2013年09月03日16時01分

買いはi7-4930K ベンチマークでわかったIvy Bridge-Eの実力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Ivy Bridge-E

 インテルの最新ハイエンドクラスCPU、開発コードネーム:Ivy Bridge-Eが発表されました。コンシューマー向けのハイエンドクラスでは、前世代のSandy Bridge-Eが2011年の11月ですから、実に1年10ヵ月ぶりです。待ってた方も多いのではないでしょうか?

Ivy Bridge-E
型番 コア/
スレッド
動作クロック
(TB最大)

 
L3
キャッシュ
対応
メモリー
TDP US
価格
i7-4960X

6/12

3.6GHz
(4GHz)
15MB 4チャンネル
DDR3 1866
130W 999
ドル
i7-4930K 6/12 3.4GHz
(3.9GHz)
12MB 4チャンネル
DDR3 1866
130W 555
ドル
i7-4820K 4/8 3.4GHz
(3.9GHz)
10MB 4チャンネル
DDR3 1866
130W 317
ドル

 

 Ivy Bridge-Eは3次元トライゲートトランジスター技術による22nm世代で、TDPこそSandy Bridge-Eと同じ130Wですが、実使用上の大幅な省電力化が期待されています。サポートメモリーも4チャンネル動作の点は同じですが、DDR3 1600から1866へ向上。

 また、Sandy Bridge-Eと同様、ソケットはLGA2011、チップセットはX79なので、Sandy Bridge-E(Core i7-3960X、Core i7-3930K、Core i7-3820)ユーザーはCPUを買い換えれば使えます。その際、マザーボードはIvy Bridge-E用の最新BIOSへのアップデートが必要です。

 今回の検証ではあらかじめIvy Bridge-Eに対応するBIOSを採用したASUSの最新X79マザー『X79-DELUXE』を使いました。なお、Sandy Bridge-Eとの比較のほか、Haswell世代のメインストリームCPUである、Core i7-4770Kも比べましたので参考にしてください。メモリーはDDR3 1600 2GB×4枚、グラフィックボードはGeForce GTX760で合わせました。

■検証環境
●LGA2011
CPU:Core i7-4960X、Core i7-4930K、Core i7-4820K、Core i7-3690X、Core i7-3930K、Core i7-3820
マザーボード:ASUS『X79-DELUXE』(X79)
CPUクーラー:インテル『RTS2011AC』(純正空冷)

●LGA1150
CPU:Core i7-4770K
マザーボード:ASUS『Z87-A』(Z87)
CPUクーラー:インテル『Core i7-4770K』付属品

●共通
メモリー:キングストン『KHX1600C9D3LK2/4GX』(PC12800 DDR3 2GB×2枚組)×2
グラフィックボード:ASUS『GTX760-DC2OC-2GD5』(GeForce GTX760)
SSD:インテル『DC S3500 SSDSC2BB160G401』(SATA3、160GB)
電源ユニット:シルバーストーン『Strider Gold 850W』(850W、80PLUS GOLD)
OS:Windows8 Pro(64ビット)

CGレンダリング(その1)
Ivy Bridge-E
Ivy Bridge-E

 まずは定番CGレンダリングソフトの『CINEBENCH R11.5』。シングルスレッドではさすがに最新コアを採用したi7-4770Kが強いですね。しかしながら、フルスレッド動作となるマルチスレッドテストでは、LGA2011の6コア/12スレッド勢がいずれも10ptsを超えて圧倒。Ivy Bridge-E、Sandy Bridge-Eともに最上位とミドル製品の差が約1.03倍ですが、Ivy Bridge-Eのミドルi7-4930KがなんとSandy Bridge-Eの最上位i7-3960Xに勝利。これ、価格性能比ではかなりおいしいCPUじゃないですかね?

