2013年08月19日18時00分

情報社会のキーパーソン3人が語りまくるシンポジウムが9月27日に開催

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
アスキー総研シンポジウム

 角川アスキー総合研究所の主席研究員たちによるシンポジウムが、9月27日に開催される。企業の経営層、起業家、事業企画部門、研究者、クリエーターらが対象の、メディア、インフォメーション、エンターテインメントのこれからを語りつくすイベントだ。

 メインのディスカッションに参加するのは、角川アスキー総研の主席研究員3名。

アスキー総研シンポジウム アスキー総研シンポジウム

 MITメディアラボ所長の伊藤穰一氏(左)と、株式会社ドワンゴ代表取締役会長の川上量生氏(右)。

アスキー総研シンポジウム アスキー総研シンポジウム

 Rubyアソシエーション理事長のまつもとゆきひろ氏(左)もディスカッションに参加する。また、スペシャルゲストとして慶応義塾大学環境情報学部長の村井純氏(右)も登場する予定です。

アスキー総研シンポジウム アスキー総研シンポジウム

 司会を務めるのは、週アス本誌連載の「神は雲の中にあられる」でもおなじみの、角川アスキー総研取締役主席研究員、遠藤諭氏。主催は、株式会社KADOKAWA取締役会長であり、株式会社角川アスキー総合研究所代表取締役社長でもある角川歴彦氏だ。

 近年のインターネットやスマートフォンなどの情報イノベーションによって、私達の生活がどう変わっていくのかについて、業界屈指の論客たちがホットな激論をディスカッション形式でお届けする。

 会場は東京都港区赤坂の明治記念館。参加費やチケット申し込みの詳細などの詳細は公式サイトを参照されたい。

※2013年8月19日 一部レイアウトを変更いたしました。

■関連サイト
角川アスキー総合研究所 シンポジウム

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking