2013年10月24日21時00分

iPhoneで撮影した画像をiOS7の写真アプリ楽しく管理する方法|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 iOS7の「写真」アプリは、iOS6までとインターフェースが大きく変わっています。サードパーティーのアプリなんて使わなくても、標準アプリで思い出の写真をまとまりごとに一覧できるのです。まずは写真を開いてみましょう。

ios7_photo

 左上の「モーメント」をタップすると、日付けや場所ごとに仕分けられた写真がサムネール表示されます。この「モーメント」ごとにAirDropやメールで友人に送ることもできます。

ios7_photo

 また、「カメラ」アプリの位置情報をオンにして撮影した場合には、撮影した地域の名前が表示されます。地域名をタップすると、地図上で撮った写真を確認できます。

ios7_photo

 さらに左上の「コレクション」をタップします。すると、撮影した場所でさらにまとめてくれます。1日にたくさんの写真を撮った場合には、それらがひとまとまりになるので便利です。

ios7_photo

 さらに左上の「年別」をタップすると、1年ごとの写真がまとめて表示されます。自分が撮った写真たちをこんな細かいインターフェースで眺められるなんて、面白いですよね。

ios7_photo

 また、「共有」タブでは、iCloudの「フォトストリーム」で友人と共有している「共有ストリーム」が見られます。投稿の記録やコメントのやり取りなど、SNSのように楽しめますよ。

ios7_photo

 11月に発売予定のiPad AirやiPad mini Retinaディスプレイモデルでも使えるiOS7の機能です。ぜひiPhoneやiPadで撮った写真を楽しく管理してみてくださいね。

12月号はOS X Mavericks特大ガイド
MacPeople12月号
Amazonで購入は表紙をクリック

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!