2013年08月04日16時00分

新型はiPhone6?廉価版はiPhone5C?Apple噂まとめ(7/28〜8/3)|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 国内外の噂系サイトで7月28日から8月3日までに出回った内容をまとめました。廉価版iPhoneの正式名称はいまだ判明していませんが、これまではiPhone Liteかと言われていました。しかし、ここにきてiPhone5Cだという噂も出てきました。CはColorのCかと思われますが情報は錯綜しています。また、長らく噂されてきたiPhone5Sへの指紋認証技術の搭載ですが、iOS 7のベータ版に搭載をにおわせる記述があったことから、こちらは確実のようです。ちなみに次期iPhoneはiPhone5Sではなく、iPhone6だという噂もあります。

7/28 廉価版iPhoneの正式名称はiPhone5Cか
「気になる、記になる…」(外部サイト)によると、WeiPhone(外部サイト)にiPhone5Cと書かれた廉価版iPhoneのようなパッケージが投稿されていたとのこと。このパッケージはiPod touchなどと同様の樹脂製となっています。廉価版iPhoneはiPhone Liteと呼ばれたりもしましたが、iPhone5Cのほうがネーミングとしていいですよね。CはColorのCなんでしょう、きっと。ガセだという噂もありますが。

7/29 ボブ・マンズフィールドが役員から外れる
9 to 5 Mac(外部サイト)によると、Appleのテクノロジー担当副社長のボブ・マンズフィールド氏が同社のウェブサイトの役員情報のページ(外部サイト)から削除されているとのことです。ただし、退社したわけではなく、ティム・クックCEOのもとで特別なプロジェクトに取り組んでいるそうです。役員を辞する必要があるほどのプロジェクトってなんなんでしょうね。

このニュースは8月2日に更新されました。9 to 5 Mac(外部サイト)によると、マンスフィールド氏のこれまでの担当業務はハードウェア・エンジニアリング担当上級副社長のダンリッチ・リッチオ氏とオペレーション担当上級副社長のジェフ・ウィリアムズ氏が引き継ぐそうで、ボブ・マンズフィールド氏はやはり特別プロジェクトに集中するそうです。それだけ重要なプロジェクトなんですね。

7/29 中国でジーニアスバーの予約権をダフ屋が販売
9 to 5 Mac(外部サイト)によると、中国のアップルストアでジーニアスバーの予約権を転売していたダフ屋がいたそうです。1件あたり10元(約160円)で販売されているそうです。なんでも商売にするんですね。

7/29 ペガトロンがiPhone5Cの生産を開始か
iLounge(外部サイト)によると、台湾ペガトロン社がプラスチックボディーのiPhoneの生産を開始していとのこと。これはつまりiPhone5C(廉価版iPhone)のことを差していると思われますが、7月9日の時点ではまだ量産されていなかったとも伝えています。

7/30 iOS 7 beta 4が登場
9 to 5 Mac(外部サイト)によると、iOS 7 beta 4がリリースされたそうです。主な変更点は、ロックスクリーン/電話アプリ/カメラアプリ/Newsstandアプリ/Spotlight機能などのUIの改良、通知センターの各パネルをスワイプで切り替え可能などとなっています。UIまわりの変更が多いことから、そろそろシステム的には固まってきたということかもしれません。

7/30 iPhone5Sが指紋認証機能を搭載するのは確実
9 to 5 Mac(外部サイト)によると、iOS 7 Beta 4に「BiometricKitUI.axbundle」と呼ばれるフォルダーが発見されたとのこと。Biometricは、生体認証という意味です。iOSにこれがあるということは、指紋や声紋、虹彩などの認識技術が搭載されることを示しています。これまで噂になっているのは指紋認証だけなので、この情報だけでもiPhone5Sに搭載されるのは間違いないかと。さらにコードでは、指紋認証はホームボタン上に搭載され、ロック解除に使われるとのこと。

7/30 OS X Server Preview 4がリリース
Apple Insider(外部サイト)によると、AppleはOS X Server Preview 4を開発者向けにリリースしたとのこと。iOS 7のベータ版となんだか足並みが揃っているので、もしかしてiOS 7もOS X MavericksもOS X Serverも9月に出ちゃったりして。

7/30 Apple TVでiTunes Storeからの楽曲を購入可能に
MacRumors(外部サイト)によると、Appleが開発者向けにリリースしたApple TV Software beta 3では、iTunes Storeから楽曲の購入が可能になっているそうです。Apple TVはストレージを内蔵していないので、ローカルに保存することはできないと思いますが、Apple TVで購入した楽曲をMacやWindowsマシン、iOSデバイスなどで同期できるようになるのでしょう。

