、SSDの高速性とHDDの大容量を両立できる。


 実際のSSD部分の速度は、2.5インチのHDDと比べて約5倍と圧倒的に高速だった。SSDとしては、やや書き込み速度の遅さが気になるものの、ランダムアクセス速度は十分に高速で、利用時の快適度は高速SSDそのものだ。価格はHDDより高価だが、大容量SSDより安価で、価格的なメリットもある。2.5インチHDDサイズにSSDとHDDを同時に搭載できる唯一の存在であり、小型PCのみならずノートPCのHDD換装にもオススメな製品だ。

【検証環境】ASUS製ベアボーンPC『VIVOPC VM40B』を利用して測定。CPU:Celeron-1007U、メモリー:DDR3-1600 8GB、OS:Windows8.1 Enterprise(64bit)

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

56人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

3,980円〜

39人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

10,380円〜

11人が購入

Amazon.co.jp