2013年10月25日12時40分

360度の全天球写真が撮れる『THETA』リコーが11月8日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

『THETA』
●リコーイメージング
直販価格 4万4800円
11月8日発売

THETA

 1回のシャッターで、周囲360度を撮れるデジタルカメラ。呼び名は“シータ”。

THETA

 独自開発による“超小型二眼屈曲光学系”を採用し、上下を含む真の全天球画像が撮影できるシロモノ。もちろん撮った自分も写る。

THETA

 デザインは発光して記憶を消したり、デカく変身したりしたりするブツにも似ているが、スティック状の独特なデザインで、重さは95グラムと軽量。

20130905_richo

 撮影した画像はWiFi経由でスマホへ転送が可能。無料の専用アプリでは、リサイズや変形、構図を変えることが可能。

 専用ウェブサイトtheta360.comにアップロードすれば、Facebookやツイッター、TumblrなどのSNS、マイクロソフトのPhotosynthでも楽しめるとのこと。

 さらにiPhoneのGPS情報を付加したり、リモート撮影機能を備え、離れた場所からの撮影も可能。

 

THETA

 発売時の対応アプリはiOSのみだが、2013年末までにはAndroid OSも対応予定。

 街中の人混みや狭い室内、山頂や海岸線とかあらゆるシーンで撮ってみたい欲望がわきおこるTHETA!! 11月8日の発売が楽しみです!

●SPEC
撮影距離 約10cm~∞(レンズ先端より)
露出制御モード オート
露出補正 マニュアル補正(-2.0~+2.0EV 1/3EVステップ)
ISO感度(標準出力感度) オート ISO100~1600
ホワイトバランスモード オート
シャッタースピード オート 1/8000秒~1/7.5秒
記録媒体 内蔵メモリー:約4GB
記録可能枚数 約1200 枚(目安)
電源 リチウムイオンバッテリー(内蔵、付属USBケーブルで充電可能)
電池寿命 200枚(同社測定方法、無線ONで30秒ごとに1枚撮影し、スマホに転送)
画像ファイル形式 JPEG(Exif Ver2.3) DCF2.0準拠
外部インターフェース microUSB:USB2.0
サイズ  42(W)×22.8(D)×129(H)mm
重さ 約95g
使用温度範囲  0℃~40
使用湿度範囲 90%以下
保存温度範囲 -20℃~60℃

■関連リンク
リコー THETA特設サイト

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!