7/30 ティム・クックが中国の通信会社と会談
9 to 5 Mac(外部サイト)によると、ティム・クックCEOが中国のチャイナ・テレコムやチャイナ・ユニコム、チャイナ・モバイルと会談を行ったそうです。iPhone5C(廉価版iPhone)がらみの会談なんでしょうか。

7/30 次期iPhoneの名称はiPhone6か
「ガジェット速報」(外部サイト)によると、信頼できる情報筋からの情報として9月にも登場すると考えられている次期iPhoneの名称は、iPhone5SではなくiPhone6となるとのこと。次期iPhoneは、メジャーバージョンアップという位置づけになるために、iPhone6の名称が付与されるようです。形状が変わらないといわれているだけにユーザーはiPhone5の進化版と捉えると思いますが、どうなんでしょうかね。

7/30 Apple製品の組み立て工場が労働監視団体からクレーム
EMSOne(外部サイト)によると、ニューヨークの非営利組織「チャイナ・レイバー・ウオッチ(China Labor Watch)」(外部サイトが、台湾ペガトロン社の労働環境についての報告を公表したとのこと。それによると、従業員の給料差し引き、長時間労働、身分証明証の取り上げ、劣悪な生活状態——の規則違反がみられるとのこと、同時に汚水の不法排水も行われているそうです。ペガトロンはiPhone5C(廉価版iPhone)の製造を請け負っている言われています。Appleが直接関与することはないとはいえ、気になる話です。

7/30 インドネシアではスマホ市場をサムスンが独占
EMSOne(外部サイト)によると、インドネシアでは一般的な携帯電話からスマホへの世代交代が進んでいるとのこと。携帯電話全体に占めるスマホの割合は2012年の13〜15%から、2013年は20〜25%までに上昇したようです。スマホの主流は2万円程度の低価格機のため、上位はサムスンが占めているようですね。iPhone5C(廉価版iPhone)でAppleがどこまで市場に食い込めるのか、今後に期待したいところです。

7/30 フォックスコンが6万円弱の60インチ液晶テレビを製造か
EMSOne(外部サイト)によると、米ヴィジオ社が60インチの液晶テレビを588ドルで販売する見込みとのこと。同社は2012年に60インチの液晶テレビを688ドルで販売した実績があり、2013年はさらに100ドル下げた製品を販売するようです。このテレビの組み立ては、前年同様に台湾フォックスコン社が製造するようです。60インチといえば、AppleのiTVをどうしても連想してしまいますが、フォックスコンに任せれば、同じ価格帯での販売も可能かもしれませんね。世界で大量の同一製品を販売しているアップルなら、400ドル台での販売も夢ではないでしょうね。

7/30 2013年のタッチパネルの出荷量は19%アップ
EMSOne(外部サイト)によると、市場調査会社NPDディスプレイ・サーチ社が2013年のタッチパネル世界出荷量が前年比19%増の15億7000万枚に達するとの見通しを示したそうです。スマホやタブレット端末の製造台数が増えていることの裏付けになるでしょうね。

7/30 iPhone5S用に9万人の大規模雇用を実施
BGR(外部サイト)によると、台湾フォックスコン社がiPhone5SやiPhone5C(廉価版iPhone)の製造のために9万人の雇用を確保する見込みとのこと。次期iPhoneの9月販売に向けて、動き出したという感じですね。

7/31 Appleの車載情報システムにホンダや日産が参入
EMSOne(外部サイト)によると、Appleが開発中の車載情報システムを、ホンダや日産などの日本企業のほか、米ゼネラル・モータースや韓国ヒュンダイ社などが採用すると予想しています。車載情報システムについてはすでに、米マイクロソフト社や米グーグル社、加ブラックベリー社(旧RIM社)などが参入済みなので、規定路線かと。WWDC 2013でiOSの車載システムは発表済みですしね。

7/31 iPhone5Sのホームボタンへのサファイヤ搭載は確実
EMSOne(外部サイト)によると、Appleが間もなく発表する次期iPhone(iPhone5S)で、サファイヤ基板を従来の背面カメラに加え、ホームボタンを採用するとのこと。これにより、1台あたりのサファイヤの使用量はこれまでの4倍に拡大するそうです。関連会社の株価が上がるかもしれないですね。

