2013年10月31日15時15分

iPhone5sと最新Androidで通信速度を比較したらauが安定して速かった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ただいま発売中の『週刊アスキー 11/12号(10/29発売)』の特集「周波数と通信規格の違いもぐるっとわかる 新iPhone&Android通信速度比較」では、スマホの通信速度について徹底的に調査しています。今回はその中から、都内のベンチマーク結果をお見せしちゃいます。

通信速度

 計測は10月26日(土)に都内の主要な駅と観光スポットで行ないました。下りのデータ通信速度を『RBB TODAY SPEED TEST』(外部サイト)で7回測定し、その平均値を掲載しています。表中の“d”、“a”、“S”はそれぞれドコモ、au、ソフトバンクです。

 iPhoneは3社ともに5sを使用。アンドロイドはドコモの『GALAXY Note3』、auの『isai』、ソフトバンクの『AQUOS PHONE Xx 206SH』で計測。ドコモのアンドロイドは1.7GHz帯対応のおかげで通天閣などで数値が突出していました。両OSが安定して速いのはau。800MHz帯で広範囲をカバーした結果と思われます。ソフトバンクもiPhoneは速い結果に。ソフトバンクのアンドロイドが混雑地域に強いのは、基地局密度の高いAXGPならでは。

 これ以外にも、大阪での測定結果や、様々なシチュエーションでの応用ベンチマークを掲載しています。ぜひご覧ください。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!