2013年07月21日16時00分

iPhone5Sは年末、iPhone Liteは9月?Apple噂まとめ(7/14〜7/20)|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 国内外の噂系サイトで7月14日から20日までに出回った内容をまとめました。iPhone5Sが液晶サイズの変更により製造が遅れているという噂が急遽出てきました。製造の遅延はともかくとして、このタイミングで液晶サイズを変える狙いがいまひとつわかりませんね。廉価版iPhoneは、iPhone Liteという名称で市場に投入されるようです。

7/15 iOSデバイスの生産業者が増加
EMSOne(外部サイト)によると、AppleがiPhoneやiPadの生産委託について戦略の調整を行ったとのこと。従来iOSデバイスの組み立ては、台湾のフォックスコン社、ペガトロン社が受注していましたが、ウィストロン社、コンパル通信社、インベンテック社の台湾の3社がサプライヤチェーンに加わるそうです。新たに加わった3社は、2014年から製品を供給するそうです。廉価版iPhoneなど、iOSデバイスの製造量は増えると思われますので、それを見越した判断なのでしょうか。それとも、既存2社からの乗り換えを考えているのでしょうか。

7/15 Retina仕様のAmazon Kindleは8月発売
EMSOne(外部サイト)によると、Amazonは次世代のKIndle端末を2013年第3四半期(7〜9月)に出荷する予定とのこと。台湾紙「経済日報」が伝えたニュースのようです。出荷規模は100万台で、製造は台湾コンパル社が行うそうです。同社が製造するのは、Kindle Fire HDシリーズのようです。先週の噂で7インチのKindle Fire HDは、液晶の解像度が1920×1200ドットのフルHDクラスと言われていましたので、7インチタブレットとしてはiPad miniに先駆けて高解像度の液晶を採用することになりそうです。

7/15 AppleがiWatch開発のためのエンジニアを募集
MacRumors(外部サイト)によると、AppleはiWatchの開発に向けて、ここ数週間で多くのエンジニアを雇用していると、Financial Timesが伝えたとのこと。また、専門知識のある企業の買収も検討しているとのこと。このことから、iWatchの発売は遅れるのではないかと予想しています。確かにこのタイミングでの募集ということは、まだまだ問題が山積ということでしょうか。

7/15 Apple A9チップはサムスンが製造
The Korea Economic Daily(外部サイト)によると、韓国サムスン電子社は2015年からApple Aシリーズを製造・供給するとのこと。Apple A8は台湾TSMC社が請け負うという噂がありましたが、A9で再奪取に成功したようです。サムスンが14ナノプロセスでの製造設備を整えたのが再奪取につながったようです。このA9チップは2015年に発売予定のiPhone7に搭載されるとのこと。

7/15 次期iPad miniはRetina化しない
DigiTimes(外部サイト)によると、Retinaディスプレイを搭載したiPad miniの量産は2013年第4四半期(10〜12月)まで開始されない可能性があり、発売は2014年になるとのこと。iPad mini Retinaは2048×1536ドットの液晶パネルを搭載し、従来以上のベゼルレスデザインになるそうです。このため、2013年度中には従来機と同じ解像度の新製品をリリースする可能性があるそうです。このiPad miniも、20〜30%ほど軽量化されベゼルも細くなるそうです。ということは、2013年にリリースされるモデルがデザインが変更され、そのデザインを踏襲したRetinaモデルが2014年の前半に出るのかもしれませんね。

7/15 iPhone5Sの量産が開始
BGR(外部サイト)によると、サプライチェーンからの情報としてiPhone5Sの量産が7月後半から始まるとのこと。高性能なCPU、指紋認証機能が搭載されるそうです。発売は9〜10月あたりになると予想しています。

7/15 廉価版iPhoneのグリーンモデルの写真が流出
iPhoneのリーク情報でおなじみのソニー・デッックソン氏(外部サイト)が廉価版iPhoneのグリーンモデルの写真をTwitterに投稿しています。SIMカードスロットや各種ボタンの穴が空いているほか、一部のボタンパーツも撮影されています。同氏のTwitterには、さまざまなリーク画像が毎日のように投稿されているので気になる方はフォローしましょう。

7/15 サムスンがAmazonやソニーにチップ売り込み
EMSOne(外部サイト)によると、韓国サムスン電子社は米アマゾン社やソニー(株)、米エヌビディア社にスマホやタブレット端末向けのプロセッサー製造の売り込み攻勢をかけているとのこと。「The Korea Times」が伝えた記事のようです。サムスンはAppleからApple A9チップの製造を請け負ったという噂もありますが、これは2015年まで量産されないようなので、その穴を埋めるための売り込みなのでしょうか。

