2013年10月27日17時00分

Mavericksのアップデートは「どこでもMy Mac」で遠隔操作が便利|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 OS X Mavericksへのインストールは小一時間かかるので、会社のマシンのアップデートを業務中にする余裕がありませんでした。自宅に帰る前にやろうと思っていたのに、うっかり忘れたぁぁ! しかも金曜日の夜に。そこで、以前から設定してあった「どこでも My Mac」(関連記事)で自宅から遠隔操作でアップデートしてみたら、無事に最後まで完了できましたよ。

 実際の画面をお見せします。まず「どこでも My Mac」で会社のマシンに接続し、iTunes画面を確認。

どこでもMy MacでMavericksインストール

 「無料アップデート」ボタンを押すと、Apple IDとパスワードの入力を求められました。

どこでもMy MacでMavericksインストール どこでもMy MacでMavericksインストール

 いよいよ、「どこでも My Mac」の遠隔ウィンドウ内でOSアップデート開始です。途中で再起動が入るはずなので、そのあとも問題なく「どこでも My Mac」が接続できるのかわかりませんでしたが、最悪、そこでストップしたままでもいいやと思ってはじめました(実話)。

どこでもMy MacでMavericksインストール

 遠隔操作のウィンドウ内で起こっていることを除けば、通常のインストール同様なのでMacユーザーのみなさんはおなじみですね。

どこでもMy MacでMavericksインストール
どこでもMy MacでMavericksインストール
どこでもMy MacでMavericksインストール

 ついに、来やがったな再起動!!

どこでもMy MacでMavericksインストール
どこでもMy MacでMavericksインストール どこでもMy MacでMavericksインストール

 再起動に入ると、このような画面が長く続きました。

どこでもMy MacでMavericksインストール

 もう諦めていたのですが、ダメ元で一度ウィンドウを閉じて「どこでも My Mac」をつなぎ直してみると…ちゃんとインストールが進んでいた!!! ブラボー!

どこでもMy MacでMavericksインストール

 ここまで来ればもう問題なさそうです。

どこでもMy MacでMavericksインストール
どこでもMy MacでMavericksインストール

 確かに、OS X Mavericksになりました。この通り!

どこでもMy MacでMavericksインストール

 まさか、「どこでも My Mac」を使ってOSアップデートすることになるなんて思ってもみませんでした。なお、「どこでも My Mac」を使うためには、事前に設定しておく必要があります。また、接続先のMacがスリープしていると使えないので、それも事前設定が必要です。詳しくはこちらの記事をどうぞ。

 さてさて、10月29日に発売されるMacPeople12月号では、このOS X Mavericksを150ページ超で大解説。そんじょそこらのムック本を凌駕する分厚さと情報量です。そのほか、最新のMacBook Pro RetinaやiPad Air、iPad mini Retinaの情報も満載。Macユーザーのみなさんは必読です!

12月号はOS X Mavericks特大ガイド
MacPeople12月号
Amazonで購入は表紙をクリック

【MacPeopleデジタル版をNewsstandでも配信中!】
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円で読めます

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

55人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

4,980円〜

41人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

12,980円〜

11人が購入

Amazon.co.jp