2013年07月22日21時00分

全ユーザーにお勧め!ファイルやフォルダーのリネームに効く最強ツール|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

MacApp

『Rename It』
バージョン:1.4.1
価格:250円
(バージョンと価格は記事作成時のものです)
(c)Avery deGruchy

AppStore アプリをダウンロード

 みなさん、こんばんは。MacPeople編集部・編集長の吉田でございます。さて、今回紹介するアプリは『Rename It』。名前のとおり、ファイルやフォルダーの名称を変更してくれるツールです。ちょっと地味ですが、編集者にはなくてはならないものです。複数のファイルを一括変更できるので写真の管理などでも重宝するでしょう。

 実はこれまで、お気に入りのリネームアプリがあったんですが、最近は開発が止まっているらしくMountain Lionではちょいちょい不具合が出ていました。そこで探し出したのがこのアプリなんです。

MacApp

 まずは、名称を変更したいファイルやフォルダーを操作画面の上部にドラッグ&ドロップで登録しましょう。

MacApp

 次に操作画面の中ほどにある「Step 2: Set your rules:」で処理内容を選びます。ここではまず、テキストを追加する「Add Text」を試してみましょう。設定を「after the base name」に変更すると、ファイル名の末尾に入力した文字が追加されます。

MacApp

 設定を「before the base name」に変更すると、ファイル名の先頭に文字が追加されます。

MacApp

 次にタイムスタンプ(年月日)をファイル名に挿入してみましょう。「Step 2: Set your rules:」を「Add Date」に変更します。

MacApp MacApp

 タイムスタンプとファイル名は、ダッシュ(-)やピリオド(.)、アンダースコア(_)などで区切れます(左)。また、年月日の並びは9種類から選べます。

MacApp

 お次は表記統一。「Step 2: Set your rules:」を「Change Case」に変更すると、ファイル名の先頭だけを大文字にできます。

MacApp MacApp

 「base name」を「UPPERCASE」にすればすべて大文字、「lowercase」にすればすべて小文字になります。英語表記ですが、メニューの文字でどういう処理かわかりますね。

MacApp

 ファイル名の指定した位置にテキストを挿入するという高度なワザも使えます。「Step 2: Set your rules:」を「Insert Text」に変更して、「Insert」欄に挿入したいテキストを入れます。

MacApp

 その右隣の数字を1にすると先頭1文字目の後ろ、2にすると2文字目の後ろにテキストが挿入されます。これは便利ですね。

MacApp MacApp

 もちろん、文字を消すことも可能です。「Step 2: Set your rules:」を「Remove Text」にすると、先頭(begining)、末尾(end)から指定した数値の文字を消せます。また、先頭から3つ目の文字の後ろを2文字消すという高度な消去も可能です。

MacApp

 まだあります。「Step 2: Set your rules:」を「Replace Text」にすると、指定した文字を置換できます。

MacApp MacApp

 最後に複数のファイルに通し番号を付けてみましょう。「Step 2: Set your rules:」を「Make Sequential」にすれば、ファイル名の先頭や末尾に番号を付けられます。追加する番号は1ケタ(1、2、3)はもちろん、2ケタ(01、02、03)や3ケタ(001、002、003)にすることもできます。

 英語表記で取っつきにくいと感じるかもしれませんが、変更内容をプレビューできるので、最初は処理内容がわからなくてもすぐに理解できるので心配なしです。高機能リネームアプリを探していた人は、もうこれでキマリでしょう。

AppStore アプリをダウンロード

【MacPeopleデジタル版をNewsstandでも配信中!】

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!