7/16 iPhone5Sの初期ロットは少ない?
DigiTimes(外部サイト)によると、iPhone5Sに搭載される指紋認証チップや関連部品の歩留まりが悪く、初期ロットの出荷台数に影響を与えるかもしれないとのこと。指紋認証チップなどの量産は6月末から7月初旬に開始予定だったはずが、7月末に延びたそうです。初期ロットが減るということは、販売地域が絞り込まれる可能性もありますね。昔のように米国で発売後、1〜2週間後に主要各国でリリースされるとか。

7/16 AppleがCMスキップ機能を提供
CNET(外部サイト)によると、Appleはテレビサービスの開始に向けてCMのスキップ機能を提供するかもしれないとのこと。この機能はプレミアムサービス向けに組み込まれるということなので、CMスポンサーに対して何らかの補償があるんでしょうか。

7/16 iPhone5Sの詳細な仕様が流出
EXPreview(外部サイト)によると、iPhone5Sの新たな画像と仕様が流出したそうです。具体的には、CPUはA6プロセッサ−、GPUはPowerVR SGX 554MP4、液晶は4インチ(1136×640ドット)のIGZO、内蔵メモリーは2GB、内蔵カメラは1200万画素、LTE-Advanced対応——というスペックです。

7/16 AppleがKinect基幹技術の会社を買収?
The Verge(外部サイト)によると、Appleがイスラエルのプライムセンス社に買収提案を実施したとのこと。同社は、米マイクロソフト社のXboxなどで使われているKinectのモーションセンサー部分の技術を提供している会社とのこと。iTV向けの戦略でしょうか。

7/16 iWatchの発売は2014年後半までずれ込む?
EMSOne(外部サイト)によると、iWatchに開発に遅れが生じており、発売が2014年の下半期になる可能性があるそうです。英国のフィナンシャル・タイムスが伝えたニュースとのこと。iWatchの製造は台湾フォックスコン社で、iWatchのコネクターなどの部品は同社傘下のフォックスリンク社が供給しているそうですが、どこに問題が発生したのでしょうか。

7/17 iPhone5Sは7月後半から量産開始
All Things D(外部サイト)によると、Appleのサプライチェーンからの情報としてiPhone5Sが7月後半から量産されるとのことす。また、廉価版iPhoneについては、300〜400ドル程度になるそうで、それほど廉価ではないようです。

7/17 iTVの液晶パネルはLGが独占供給
EMSOne(外部サイト)によると、Appleが開発中と噂されているiTVの液晶パネルを、韓国LGディスプレイ社が独占供給するとのこと。2013年第3四半期(7〜9月)に試作、第4四半期(10〜12月)に量産体制に入るとのこと。なお、組み立ては台湾フォックスコン社が行うようです。Appleは、独占供給は好まない傾向がありますが、これが事実だとしたら世界同時発売はやらないんじゃないでしょうか。供給量には限界があるでしょうから、まずは北米限定など販売地域を絞った発売になるのかもしれませんね。

7/17 iPhone5Sは液晶サイズの変更で発売遅延か
ブルームバーグ(外部サイト)によると、iPhone5Sは従来の4インチより広い4.3インチの液晶パネルを採用するため、製造が遅れているとのこと。iPhone5Sは9〜10月の発売が噂されていましたが、この変更により発売が年末にずれ込むそうです。これはガセネタだと思います。4インチの廉価版iPhoneがリリースされるという状況の中、わざわざ少しだけ広い液晶を搭載するiPhoneを同時期に出すとは思えません。

7/18 廉価版iPhoneのピンクモデルの画像が流出
cnBeta(外部サイト)によると、廉価版iPhoneのピンクモデルとされる写真が流出したとのこと。かなり彩度の高いピンクです。

7/18 OS X 10.8.5 Build 12F23がリリース
9 to 5 Mac(外部サイト)によると、Appleは開発者向けにOS X 10.8.5をリリースしたとのこと。ビルド番号は12F23です。フォーカスエリアは、Wi-Fi、描画、スリープからの復帰、PDFの閲覧とアクセシビリティ、モバイルデバイス管理——となっています。

7/18 次期Nexus 7は30ドルの値上げ
Android Central(外部サイト)によると、次期Nexus 7の16GBモデルは229ドルになるとのこと。32GBモデルは269ドルのようです。円安なので日本国内ではどうなるのでしょうか。また次期Nexus 7は、4コアのSnapdragon 600を搭載するそうです。

