2013年11月29日14時00分

アップルストア表参道が出来るまで3:ついに目隠しで覆われた外観|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 Appleファンなら「アップルストア表参道が建設中」のウワサはご存じですね?この情報の発信元になったブログの中の人に以前、直撃インタビューしました(関連記事)。MacPeople編集部では、港区を拠点にオフィスビルの紹介やコンサルティングをしている不動産会社ジャパン・プロパティーズさんの協力のもと、建設現場の様子を観察していきます。

 第3回は11月半ばの調査。建設現場が大きく様変わりしました。

アップルストア表参道

アップルストア表参道 予定地はここだ!

 現場は、足場と網で覆われ、外部からは中の様子はほとんど見えなくなりました。資材の搬入口には、大きなカーテンまでついており、内部をなるべく見えないようにしているように感じられます。我々の取材を避けているかのようです。

アップルストア表参道

 頑強な鉄骨が10メートルほど組みあがり、高い天井部分が見えます。広い空間が出来てきました。

アップルストア表参道

 現在も地下構造部分へのコンクリートの流し込みが行われています。メインの売り場は、地下になるのでしょうか。

アップルストア表参道 アップルストア表参道

 建築概要のお知らせは以下の通りです。

2014年2月28日竣工予定
地上1階地下2階 高さ10メートル

アップルストア表参道

 前回お伝えしたとおり(関連記事1階部分が高さ10メートルなのに加え、地下空間がかなり広いということで、ニューヨークや上海のアップルストアのようなものを予想していました(関連記事)。組み上がっていく鉄骨を見るにつけても、その確信が強まってきます。

 竣工まであと3カ月。急ピッチで作業が進められています。引き続き、アップルストア表参道がオープンするまでウォッチしていきますのでお楽しみに!!

 さて、MacPeople 1月号(11月29日発売)は、最新Apple製品をほぼ全網羅した購入&活用ガイド、12月に発売とされているMac Proの大解剖、Mavericksの細かすぎる変更点、Nike+ FuelBand SEをはじめとしたライフログガジェットなど、特集4本の大ボリュームです!

1月号はiPad mini/iPad Air超特大号
MacPeople201401
Amazonで購入は表紙をクリック

ジャパン・プロパティーズ
オフィス情報最前線(同社のブログ)

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly
スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!