2013年11月15日21時00分

ページタイトルとURLをツイート画面にセットできるSafari拡張機能|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Safari_App37

『safari140』
バージョン:0.1
価格:無料
対応ブラウザー:Safari

 アドレスバー左隣の吹き出し形のボタンをクリックするだけで、表示中のページのタイトルと短縮したURLをTwitterの投稿画面にセットしてくれるブラウザー拡張機能。あとは右下の“ツイート”ボタンで投稿すればオーケー。

Safari_App37

↑ページ内にツイートボタンがなくても、URL横の吹き出しアイコンをタップすればツイートできる。アドレスは短縮URLなので、文字数に余裕があるのもうれしい。

 投稿結果を見比べると、差は歴然。safari140(上)のほうが、Safari標準のTwitter共有機能よりも見やすい。

Safari_App37

↑共有するときは、ページの情報があったほうが分かりやすいし、見てもらいやすい。

 Twitterの投稿画面をつねに新規タブで開きたい場合は、拡張機能の設定で“New Tab”にチェックしよう。

Safari_App37

↑ブランクのタブで開きたいときは、「環境設定」→「拡張機能」→「Open Twitter in:」のラジオボタンから「New Tab」を選択すればOK。


『safari140』
バージョン:0.1
価格:無料
(バージョンと価格は記事作成時のものです)

Safari版をダウンロードする

12月号はOS X Mavericks特大ガイド
MacPeople12月号
Amazonで購入は表紙をクリック

 Mavericksの機能がよくわかると大好評のMacPeople12月号(10月29日発売)は、インストールから新機能の使い方だけで150ページオーバー。さらにiPad AirやiPad mini Retina特集など、年末までに読み切れない大ボリュームでお届けです。

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!