2013年12月09日15時00分

SIMフリーiPhone5sやNexus5で使いたい格安SIMを比べてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 iPhone5sや5c、Nexus5など、今年はさまざまなSIMフリー端末が発売されました。そして、そんななか欠かせないのがMVNO SIM、いわゆる格安SIM選び。今回は今気になる最新格安SIMを選んでみました。

 それぞれ初期費用、月額基本料、データ通信の制限、制限後下り速度、対応通信、SMS対応の有無を列挙しています。

BIGLOBE LTE・3G エントリープラン
●ビッグローブ(外部サイト
初期費用3150円、月980円
月1GBまで、制限後下り速度128Kbps
データのみ、SMS非対応

格安SIM

 まずご紹介したいのが、こちらのビッグローブの格安SIM。なんといっても、980円という価格を維持しつつ月1GBも高速通信が可能。さらにWi2の公衆無線LANサービスもついてくるので、駅やファーストフード店などではWiFiを使ってモバイルネットワークの月間容量を節約することができます。

 

BB.exciteモバイルLTE 3Gコース(SIM1枚)
●エキサイト(外部サイト
初期費用3675円、月787円
制限あり、制限後下り速度200Kbps
データのみ、SMS非対応

格安SIM

 ナノSIM対応で維持費を抑えたいならこのサービス。上下ともに200Kbps接続なので、2台目としてSIMフリースマホやタブレットを活用したい人向けだ。

 

BIC SIM ミニマムスタートプラン
●ビックカメラ、IIJ(外部サイト
初期費用3150円、月945円
月500MB、制限後下り速度200Kbps
データのみ、SMS対応

格安SIM

 IIJとビックカメラのコラボSIM。ウェブだけでなく店頭でも購入でき、初期費用(パッケージ代)を支払うときに10%(記事作成時)のポイントが付与される。公衆無線LAN使用権もついてくる。

 

OCN モバイル ONE 30MB/日プラン
●NTTコミュニケーションズ(外部サイト
初期費用3150円、月980円
1日30MB、制限後下り速度200Kbps
データのみ、SMS対応(12月17日から)

格安SIM

 1日30MBの高速通信が可能という、ほかに例をみないプラン。また、12月17日から提供開始されるSMSオプションは月126円で、ほかのサービスのオプション料より格安。

 

b-mobile スマホ電話SIM
●日本通信(外部サイト
初期費用3150円、月1638円
無制限、制限後下り速度200Kbps
通話・データ対応、SMS対応

格安SIM

 数少ない音声通話対応の格安SIM。通話料金は21円/30秒とほかのキャリアのLTEプランとほぼ同様ですが、追加料金なしで無制限データ通信(上下ともに200Kbpsまで)が利用可能。SIMフリースマホを電話としてしっかり使いたい人にオススメ。

 

 少し前までは月1GB、980円のプランなんて考えられませんでしたが、今やMVNO業界の価格競争はさらに激しくなっています。もちろん、価格だけでなく各サービスや機能でもさらに拡充されているので、そのあたりの違いも意識して格安SIMを選びましょう。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

56人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

4,980円〜

39人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

12,980円〜

11人が購入

Amazon.co.jp