2013年09月30日15時00分

AQUOS PHONE Xx 302SH:画面占有率80.5%の狭額縁5.2インチモデル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 「フレームは限りなく細く、これが未来形。」がキャッチフレーズの、画面占有率80.5%の超狭額縁5.2インチフルHDディスプレーを採用した、ソフトバンクのフラッグシップAndroidスマートフォン。画面サイズが従来モデル206SHの5インチから5.2インチに拡大しているにもかかわらず、フットプリントは141×71mmから132×70mmへと縮小されている(厚みは同じ9.9mm)。

AQUOS PHONE Xx 302SH:画面占有率80.5%の狭額縁5.2インチフルHD液晶搭載フラッグシップ
AQUOS PHONE Xx 302SH:画面占有率80.5%の狭額縁5.2インチフルHD液晶搭載フラッグシップ

 ソフトバンク、そしてシャープのフラグシップだけに、もちろんフルセグに対応。同梱の卓上ホルダーにはTVアンテナを接続できるので、安定した電波でテレビ番組を楽しめる。また音響設計も考慮したフロントダクト付き卓上ホルダーは、本体カラーに合わせてラピスブルー、ホワイト、ピンク、ブラックと同色のものが用意されている。

 本モデル、そして同時発表された303SH共通の新機能として、カメラ翻訳機能が搭載された。英語の標識などにカメラをかざすだけで、ファインダー内でリアルタイムに英語が日本語に翻訳されるので、海外旅行時などに大変重宝するだろう。

 カメラ機能も、F値1.9のレンズ、1630万画素センサーに加え、暗い場所でも少ないノイズで明るく撮影できる“NightCatch”、複数枚撮影し全体にピントが合った写真を生成する“多焦点撮影機能”を搭載した。

 パフォーマンス的にも、CPUはSnapdragon 800(2.2GHz、クアッドコア)、ネットワークは“Hybrid 4G LTE”(SoftBank 4G+SoftBank 4G LTE)に対応と、まさにスキのない一台だ。

●おもなスペック
OS:Android4.2
通信:AXGP(SoftBank 4G)/FDD-LTE(SoftBank 4G LTE)/3G
ディスプレー:5.2インチフルHD S-CG Silicon液晶(1080×1920ドット、423dpi)
CPU:MSM8974(2.2GHz、クアッドコア)
メモリー(RAM):2GB
内蔵ストレージ:32GB
カメラ:約1630万画素(インカメラ約120万画素)
サイズ/重量:70(W)×9.9(D)×132(H)mm/約147g

AQUOS PHONE Xx 302SH:画面占有率80.5%の狭額縁5.2インチフルHD液晶搭載フラッグシップ AQUOS PHONE Xx 302SH:画面占有率80.5%の狭額縁5.2インチフルHD液晶搭載フラッグシップ AQUOS PHONE Xx 302SH:画面占有率80.5%の狭額縁5.2インチフルHD液晶搭載フラッグシップ

AQUOS PHONE Xx 302SH
メーカー:シャープ
キャリア:ソフトバンク
発売日:12月上旬

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!