2013年10月20日16時00分

MacBookの新ラインが登場?Apple噂まとめ(10/13〜10/19)|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 国内外の噂系サイトやニュースサイトで10月13日から19日までに出回った内容をまとめました。10月22日に発表されるのは、第5世代iPadと第2世代iPad mini、MacBook Pro Retina、Mac Pro、そしてOS X Mavericksというのは確実のようですね。そのほか、Apple TVや各種アプリのアップデートもあるかもしれません。iPad miniはRetinaになるのか、Touch IDを搭載するのか、情報が錯綜してます。そのほか、Appleは2014年にMacを再発明して、12インチのMacBookの新ライン、廉価版のiMacなどをリリースするようです。

10/13 2014年に12インチMacBookが低価格iMacが登場?
9 to 5 Mac(外部サイト)によると、Appleは2014年に12インチのMacBookや低価格のiMacをリリースするとのこと。KGI証券のアナリストのミン-チー・クー氏の予想だそうです。12インチMacBookは、Retinaディスプレイを搭載し、本体はクラムシェル構造で、現行のMacBook Airよりも低価格になるそうです。iMacは、低価格のWindowsのデスクトップマシンを駆逐するほどの低価格になるみたいです。いずれも、発売時期は2014年第2四半期(4〜6月)〜第3四半期(7〜9月)とのこと。次世代のiPadは、液晶サイズは従来同様の9.7インチですが、さらに高解像度化されるとのこと。具体的には、ppiが30〜40%ほど向上するそうです。次世代のiPad miniは、10月22日のイベントで発表が予定されているRetina版の仕様を踏襲し、液晶の解像度は2048×1536ドットとなるようです。

10/14 iPhone受注メーカーが好業績
EMSOne(外部サイト)によると、iPhone5cの製造を請け負っている台湾ペガトロン社と、iMacの製造を請け負っている台湾クアンタ・コンピュータ社の2013年9月の業績が発表されたとのこと。それによると、ペガトロンは3300億円(1000億ニュー台湾ドル)、クアンタは2310億円(700億ニュー台湾ドル)の営業収益(売上高)でした。おそらく生産数のケタが2つ違うと思いますが、iPhoneの製造はやはりオイシイんでしょうね。

10/14 iPad5とiPad mini2のゴールドモデルの画像が流出
C-Tech(外部サイト)が、ゴールドモデルのiPad5とiPad mini2の画像を公開しています。果たして、10月22日のイベントで発売されるのでしょうか。

10/14 12インチ版iPadとiWatchはクアンタが製造か?
DigiTimes(外部サイト)によると、Appleが開発していると噂の、12インチiPadとiWatchは、ノートパソコンの製造大手の台湾クアンタ・コンピュータ社が製造を請け負うとのこと。

10/14 12インチ版iPadとiWatchはクアンタが製造か?
DigiTimes(外部サイト)によると、Appleが開発していると噂の、12インチiPadとiWatchは、ノートパソコンの製造大手のクアンタ・コンピュータ社が製造を請け負うとのこと。

10/15 新iPadは10月末、Retina MacBookは10月24日発売?
9 to 5 Mac(外部サイト)によると、フランスのMacGというサイトが10月22のAppleのイベントで発表される新製品の発売時期を伝えているそうです。具体的には、MacBook Pro Retinaは10月24〜25日、iPad5/iPad mini2は10月30〜31日、Mac Proは11月15日になるとのこと。RetinaモデルのMacBook ProはHaswell搭載により、バッテリー駆動時間が大幅に延びるほか、4Kモニターを接続可能になるようです。

10/15 Retina版iPad miniは横幅と厚みが増す?
Macお宝鑑定団Blog(外部サイト)によると、10月22日に発表されると噂のiPad miniは、Retinaディスプレイを搭載する影響で、横幅と厚みが増しているそうです。香港のイベントでケースメーカーの関係者が明かしたそうです。具体的には、横幅は0.2mmが増え、厚みは7.2mmから7.5mmとプラス0.3mmになるとのこと。バッテリー容量を増やしたのでしょうか。
 

10/15 iPad5は価格据え置き、旧モデルが廉価版に?
DigiTimes(外部サイト)によると、10月22日に発売されるiPad5の価格は現行モデルと同じになるそうです。また、現行モデルは値下げされて継続販売されるようです。現行モデルがどれほど値下げされるかわかりませんが、新モデルと値下げされた旧モデルのどちらにするか悩みそうです。

10/15 バーバリーのCEOがAppleのバイスプレジデントに
9 to 5 Mac(外部サイト)によると、Appleはリテールとオンラインストアを担当する上級副社長にバーバリーのアンジェラ・アーレンズCEOを招聘するそうです。ブランドイメージを再構築する狙いがあるのでしょうね。

10/17 iPhone5cの発注を削減を通知?
EMSOne(外部サイト)によると、Appleは2013年度第4四半期(10〜12月)のiPhone5cの製造台数を減らすとのこと。製造を請け負っている、台湾のフォックスコン社、ペガトロン社に通知済みのようです。

10/16 Apple Campus 2プロジェクトが市議会が承認
MacRumors(外部サイト)によると、スティーブ・ジョブズが計画を進めていたAppleの新社屋「Apple Campus 2」の建設プロジェクトが、地元クパチーノ市の市議会で承認されたことをティム・クックCEOがTwitterで報告しているそうです。11月19日に正式合意となり、入居予定時期は2016年と言われてます。

10/17 iPad mini2はRetina非搭載で薄くなる?
C-Tech(外部サイト)によると、10月22日に発表されるiPad mini2は、Retinaディスプレイは搭載されないが、本体サイズは薄くなるそうです。具体的には、現行モデルの7.2mmから6.81mmと0.4mm程度もスリム化するとのこと。実際問題、Retina化を望む声は高いですが、現行の非Retinaモデルも売れているので、上位版をRetina、下位版は非Retinaで低価格というのが理想ですね。

