2013年09月06日09時30分

ゲーム実況向け無料キャプチャーソフト『ロイロゲームレコーダー』を徹底検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 高速動画編集ソフト『Super LoiloScope 2』で有名なロイロが、PCゲーマー向けに、プレイ動画用キャプチャーソフト『ロイロゲームレコーダー』を無料で提供開始。特に使用制限もなく、誰でもダウンロード利用ができるため、早速、試してみた。

■現実的なCPU負荷で高品質の動画キャプチャーができる!

『ロイロゲームレコーダー』は、DirectXやOpenGLで動作する任意のゲーム画面をリアルタイムにキャプチャーできるソフト。現時点ではMJPEG(モーションJPEG)でのエンコードに対応しており、ファイルサイズは大きいものの、その後の編集・再エンコードに適した高画質でのキャプチャーが可能となっている。

ロイロゲームレコーダー

↑『ロイロゲームレコーダー』のメイン画面。ロイロシリーズらしく、シンプルにまとめられている。

ロイロゲームレコーダー

ゲームを起動後に、キャプチャーするゲームを指定しておこう。

ロイロゲームレコーダー

↑解像度はフルHDからVGA解像度まで幅広く設定可能だ。

 デフォルトのエンコード品質設定は“80”。CPUにCore i7-2600Kを搭載する私のPCでは、特に重いゲームでない限り、キャプチャー中もゲームの動作はスムーズだった。

ロイロゲームレコーダー

↑品質を変更することでファイルサイズと画質の調整ができる。

 キャプチャー時の負荷は解像度とフレームレート、エンコード品質の選択で変化していくが、筆者環境でのCPU利用率は、品質80%時の概算で以下のような結果となった。

 1080p/60fpsの場合 CPU利用率30%
 1080p/30fpsの場合 CPU利用率15%
 720p/60fpsの場合 CPU利用率20%
 720p/30fpsの場合 CPU利用率8%

 1080p/60fpsの場合はややゲームに重たさが出てくるものの、1080p/30fpsや720p/60fpsであれば、十分に実用圏内のパフォーマンスを保てる。エンコード品質を“99”に上げるとゲームのプレイに多少の違和感が生じるため、品質はデフォルトの”80”のままで問題ないだろう。画面は80で十分キレイだし、ゲーム動作に大きな支障をきたすこともなく、満足できる。

品質99(最高画質)のゲーム画面
ロイロゲームレコーダー
品質80のゲーム画面
ロイロゲームレコーダー
品質60のゲーム画面
ロイロゲームレコーダー
品質40のゲーム画面
ロイロゲームレコーダー
品質20のゲーム画面
ロイロゲームレコーダー
品質10のゲーム画面
ロイロゲームレコーダー

 720p/60fpsと品質80で動きの激しいゲームをキャプチャーした場合、録画ファイルサイズは、1分で700MBほど。例えば録画用に1テラバイトのHDDを用意した場合でも、1300分ほど(約21時間程度)の録画が可能な計算だ。もちろん、品質を下げれば、ほぼ比例してファイルサイズは下がる。さほど画質にこだわらなかったり、自分の記録用に利用する程度なら、品質20でも構わないだろう。品質20は1分で240MBほどだ。

 H.264でのリアルタイムレコーディングに対応した定番キャプチャーソフト『XSplit』を使った場合、圧縮率はずっと高いが、『ロイロゲームレコーダー』と同等の画質を得るためには、何倍ものCPUパワーが必要となる。また、劣化なしの高品質で録画できる『DxTory』では、出力されるファイルサイズが『ロイロゲームレコーダー』の数倍になるため、『ロイロゲームレコーダー』は画質とファイルサイズ、CPU利用率のバランスが優れたソフトと言える。

■細かい設定不要でマイクの音も録音できる

 ゲーム実況動画向けに、マイク録音機能も装備している。設定はシンプルで、マイクの使用ON/OFFと音量をチェックするだけ。あとは、視聴者に声が聞こえやすくなるよう、ゲームの音を若干抑えるといった機能も選択可能だ。

 ほかのキャプチャーソフトではマイク入力の設定が複雑だったり、PC環境によってはマイクからではなくステレオミキサーを通じて録音しなければ音を拾えないこともあるため、このあたりの面倒くささをうまく解決しているのもいい。

ロイロゲームレコーダー

■YouTubeアップロード機能もついている

 キャプチャーした動画は、ウィンドウ上部にある“YouTube”ボタンから、即座にYouTubeにアップロードすることができる。このとき再エンコードが行なわれるが、特にオプションを指定することはなく、最後まで自動で行なってくれる。

ロイロゲームレコーダー

 画質など調整したり、カット編集などを加えてアップロードしたい場合は“編集する”ボタンを押すと、同社動画編集ソフト『Super LoiloScope 2』が呼び出される仕組みだ。こちらは価格9800円の有料ソフトだが、30日間は試用できる。

ロイロゲームレコーダー

↑『Super LoiloScope2』は、タイムライン編集ができる、非常に軽快な動画編集ソフト。

 とはいえ、『ロイロゲームレコーダー』で録画した動画は汎用性のあるMJPEGなので、ほかの一般的な動画編集ソフトでも扱える。編集はほかのお気に入りのソフトがあるから、という人でも、キャプチャー用として利用する価値は大いにある。

■ 将来の機能強化にも大いに期待

 『ロイロゲームレコーダー』はまだとてもシンプルなキャプチャーソフトだが、開発元のロイロは継続的なアップデートを計画しているというので、更なる進化にも期待できる。現在もMJPEG以外のコーデック対応について検討中で、対応して欲しいコーデックや、動作上の問題の改善、機能強化の要望など、FacebookのLoiloScopeコミュニティー上で意見を募集するという。

 ゲーム用のキャプチャーソフトは複数存在しているが、使いやすく、必要な機能をピンポイントで備えたソフトとして定番の1本になりそうだ。

■関連サイト
ロイロゲームレコーダー
XSplit Broadcaster 
Dxtory(日本語版) 

【大好評の週アス増刊に 速くて安い!ゲームPC自作が登場!】

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

56人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

3,980円〜

39人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

10,380円〜

11人が購入

Amazon.co.jp