2013年10月07日16時30分

ドコモ、iPhone導入も13万純減 ネットワークで巻き返しなるか?by 石川温

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 9月の純増契約者数が明らかになった。MNPではKDDIが11万800件と圧勝。ソフトバンクは2万2700件、一方、悲願のiPhoneを導入し、“一人負け”に歯止めかがかかると期待されたNTTドコモはマイナス13万3100件と大惨敗であった。

 おそらく、iPhone5s/5cが発売されて10日間しかないことや、iPhone5sの在庫不足が足を引っ張った模様だ。また、KDDIとソフトバンクはiPhone5sの在庫がないなか、在庫が余っているiPhone5にキャッシュバックを大量に積んでMNPで稼ぐなか、NTTドコモではAndroidの売れ行きが止まり、頼みの綱であるはずのiPhone5sが入荷できないと言う状況が悪影響を及ぼしたようだ。

ドコモ

↑NTTドコモ取締役常務執行役員ネットワーク担当の徳広清志氏が登壇した。

 NTTドコモとしては、9月におけるMNPの結果が芳しくないことを受けてか、急遽、10月4日に記者説明会を開いている。NTTドコモが他社に比べて見劣りしているiPhone向けのネットワークとコンテンツサービスを改めて説明する会だった。

ドコモ

↑今後は電波の広さと、速さをクアッドバンドLTEで効率よく利用していく予定とのこと。

 NTTドコモでは、現在LTEは、2GHz帯と800MHz帯で広さをカバーし、高速化は1.7GHz帯と1.5GHz帯で実現している(iPhoneは1.5GHz帯は非対応)。

 基地局数は、2013年3月時点で2万4400局だったが、2014年3月までに5万局までに倍増。下り最大75Mbps対応基地局(10MHz幅)も、6400局から4万局にまで増える。

 特に注目は150Mbps対応基地局(iPhoneの場合は最大100Mbps)で、9月20日より東京・大阪・名古屋でサービスを開始済み。今年12月末には山手線全駅で150Mbpsに対応するという。

 iPhone 5s/5cが発売されて以降、週刊アスキーをはじめとする様々なメディアで山手線を1周してのダウンロード速度調査が行われたが、12月末にはNTTドコモのiPhoneにおける数値が上がる可能性がありそうだ。

 NTTドコモでは150Mbps対応基地局を2014年度末までに2000局までに拡大し、快適なネットワークを実現するという。

ドコモ

↑ドコモLTE Xi基地局数。9月20日から150MHzに対応。

 ただ、広さに関しては、KDDIの800MHzにおけるプラチナバンドはかなりの脅威と言える。その点、NTTドコモでは2GHzと800MHzを所有し、ルーラルエリアは800MHz でカバーするというが、現状は2000局程度に留まっており、KDDIの3万4000局には大きく溝を空けられた状態だ。

 今回、NTTドコモが同じiPhoneを取り扱い始めたことで、ネットワーク品質の優劣が分かりやすいかたちで比較されることになる。実際、各メディアや調査期間が行っているネットワーク速度比較などのデータを見る限り、NTTドコモのネットワークを掴むiPhoneは全体的に苦戦しているようだ。

 KDDIの田中孝司社長は「うちも最初は苦労した。NTTドコモもしばらくは厳しいのではないか」といい、ソフトバンクモバイルの宮川潤一CTOも「auさんは今年、相当対処したのでだいぶいいと思うが、ドコモは見ものだなと。ずいぶん、勉強はしていると思うが、iPhoneのトラフィックだけはちょっと異常な動きをする。ドコモに教えてあげたい気もするが、NDAがあるからね。アップルもいろいろなことをやっているから、そこに原因がある。ドコモさんは気をつけた方がいいな」とコメント。

 ドコモは1.7GHz帯による150Mbps(iPhoneは100Mbps)を売りにするが、実際に、iPhoneに向けて快適なLTEネットワークを構築するには、iPhone特有の独自のノウハウが必要されているため、KDDIもソフトバンクも「ドコモは当面は厳しいのではないか」という見方をしているようだ。

 10月4日の記者会見後、「実際、iPhoneで苦労していないか」とNTTドコモ取締役常務執行役員ネットワーク担当の徳広清志氏に直撃したところ、「基地局倍増計画は苦労してやっている。去年作った基地局の倍作っており、フルパワーでやっている。順調に工事が進んでいる。来年にはお客様に体感いただけるように頑張っているところ」と語った。

 NTTドコモはトップスピードを優先するよりも、多くの人がそこそこ快適に使えるネットワーク構築を目指しているという。

 プラチナバンドを訴求するKDDIに、倍速ダブルLTEをアピールするソフトバンク。NTTドコモがMNPで巻き返しを図るには、これら先行2社にNTTドコモは勝たなくてはいけない。“つながりやすさ、速さ”はiPhoneを選ぶ上でのひとつの基準になろうとしており、その結果が今後のMNPの数字を左右しかねない。まさにiPhoneを軸としたLTEネットワーク競争が本格化しようとしているようだ。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!