2013年10月03日21時00分

iOS7の動く壁紙や細いフォントなど新インターフェースを見やすく設定|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 iOS7でホーム画面のインターフェースも大きく変わりました。iPhoneを上下左右に傾けると、それに応じて壁紙が動いてみえる視差効果(パララックス)が話題になっていますね。

iostips_home iostips_home

 これは、iOS7のホーム画面がフォントや画像といった複数のレイヤーからできており、iPhoneの加速度センサーやジャイロセンサーを使って各レイヤーの描写に差をつけることで、奥行きを演出するというものです。壁紙を「ダイナミック」に変更すると、水玉が動いているのがわかりやすいと思います。

iostips_home iostips_home

 これについては、「設定」アプリの「一般」→「アクセシビリティ」にある「視差効果を減らす」をオンにすることで、動きを減らせます。

iostips_home

 もうひとつ、新しいインターフェースで気になるのがフォントの細さ。ホーム画面のアイコン名や各アプリの項目表示などに、「Helvetica Neue Ultra Light」という細いフォントが使われています。

iostips_home

 これが読みにくいという場合には、太くすることができます。「設定」アプリ→「一般」→「アクセシビリティ」にある「文字を太くする」をオンにし、iPhoneを再起動するだけです。

iostips_home

 ホーム画面のアプリ名のフォントがぐっと見やすくなりました。

iostips_home

 「設定」メニューの項目も読みやすいですね。

iostips_home

 「カレンダー」アプリの表示もこのとおり。

iostips_home iostips_home

 「Safari」のURLや「マップ」の住所など、すべてのテキストのフォントが太くなります。

iostips_home
iostips_home

 また、同じく「アクセシビリティ」の「文字サイズを変更」でスライダーをドラッグして大きさを調整すれば、「メール」や「メッセージ」アプリの表示を大きくできます。

 iOS7にアップデートして文字が読みにくくなった、と思っている方はぜひ試してみてください。

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!