2013年11月14日11時00分

デル『Venue 8 Pro』は8インチ、W8.1タブの大本命! 4万円でオフィスにSIMオプションも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 デルはWindows8.1タブレット、8インチの『Venue 8 Pro』と11インチの『Venue 11 Pro』を発表した。

『Venue 8 Pro』
●直販価格 3万9980円~、4万1980円(Office Home and Business付き)
●発売日 2013年12月30日(11月22日にAmazonで購入特典付きの先行予約開始)

Venue 8 Pro

●おもなスペック
ディスプレー 8インチ(1280×800ドット、10点マルチタッチ、IPS)
CPU Atom(1.8GHz、クアッドコア)
メモリー 2GB
ストレージ 64GB eMMC
グラフィック Intel HD Graphics
ネットワーク IEE802.11 a/b/g/n、Bluetooth 4.0、3G/HSPA(オプション)
インターフェース マイクロUSB、500万画素カメラ(リア)、120万画素カメラ(フロント)、マイクロSDスロット、マイクロSIMスロット(オプション)
サイズ/重量 130(W)×216(D)×8.9(H)mm/395g
バッテリー駆動時間 約8時間(公称値)
OS Windows8.1(32ビット)

 厚さ8.9ミリの薄い8インチサイズのWindows8.1タブレット。カラーは赤と黒の2色。採用するIPS液晶は発色よく視野角も広い。1280×800ドットの解像度はAndroidやiPadと比べると低く感じるが、Windowsデスクトップの使いやすさやブラウザーでのFlashゲームの動作を考えると適正ともいえる。プラス2000円で『Office Home and Business』が付けられ、ビジネスの現場でも十分に活躍しそうだ。802.11WiFiオプション対応のMiracastでワイヤレスディスプレーを実現。さらにオプションでSIMスロットを用意するなど、8インチのWindows8.1タブレットの大本命とも言える出来の製品だ。

Venue 8 Pro Venue 8 Pro

 右側面には、マイクロUSBポート、電源ボタン、音量ボタン。そして、つめを引っかけるようにして開く、マイクロSDカードスロット。オプションの『3FF micro-SIMスロット』(7854円)を付ければ、ここにSIMカードスロットが追加される。8インチのWindowsタブではめずらしいモバイル通信が可能な製品となる。3Gのみなのが残念だが待ち望んでいた人も多いのではないだろうか。

Venue 8 Pro Venue 8 Pro

 上部にはイヤホンジャックと、ここに“Windowsボタン”を設置。電源と間違えやすいので注意。

Venue 8 Pro Venue 8 Pro

 バッテリー駆動は公称8時間と十分。汎用的なマイクロUSBで充電できる点もうれしい。アダプターも持ち歩くのに苦にならない大きさだ。

Venue 8 Pro

 もちろん、8インチのWindowsタブレットではもっとも重要なファクターである『艦これ』も、海戦時の遅延もほとんどなしでサックサックと動く(米国版で利用)。ガチ提督は絶対に買います。

Venue 8 Pro

 そのほかオプションに、スタンドも兼ねるポリカーボネート製のケース『Dellタブレットケースフォリオ』(4380円)。『アクティブスタイラスペン』(2980円)、『ワイヤレスキーボード』(9980円)が用意されている。

【追記】Amazonで発売されるモデルはOffice Home and Business付きのモデルで、SIMオプションモデルはデル直販のみとなる。

『Venue 11 Pro』
●直販価格 5万9980円~(Atomモデル)、7万9980円~(Core iモデル)
●発売日 2013年11月19日

Venue 8 Pro

●おもなスペック(Atomモデル)
ディスプレー 10.8インチ(1920×1080ドット、10点マルチタッチ、IPS)
CPU Atom Z3770(1.46GHz、クアッドコア)
メモリー 2GB(最大8GB)
ストレージ 64GB SSD
グラフィック Intel Gen7 Graphics
ネットワーク IEE802.11 a/b/g/n、Bluetooth 4.0
インターフェース USB3.0、800万画素カメラ(リア)、200万画素カメラ(フロント)、マイクロHDMI、NFC
サイズ/重量 177(W)×298(D)×10.2(H)mm/772g
バッテリー駆動時間 約10時間(公称値)
OS Windows8.1

 10.8インチサイズのWindows8.1タブレット。カラーは黒の1色。オプションのキーボードでノートPCスタイルに、ドックを利用すればデスクトップPCのように利用できる。『Core i3 4020Y(1.5GHz)』を搭載するCore iモデルも用意。こちらもオプションにSIMスロットを選択できる。

Venue 8 Pro

 法人向けタブレット『Latitude 10』からの流れをくんでいる製品ということで、法人からの要望に応え、裏ぶたを外してバッテリー交換が可能。交換用のスペアバッテリーは5180円。

Venue 8 Pro

 オプションに『タブレットキーボード–スリム』(9980円)とバッテリーを内蔵する『タブレットキーボード–モバイル』(1万4980円)のキーボード2種類を発売。さらに、『タブレットドッキングステーション』(9980円)を使えば、3つのUSB3.0ポートにHDMI出力とデスクトップPCのように利用できる。

Venue 8 Pro Venue 8 Pro

■関連サイト
Dell公式サイト

(2013年11月14日14時訂正:初出時、発売日が誤っておりました。お詫びして訂正いたします)

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!