2013年10月05日20時00分

iTunesで週末に観たい10月前半の新作 ジャッキー・コーガン、藁の楯 |Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 今週は、10月5日時点でiTunes Storeの「ニューリリースと注目作品」に入っているものからセレクト。諸富デスクは「ジャッキー・コーガン」を、山口編集者は「藁の楯」を選びました。

ジャッキー・コーガン
131004_moro_movie

 今回、前情報なしで見ました。完全にジャケ買いです。だってカッコイイじゃないですか。オールバックのブラピがショットガンを構えてるポスターだけで十分。まあでも、派手なアクションものかギャング映画なのかと思いましたが、だいぶ違いました。まず地味。恐ろしく地味。そしてアクション映画ではなく、ギャング映画ともちょっと違う。まあマフィアとか裏家業の人たちがメインですけど、主役のブラピはマフィアの構成員ではなくヒットマンです。

 いわゆる典型的なギャングものやマフィアものって、成り上がりとか栄枯盛衰が基本だったじゃないですか。「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」とか「グッドフェローズ」とか、ギラギラした若者が危ない橋を渡ってのし上がっていく。そういうダークなアメリカンドリーム的なものが多かった。本作はそういうのとは真逆です。オイタをやらかしちゃったチンピラどもを、ブラピ扮するジャッキーが淡々とぶっ殺していくというシンプルなストーリー。夢も希望もない、殺伐とした裏社会を殺伐と描いた作品です。どっちかっつーと社会派です。以前見たクロッシング・デイもそういう感じだったけど、ドキュメンタリー風味の地味な裏社会ものが流行ってるんですかね、米国では。そういうわけで、映画にドキドキワクワクを期待する人には本作はまったく向きません。

 ただ、見どころがないわけではないです。やらかしちゃったメンバーの一人をレイ・リオッタが演じてるんですが、彼が一番おいしい役どころかも。顔色変だし。彼がアレされるシーンは無駄にエレガントに描かれているし。ここの一連のスローモーションシーンは、BGMも含めて秀逸です。この作品は、ブッシュやオバマといった政治家が、テレビやラジオ放送というかたちで登場します。わざわざ字幕が入っているので、何か政治的なメッセージが込められているのはすぐにわかります。でも、繰り返し挟まれる政治家のセリフが何が表象しているのかはよくわからないまま、ストーリーは進みます。それが、ラストにブラピが発する「アメリカは国じゃない、○○だ」というセリフで判明します。

 まあ腑には落ちるわけですが、それを1時間40分もかけて言いたかったの? という気はします。あと会話も微妙。この映画、半分くらいは男同士の会話シーンなのですが、これがあまり効いていない。タランティーノ映画みたいのを目指したのかもしれませんが、タラちゃん映画ほどのキレがない。別に会話の内容はタラちゃん映画も同じくらいくだらないんですけどね。なんでしょうねこの違いは。そんなわけで、万人受けはしませんが、ブラピ好き、レイ・リオッタ好き、重度のクライム映画好きならそこそこ楽しめると思います。あ、あと爆発ソムリエ的には結構いい爆発シーンもあります。そんな映画でした(諸富)。

ジャッキー・コーガン(字幕版)
HD版レンタル:500円、SD版レンタル:400円
iTunes Storeで映画を見る

ジャッキー・コーガン(日本語吹替版)
HD版レンタル:500円、SD版レンタル:400円
iTunes Storeで映画を見る


藁の楯
10月前半の新作

 連続少女暴行殺人事件で7歳の孫娘を殺された財界の大物・蜷川は、犯人・清丸国秀(藤原竜也)を殺せば10億円の礼をするという異例の新聞広告を出した。10億円に目がくらんだ一般市民や警察官、医療従事者までもが清丸を殺そうとする異常事態のなか、出頭先の福岡から東京の警視庁まで生きたまま護送しなければならない。凶悪な殺人犯を命がけで守る任務に、銘苅(大沢たかお)と白岩(松嶋菜々子)の2人のSPが選ばれた。

 裏切りや策略による疑心暗鬼、極度の緊張状態、大衆の脅威、犯人は本当に守る価値があるのか自問自答を続けながら命をかけるという極限状態——などなど、人間心理の描き方が秀逸です。本当にこんなことが起きたら、自分や自分の周囲の人々はどうするだろうか、とかなり考えさせられます。設定や環境も非常によく練られていて、殺人教唆にあたる広告をどのように出せたのかも描かれますし、スマートフォンやネットを駆使するようすもとても現実に近いものでした。

 実際に清丸の殺害に成功しなくても、未遂の人間にも謝礼が出ることによって事態は悪化していきます。描かれませんが、未遂によって警察には捕まっても大金を手にした人は、この後の人生をどんな風に生きるんだろうかとか、軽微な罪にしか問われない未遂を犯して金だけ手に入れるのが最も得なんじゃないかとか、人間心理の黒い部分が頭の中でグルグルして、かなり強く印象に残る映画です(山口

藁の楯
HD版レンタル:500円、SD版レンタル:400円
iTunes Storeで映画を見る

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly
スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!