10/17 iPhone5cはやはり減産へ
ウォール・ストリート・ジャーナル(外部サイト)によると、Appleは年末商戦にむけてiPhone5cの生産を25%削減するそうです。製造を請け負っている台湾のフォックスコン社では33%、ペガトロン社では20%の減産になるようです。フォックスコンは、5c減産を受けて5sの増産を実施するようです。

10/17 iPad5の10月出荷台数は300〜400万台
EMSOne(外部サイト)によると、10月22日に発表されると噂の第5世代iPadは、液晶パネルの歩留まりが改善し、10月の出荷台数が300万〜400万台に達するそうです。発売は10月末と見られています。

10/17 iOS版純正アプリのアイコンもフラット化
9 to 5 Mac(外部サイト)によると、iOS版のiPhotoとGarageBandのアイコンがiOS 7に合わせたシンプルなものに変更されるとのこと。同サイトでは画像も公開されています。

10/17 iPhone5sのコンパスと水準器の不具合は加速度センサーが原因か
MacRumors(外部サイト)によると、iPhone5sの一部で「コンパス」アプリが示す方位や水準器の角度が狂うのは、加速度センサーに原因があると伝えています。加速度センサーは、iPhone5ではスイスのSTマイクロエレクトロニクス社が、iPhone5sは独ボッシュ・センサーテック社が供給しているそうです。zero-gオフセットの値が、前者は±20mg、後者は±95mgと差があるのが原因らしいです。

10/18 従来モデルより薄いiPad mini2の画像が流出
C科技(外部サイト)が、第2世代iPad miniの画像を公開しています。本体の厚みは6.81mmと現行モデルの7.2mmより0.4mm程度薄くなっているそうです。

10/18 iPhone5cは減産していない?
EMSOne(外部サイト)によると、台湾フォックスコン社の董事長(社長)がiPhone5cの減産について「Appleからの13年第4四半期分の受注は大丈夫だ。心配ない」と述べたそうです。減産については触れていませんが、フォックスコンは5c減産の代わりに5sを増産するそうなので、同社の売上的に問題がないということなんでしょうか。

10/18 iPhone5sのスローモーションモードは720pではない
GSMArena(外部サイト)によると、iPhone5sの「カメラ」アプリが搭載するスローモーションの撮影モードは、720pの解像度では記録されていないそうです。実際には720pにアップコンバートされているようです。

10/18 iPad mini2には指紋認証は搭載されない?
C-Tech(外部サイト)が、第5世代iPadと第2世代iPad miniの画像を公開しています。公開された写真によると、指紋認証(Touch ID)を搭載しているのは第5世代iPadのみだそうです。第2世代iPad miniがRetinaディスプレイを搭載しているかどうかはわからないとのこと。

10/18 10月22日にApple TVも発表か
Apple Insider(外部サイト)によると、10月22日のイベントではApple TVの新モデルも投入されるそうです。フランスとドイツのアマゾンが10月23日入荷としているのが根拠のようです。どうなんでしょう。

10/18 iPhone5sの雑誌広告を展開
MacRumors(外部サイト)によると、AppleはiPhone5sの広告を雑誌に出稿しているそうです。「The New Yorker」などに掲載されています。

10/18 台湾メーカーがiPhoneとiPadを増産体制
EMSOne(外部サイト)によると、台湾ウィストロン社は中国江蘇省昆山工場に約96億円(28億5600万ニュー台湾ドル)の増資を発表したそうです。同社は今後、iPhoneやiPadの製造を請け負うようですね。

10/19 iPad5はApple A7Xを搭載
9 to 5 Mac(外部サイト)によると、第5世代iPadはApple A7Xを搭載するとのこと。証券アナリストのミン-チー・クー氏による予想です。第5世代iPadはの厚みは7.5mmで、現行の9.4mmから約2mmも薄くなり、重量も20%削減されて500g台(現行のWi-Fiモデルは652g)になるそうです。さらに背面カメラは800万画素だそうです。第2世代iPad miniは、7.9インチで2048x1536ドットのRetinaディスプレイを採用し、プロセッサーはApple A7だそうです。Retina搭載により厚みと重さが若干増すようです。

10/19 iPad mini2は指紋センサー搭載でRetina非搭載?
「気になる、記になる…」(外部サイト)によるとドイツの「2014 News」が、Touch IDを搭載した第2世代iPad miniの画像を公開しているそうです。また、Retinaディスプレイは搭載しないようです。iPad miniについては、RetinaやTouch IDの搭載/非搭載の噂が錯綜してますね。

10/19 第5世代iPadの厚さは7.35mm
「気になる、記になる…」(外部サイト)によると、C-Techが第5世代iPadの厚みをデジタル測定機器を使って計測したところ、7.35mmと現行モデルよりも2mm以上も薄かったそうです。Xperia Tablet Zが6.9mm、iPad miniが7.2mmなので、それに次ぐ薄さのようです。

10/19 22日のイベント会場の写真を公開
MacRumors(外部サイト)が、10月22日に開催されるイベントの写真を公開してます。会場は、イエルパ・ブエナ芸術センターです。ガラス窓がカラフルになっていますね。何かのカラバリを暗示しているのでしょうか。

10/19 Mavericks ServerのGM版が登場
Apple Insider(外部サイト)によると、OS X Mavericks ServerのGM(ゴールデンマスター)が開発者に配布されたそうです。ビルド番号は13S440です。

11月号はiPhone5s/5cの完璧ガイド
MacPeople11月号
Amazonで購入は表紙をクリック

【MacPeopleデジタル版をNewsstandでも配信中!】
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円で読めます

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!