2013年11月13日17時00分

Windows情報局ななふぉ出張所

Surface Pro 2は縮小するPC市場の救世主か!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 第2世代Surfaceの発売から2週間が経過しました。そろそろ皆さんの周囲にも新しいSurfaceを手に入れた人が増えてきた時期かと思います。

Surface Pro 2
Surface Pro 2は縮小するPC市場の救世主か!?

 Surface Pro 2は価格.comのランキングでも上位に食い込むなど、着実に盛り上がりを見せています。その一方で、国内のPC市場は縮小傾向が続いているとの調査結果もあります。

 はたしてSurface Pro 2の登場は、PC市場においてどのような意味を持つのでしょうか。

■第2世代Surfaceが価格.comで上位にランクイン

 原稿執筆時点の11月12日現在、価格.comの“タブレットPC・PDA”カテゴリーの売れ筋ランキングを見ると、Surface 2の32GB版が2位、Surface Pro 2の128GB版が3位にランクインしています。

Surface Pro 2は縮小するPC市場の救世主か!?
↑第2世代Surfaceが売れ筋ランキングで上位に。

 ここ数日のランキング変動を見ている限りでは、細かな変動こそあれ、Surfaceが2~4位を占めています。また、8位には256GB版のSurface Pro 2もランクインしており、こちらも10位前後をうろうろしています。

 こういった売上ランキングでは、キャリア店舗やアップルストアでの販売が多いiPadが不利になる傾向があります。そのためSurfaceがiPadを上回ったと言えるかどうかは、微妙なところです。

 しかし小型Androidタブレットの代名詞的存在であるNexus 7よりも上位に来ていることから、第2世代のSurfaceシリーズがかなり売れていることは間違いありません。

■家庭向けPC市場は前年同期比で24.6%減少

 その一方で、PC市場全体は縮小の傾向が続いています。11月11日にIDC Japanが発表した国内クライアントPC市場の出荷台数は、前年同期比で1.7%の増加となり、6四半期ぶりにプラス成長となったことが話題となりました。しかしその内訳を見ると、企業向けが21.3%増加したのに対し、家庭向けは24.6%と大きく減少しています。

 IDC Japanが指摘するように、企業向けPCが伸びている背景として、主にWindows XPからの置き換え需要があるものと考えられます。この“特需”の効果により、全体として1.7%のプラス成長を実現したものの、PC市場のトレンドが縮小に向かっていることは、家庭向けPCの大幅減を見ても明らかです。

 Windows XPのサポート終了期限となる来年4月には、この特需も終わるものと思われます。このままPCの減少傾向が続いていくならば、PC市場には本格的な“冬の時代”が訪れることになるでしょう。

■性能とコストの両面で魅力を増したSurface Pro 2

 PC市場が縮小しているのとは対照的に、Surface Pro 2は売れています。その理由としては、前モデルから確実に向上した基本性能やバッテリー駆動時間に加えて、他社に比べて割安な価格を挙げることができます。

 価格について、Surface Pro 2のライバルとも言えるソニーの『VAIO Tap 11』と比較してみましょう。Core i5プロセッサー、4GBメモリー、128GB SSD、Windows 8.1 Pro、Office搭載という基本構成では、Surface Pro 2の9万9800円に対し、VAIO Tap 11は15万8800円となります。キーボードの有無を考慮しても、Surface Pro 2は単純計算で4万円以上安い計算になります。

Surface Pro 2は縮小するPC市場の救世主か!?
↑11月16日発売の『VAIO Tap 11』。Surface Pro 2と比べると割高に感じる。

 タブレットPCやノートPCなど、モバイルで利用するWindows PC全体を見渡しても、Surface Pro 2は最もお買い得なPCのひとつという印象を受けます。

■Surface Pro 2がPC市場の救世主に

 このように“破格”とも言えるSurface Pro 2の価格設定から気になるのは、OEMメーカーとの関係です。いかにソニーのブランド力があるとはいえ、数万円の価格差は厳しいはずです。

 これに対してマイクロソフトは、「決してOEMメーカーを潰そうという意図があるわけではない」と説明しています。むしろSurface Pro 2の価格設定は、PC市場によい刺激をもたらし、活性化につながると考えているようです。

 そのロジックは次のようなものです。現在は、PC市場の存在自体がスマートフォンやタブレットなど、PC以外のデバイスによって脅かされています。このように市場が縮小している場合、OEMメーカー各社が従来どおりの競争を行なっていたのでは“パイの奪い合い”となり、やがて共倒れとなります。どこかでパイ自体を拡大する必要があるわけです。

 縮小するPC市場のトレンドを逆転させ、上向かせるほどのエネルギーを得るには、従来のタブレットやPCの概念を根底から覆すほど、魅力的なデバイスが必要となります。そこでSurfaceシリーズの出番です。まずはSurface Pro 2を圧倒的に魅力的な価格に設定することで注目を集め、PC自体の魅力を高めるという作戦です。

 現在、一般ユーザーの多くは、タブレットとしてiPadやAndroidを思い浮かべる人がほとんどです。しかしタブレットとしても使える“2in1”など、新しい世代のPCが増えていけば、再びPCに目を向ける人も増えるはず。その橋渡し役でもあるSurface 2とSurface Pro 2は、タブレットとPCの境界線上に投入されています。

 もちろん、すべてのユーザーがSurfaceを購入するとは考えられません。Surface Pro 2と比較した結果、VAIO Tap 11を購入するユーザーや、超軽量のLaVie Zを選ぶユーザーがいても不思議はありません。そのきっかけとしてSurface Pro 2が機能することが重要なのであって、結果的にSurfaceが売れるのか、OEMメーカーのWindows PCが売れるのかは、このシナリオ上では重要ではないのです。

 これはマイクロソフトにとって“Surfaceが売れるか、またはWindows PCが売れる”という構図です。どちらに転んでもWindowsのエコシステムが拡大する“両取り”戦法というわけです。

■OEMメーカーはどこまでついてくるのか?

 このようなマイクロソフトの目論みが、どこまでうまくいくのかは疑問が残るところです。OEMメーカーとして、PC市場のパイを拡大することには賛成してくれるでしょう。しかしそのためにマイクロソフトのSurfaceシリーズが、売れ筋ランキングの上位を独占するような事態については、疑問の声も聞こえてきます。

 奇しくも台湾のエイサーは、2013年7~9月期決算として約440億円の赤字を発表し、前四半期に続く赤字によりCEOが辞任する事態に陥っています。その赤字の原因も、PC出荷台数が前年同期比で35%も減少するなど、PC市場の縮小が大きく影響したものと見られます。

Surface Pro 2は縮小するPC市場の救世主か!?
↑2013年末でCEOを辞任するエイサー会長のJ. T. Wang氏。

 Surface Pro 2の躍進により、マイクロソフトはPC業界で確実に存在感を高めていくものと思われます。マイクロソフトが主張するようなパイの拡大が起こらず、縮小するPC市場のシェアをマイクロソフトとOEMメーカーが奪い合うことになれば、事態はより深刻になっていくでしょう。

 SurfaceシリーズはPC市場にとって救世主となる可能性がある反面、意外とハイリスク・ハイリターンな要素を含んでいるようにも思います。

山口健太さんのオフィシャルサイト
ななふぉ

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!