 ちなみに、最新のIvy Bridge-Eでも4コア/8スレッドのi7-4820Kはi7-4770Kに負けました。恐るべしHaswell。

CGレンダリング(その2)
Ivy Bridge-E
Ivy Bridge-E

 次に、『Shade 3D Professional Ver.14』によるCGレンダリングでテスト。モデリング済みの.shdファイル(66.8MB)をレンダリングしました。順位はCINEBENCH R11.5と同じですが、i7-4770Kが大健闘しております。とはいえ、Ivy Bridge-Eの6コア勢は33分20秒以下でワンクラス上の印象。

ギガピクセルパノラマ作成
Ivy Bridge-E
Ivy Bridge-E

 225枚のJPEGを1枚に合成し、1枚6万2332×1万4504ドットのTIFFファイルを作成するギガピクセルパノラマ作成テスト。こちらもCPUパワーをとんでもなく使う試験で、ソフトはkolor社の『autopano giga 3』を使用しました。結果は、CGレンダリングテスト同様で順当です。あいかわらずi7-4930Kは11分台とSandy Bridge-E最上位のi7-3960Xに勝利し続けています。

動画エンコード
Ivy Bridge-E
Ivy Bridge-E

 さて、動画エンコードではどうでしょう?『TMPGEnc Video Mastering Works 5』を使用し、再生時間11分50秒のフルHD動画(AVCHD)を1280×720ドットのiPad2用mp4へ2パスで高画質変換してみました。結果はご覧のとおり、やはりi7-4960Xと4930Kがいずれも20分を切り、ワンツーフィニッシュ。動画エンコードでもその優位性は保てそうです。ちなみに、QSVを利用した動画エンコードではi7-4770Kが圧倒的なのでそんなに画質にこだわらないよーと言う方はi7-4770Kも十分魅力的な選択肢ですね。

Ivy Bridge-E

 ここからはCPU温度や消費電力を見ていきましょう。CPU温度は3シーンで計測しました。autopano giga時は、パノラマ合成作業中のピーク温度ですが、極悪負荷のOCCT実行時にほど近い温度が出ました。Ivy Bridge-E勢はいずれもSandy Bridge-E世代の同クラス製品よりも作業中のCPU温度が低くなっています。CPUクーラーが違うので、i7-4770Kの値は参考としてご覧ください。

Ivy Bridge-E

 システム全体の消費電力でも3シーンぶん計測。i7-4770K搭載のLGA1150環境ではOCCT時でも150ワット未満と、LGA2011の4コア勢と比べてかなり優秀なのはさておき、ここでも注目はやはりi7-4930K。Ivy Bridge-EとSandy Bridge-Eの最上位対決ではOCCT時で32ワットほど消費電力がダウンしてますが、ミドル対決では39ワットも省電力になってました。これぞ22nmの省エネ性能ですね!

 まとめますと、

・Ivy Bridge-EはSandy Bridge-Eと比べ、性能向上は1割程度にとどまるが、高負荷時で30~40ワットほど省電力になった

・Ivy Bridge-Eのミドル製品Core i7-4930Kは、CGレンダリングやパノラマ合成において、Sandy Bridge-E世代の最上位Core i7-3960Xよりも高性能。

・4コア/8スレッドのLGA2011対応CPUはCore i7-4770Kに負ける場合がほとんど。

 というところ。Ivy Bridge-Eの発売は9月11日予定。もろもろかんがみて国内市場における予想実売価格はCore i7-4960Xが11万8000円前後、Core i7-4930Kが6万8000円前後、Core i7-4820Kが3万4000円前後でしょう。とはいえ、Sandy Bridge-E世代の最上位であるCore i7-3960Xが10万円前後ぐらいですから、性能も省電力性も上のCore i7-4930Kはかなりお買い得に見えてきたイッペイでした。

■関連サイト
インテル

【大好評の週アス増刊に 速くて安い!ゲームPC自作が登場!】

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

56人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

4,980円〜

39人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

11,980円〜

11人が購入

Amazon.co.jp