2013年12月09日17時30分

プライベートと仕事関係をキッチリ分けるiPhoneの連絡先の運用術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

iCloudの連絡先をグループごとに分けて管理

 プライベートで使っているiPhoneに仕事関係の連絡先を登録している人も多いでしょう。ですが、プライベートと仕事の連絡先がゴチャゴチャになってしまうと、目的の人を探しにくくなってしまいます。そのなときは、iCloudのグループ分け機能を利用するのが便利です。連絡先のグループ分けはiPhoneではできないので、パソコンから行います。

パソコンからiCloudに接続する
iPhoneの連絡先運用術
パソコンからiCloudに接続して、Apple IDでサインイン。iCloudのメニューから「連絡先」をクリックします
新規グループを作成する グループに連絡先を登録
iPhoneの連絡先運用術 iPhoneの連絡先運用術
左下の「+」をクリックして、「新規グループ」をクリック。新しいグループの名前を入力すればグループが作成されます グループに連絡先をドラッグすれば振り分けは完了。連絡先は[Ctrl]キーを押しながらクリックして複数選択するのがおすすめ
プライベートと仕事でそれぞれ作る
iPhoneの連絡先運用術
グループは「プライベート」と「仕事」でそれぞれ作成しましょう。たとえば、「仕事」グループだけを作成しても、「仕事以外」という表示はできません。この場合、プライベートの連絡先を表示するには「すべての連絡先」を選択しなければならないため、プライベートと仕事が混ざった表示になってしまいます

iPhoneの連絡先でグループごとに表示をする

iPhoneの連絡先運用術 iPhoneの連絡先運用術
iPhoneの連絡先アプリ、または電話アプリから連絡先を開きます。この画面ではプライベートと仕事がいっしょに表示されている状態です。左上の「グループ」をタップします グループ画面で、表示したいグループ(ここでは「プライベート」)だけにチェックを入れて「完了」をタップ。するとプライベートのグループだけ表示されます

仕事の連絡先はGmailにまとめると便利

 iCloudでグループ分けする以外に、仕事の連絡先はGmailにまとめて登録しておくのもひとつの手です。Gmailの連絡先を同期している場合は、グループから簡単に表示/非表示ができます。仕事のメールをGmailで使っている場合はもちろん、新たにアカウントを取得してまとめておくのもいいでしょう。

仕事用Gmailの連絡先を同期する Gmailの連絡先のみ表示する
iPhoneの連絡先運用術 iPhoneの連絡先運用術
設定メニューの「メール/連絡先/カレンダー」にGmailのアカウントを追加し、同期項目の「連絡先」をオンにします 連絡先のグループ画面で、「Gmailのすべて」だけにチェックを入れると仕事の連絡先のみ表示されます。反対に「iCloudのすべて」だけにすればプライベートのみ表示されます

 

 

 連絡先のグループ分けをはじめ、iPhoneに関するさまざまな活用のTipsを集めた「iPhone 活用の手引き iPhone 5s/5c対応 iOS 7版」が12月13日に発売します。メールや電話の知られざる便利機能から、カメラの撮影術、iPhoneの安全対策、トラブルの解決法までを288ページに凝縮。ポケットサイズなので、いつでもどこへでもiPhoneといっしょに持ち運べます。これからiPhoneを使う人も、もっと使いこなしたいという人も、是非お買い求めください。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

55人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

4,980円〜

41人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

12,980円〜

11人が購入

Amazon.co.jp