7/18 iPad miniの製造業者を急遽変更か?
EMSOne(外部サイト)によると、Appleは次期iPad miniの生産から台湾ペガトロン社を外し、台湾フォックスコン社にすべての製造を任せるそうです。

7/19 中国の携帯電話はAppleとサムスンでシェア過半数
EMSOne(外部サイト)によると、中国の携帯電話販売チェーン最大手である「D.PHONE」が2013年上半期の販売データを公表したとのこと。それによると、海外ブランドが占める割合が65%になっているそうです。その中で、Appleとサムスンが55%を占めるそうです。

7/19 LTEのつながりやすさはドコモ、アップロードはauが最強
日経BPコンサルティング(外部サイト)が「第2回全国LTE/4Gエリア調査」の結果を公表しました。「ウォーターパーク・海水浴場」「道の駅」、展望施設のある「高層ビル・タワー」などを含む全国1793カ所で2147カ所のポイントで測定したそうです。LTE/4Gエリア化率が最も高かったのはドコモで98.6%。エリア拡大率が最も高かったのはソフトバンクとのこと。auはAndroid端末のエリアは広いが、iPhoneのエリアは狭いという結果になっています。通信速度は、ダウンロードではドコモ、アップロードではauという結果が出ています。計測した機種や方法などはリンク先の外部サイトを参照してください。

7/19 iPhone5Sの指紋認証センサーは液晶埋め込み型
Apple Insider(外部サイト)によると、iPhone5Sに搭載される指紋認証技術は液晶パネルの下に埋め込まれるとのこと。これはAppleが過去に買収した米オーセンテック社の特許技術で、液晶パネルの下に配置された薄膜センサーで指紋を認識するとのこと。ホームボタン下に搭載されるという噂もありましたが、正確に読み取るには液晶パネルのほうが効率がいいでしょうね。

7/19 iWork for iCloudのベータ版を一般ユーザーに公開
9 to 5 Mac(外部サイト)によると、Appleが開発者向けに提供していたiWork for iCloudのベータ版を一般ユーザーにも公開したとのこと。icloud.comにApple IDでアクセスすると、Keynote、Numbers、Pagesのアイコンが表示されます。このサービスを利用することで、ウェブブラウザー上でiWork書類の簡易編集が可能になります。iWorkがないWindowsユーザーとのやり取りがスムーズになりますね。

7/19 廉価版iPhoneは通信規格によって3モデルを用意
Phone Arena(外部サイト)によると、廉価版iPhoneはFDD、TDD/FDD、TDD/FDD/TD-SCDMAの通信規格をサポートするため、3モデルに分かれるそうです。ここまで具体的な情報がリークされるということは、発売は間もなくなんでしょうね。

7/20 廉価版iPhoneとiPhone5の比較写真
週アスPLUS(関連サイト)で、MOUMANTAIから入手した廉価版iPhoneのイエローモデルをiPhone5と比較した画像を公開しました。大きさはほぼ同じですが、エッジ部分が丸みを帯びています。形状は若干異なるものの、マイクやスピーカー、イヤホンジャック、Lightningコネクターなどの場所も同じです。

7/20 Appleがナビゲーション技術を持った企業を買収
ブルームバーグ(外部サイト)によると、Appleは米ホットストップ社を買収したそうです。この会社はナビゲーション技術を開発していたそうで、その技術を取得するための買収のようです。

7/20 次期Nexus 7は1.5GHzのクアッドコアCPUを搭載
Engadget(外部サイト)によると、次期Nexus 7は1.5GHzのクアッドコアCPU、1200万画素の背面カメラ、ワイヤレス充電機構を搭載し、OSはAndroid 4.3になるそうです。

7/20 次期Nexus 7は7月24日に発表され、31日に発売か
Engadget(外部サイト)によると、次期Nexus 7は7月31日に発売されるとのこと。発表自体は、米グーグル社が開催する7月24日のイベントで行われる見込みです。グーグルのこれまでの販売方法からすると、まずは北米のGoogle Playで販売されたあと、数カ月後に日本発売ということになるでしょうね。

7/20 廉価版iPhoneはiPhone Liteという名称になる?
cnBeta(外部サイト)よると、中国版TwitterといえるWeiboユーザーの@C科技氏が、廉価版iPhoneはiPhone Liteという名称になると伝えています。主な仕様は、4インチの液晶パネル、800万画素のiSight(背面)カメラ、1GBのメモリー——などとなっています。

【MacPeopleデジタル版をNewsstandでも配信中!】

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!