7/31 日本のスマホ普及率は中国の半分
グーグルジャパン(株)(外部サイト)によると、日本のスマートフォン普及率は中国の半分程度とのことです。中国だけでなく、日本はほかの主要国と比べても低いそうです。ただし、日本は有料アプリのインストール数が世界で最も多いそうです。日本の一般的な携帯電話はガラケーと揶揄されることもありますが高機能すぎたため、スマホの必要性があまり感じられないユーザーも未だに多いのでしょうね。実際、バッテリーの持続時間などを考えると仕事用はガラケーという人も多いですし。

7/31 iPhoneのイベントは9月6日
WCCFtech(外部サイト)によると、Appleは次期iPhoneを披露するイベントを9月6日に開催するという噂があると伝えています。Appleは新製品を月曜日(日本時間で火曜日早朝)に発表することが通例になっているので、この噂が本当なのかは微妙ですが。

8/1 OS X 10.8.5 Build 12F30をリリース
9 to 5 Mac(外部サイト)によると、「OS X 10.8.5のベータ版を開発者向けにリリースしたとのこと。ビルド番号は12F30です。フォーカスエリアは、Wi-Fi、描画、スリープからの復帰、PDFの表示とアクセシビリティ、モバイルデバイス管理——となっています。

8/1 iPad miniの次期モデルは非Retina
9 to 5 Mac(外部サイト)によると、Apple A6を搭載したiPad miniをテストしていることをうかがわせる記述がiOS 7 SDKで見つかったとのこと。具体的にAppleは、iPad2,8(コードネームJ75)、iPad2,9(コードネームJ76)、iPad2,10(コードネーム=J77)と名付けられた3モデルのiPad miniを予定しているそうです。現行のiPad miniは、iPad2,5、iPad2,6、iPad2,7なので、それに続く順番から次期モデルと予想しています。そして、次期iPad miniにはApple A6チップ(s5l8950x)を搭載し、Retinaディスプレイは非搭載とのこと。新旧モデルとも3つの型番があるのは、Wi-Fi版と2種類のセルラー版があるからです。

8/1 Apple A7チップの一部はサムスン製か
9 to 5 Mac(外部サイト)によると、次期iPhone5Sなどに搭載されるとの噂のApple A7チップには、韓国サムスン電子社の部品が搭載されるとのこと。iOS 7ベータ版のシステムファイルか「s5l8960x」という記述が見つかっており、これはApple A7のことを指すそうです。そして、そのチップには「Samsung」の記述があるそうです。サイトでは、ディスプレイを動作させる部品がサムスン製と予想しています。

8/1 iPhone5Cケースは日本でも予約可能
日本のアマゾン(外部サイト)で、エラゴ社がiPhone5C用ケースの予約を開始しているそうです。入荷日は8月26日だそうです。

8/1 Retina版のiPad miniは来年初頭に登場か
ウォールストリートジャーナル(外部サイト)によると、Retinaディスプレイを搭載したiPad miniは10〜12月に量産が開始されるそうです。サイズは従来同様の7.9インチで、カラバリが用意されるかもしれないとのこと。この液晶パネルは、韓国のサムスン・ディスプレイ社とLGディスプレイ社が供給するそうです。

8/1 廉価版iPhoneの背面カメラは800万画素
「気になる、記になる…」(外部サイト)によると、中国のIT168というサイトがiPhone5C(廉価版iPhone)のカメラモジュールの画像を公開しているとのこと。iPhone5と同じ800万画素のモジュールのようです。

8/1 第5世代iPadはより薄く、より軽く
Phone Arena(外部サイト)によると、FanaticFoneというサイトが第5世代iPadのボディーの画像を公開しているとのこと。この背面パネルの重さは約100g、サイズは幅168×高さ240mmとなっており、現行モデルは幅185.7×高さ241.2mmとなので明らかにコンパクトになっているもようです。前面がベゼルレスデザインになることで幅が18mm程度細くなるのでしょう。

8/1 iPhone5Cの前面パネルの画像が流出
@C科技氏(外部サイト)がiPhone5C(廉価版iPhone)の前面パネルの画像を公開しています。iPhone5と酷似しているものの、細部が異なるそうです。すでに週刊アスキーとMacPeopleではiPhone5Cと思われるパーツを入手済みですが、これらが本当にiPhone5Cのパーツであるならば、チープ感はあまり感じないと思います。

8/1 サムスンが有機ELの生産を強化か
EMSOne(外部サイト)によると、韓国サムスン電子社はドイツの有機ELメーカーであるノヴァレッド社の買収を計画しているそうです。買収金額は約2億ドルのようです。

8/1 コンパル通信がiPad miniの製造を受注
EMSOne(外部サイト)によると、台湾コンパル通信がiPad miniのサプライチェーン入りするとのこと。具体的には、台湾フォックスコン社の傘下である、冨華工業社と鴻富錦精密電子社が保有する65億ニュー台湾ドルに上る生産設備機器を米アップル(Apple)に売却すると公告したそうです。この設備はAppleではなくコンパル通信の南京工場へと移設されるそうです。

8/1 TSMCがApple向けチップを米国で生産?
EMSOne(外部サイト)によると、ウェハーファウンドリで世界最大手の台湾TSMC社が米国で人材を募集しているとのこと。具体的には、ニューヨーク北部のフィッシュキル近郊で人材募集の説明会を開催したそうです。Appleは、米国生産へのシフトをアピールしているとところですし、ちょっとキナ臭い話ですね。

8/2 Androidの世界シェは80%
リンゲルブルーメン(外部サイト)によると、米国の市場調査会社であるSAは、2013年第2四半期(4〜6月)のスマートフォン販売台数のシェアでAndroid端末が79.5%になったとのこと。前年同期は65.9%から14%の伸びで、販売台数は1億8260万台とのこと。iPhoneのシェアは3%減の13.6%らしいです。また、Windows Phoneのシェアは890万台でシェアは3.9%だそうです。ちなみにこれは、供給量のシェアらしいので実際の数字は少し変わるかもしれません。iPhoneはシェアを落としていますが、販売台数自体は前年同期から520万台も増えているそうです。

8/2 iPhone5Sの各種画像が公開
iPhone関連の確度の高い噂を流しているソニー・ディクソン氏(外部サイト)が、iPhone5Sと思われる部品写真を多数公開しているとのこと。これだけ見ても、イマイチなにかわかりませんね。

8/2 次期iPod touchも9月に発売
Apple Insider(外部サイト)によると、MENGTORというパーツ販売会社が次期iPod touch用とされるフレキシブルケーブルを販売しているそうです。このケーブルは音量調節ボタンのようで、現行の第5世代iPod touchとは大きく形状が変わっているそうです。

8/2 Appleが低消費電力のチップ開発会社を買収
9 to 5 Mac(外部サイト)によると、Appleは低消費電力のワイヤレスチップを開発する米パッシフ・セミコンダクター社を買収したとのこと。同社は、Bluetooth LEと呼ばれる低消費電力の規格をベースとした通信チップを開発しているとのこと。サイトでは、iWatchの開発のためではないかと予想しています。

8/2 iPhone5Sのホームボタン部品の写真が流出
Nowhereelse.fr(外部サイト)によると、iPhone 5Sとされるホームボタン固定用の部品の写真を公開しています。iPhone5とは形状が若干異なっています。

8/2 第2世代iPad miniの背面パネルの画像が流出
FanaticFone(外部サイト)によると、第5世代iPadの画像に続いて第2世代iPad miniの背面パーツの画像を公開しています。全部で8枚の写真が公開されていますが、現行モデルとどこが違うのかは目視では判断できません。

8/2 Appleが再び時価総額1位に返り咲く
Fortune(外部サイト)によると、Appleの時価総額が世界1位に返り咲いたとのこと。8月1日の市場終了時点の時価総額が4148億ドルで、それまで1位だったエクソン・モービルが4123億ドルとなり、順位が逆転しました。公開されている株価の推移をみると、2012年1月から2013年1月までは株価でエクソン・モービルをぶっち切ってましたが、今回の1位はいつ逆転されてもおかしくない拮抗した状態であるということがわかります。とはいえ、エレクトロニクスメーカーが、石油生産を軸とするスーパーメジャーを追い抜くこと自体、すごいことです。

8/2 Apple Storeの直営店が表参道にオープン?
「気になる、記になる…」(外部サイト)によると、「オフィス情報最前線」(外部サイトというサイトが伝えた情報として、Appleが東京・表参道にApple Storeの路面店の建設を予定しているとのこと。届け出標識によると2014年2月末の竣工予定で、早ければ1カ月後の3月にオープンするかもしれないとのこと。場所まで特定されています。表参道は東京メトロ副都心線と東急東横線の乗り入れが実現したことにより、横浜方面からのアクセスが便利になっています。副都心線はそれ以前から、西武池袋線や東武東上線、有楽町線などと相互乗り入れも実施しているので東京北部や埼玉からのアクセスも便利です。これまで何度か候補に上ったということですが、周辺環境の変化や若年層へのiOSデバイスの普及を考えると、可能性は高いのかもしれませんね。

【MacPeopleデジタル版をNewsstandでも配信中!】

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!