2013年07月04日21時00分

iPhoneのシェイク機能は使わなきゃソン! いつでもシャッフル再生|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 iPhoneやiPadの操作に役立つ便利なテクニックをご紹介。今回は、“シェイク”操作でできる裏ワザをご紹介します。

 iPhoneに音楽を入れて、iPod代わりに使っている方も多いことでしょう。「ミュージック」アプリを開いている状態でiPhoneを"シェイク”(iPhoneを振る)すると、再生しているアーティスト/アルバム/プレイリスト内で曲順をシャッフルできるのはご存知ですか? アルバムの曲順やあいうえお順ではなく、ランダムに曲を再生できる便利な機能です。

iphoneshake
iphoneshake

 再生中にiPhoneをシェイクすると、「シャッフル」アイコンに色が付きました。

iphoneshake

 しかしこの曲順のシャッフル機能、音楽をバックグラウンドで再生しながらほかのアプリを操作しているときは使えません。画面で曲送り操作ができないからこそ、この機能が使えると便利なのですが、そこで使いたいのがマルチタスクバーを右にフリックすると現れるコントロール画面ですよね。

iphoneshake

 実はこのマルチタスクバーを開いている状態でiPhoneをシェイクすると、シャッフル機能が使えます。ほかのアプリを操作中に曲を切り替えたくなったら、ホームボタンの2度押し→右へフリックして、iPhoneを振ればいいのです。

iphoneshake iphoneshake

 また、iPhoneにロックがかかっている状態でもシェイクは機能しませんが、ホームボタンを2度押ししてコントローラーを表示している状態なら、シャッフル機能が使えます。

iphoneshake

 逆にiPhoneを振ってしまってシャッフルしてしまうのが嫌なら、「設定」アプリの「ミュージック」→「シェイクでシャッフル」をオフにすることもできますよ。

iphoneshake iphoneshake

 もうひとつシャッフルで便利な機能と言えば、文字入力中のテキストの消去や、誤って消したテキストを入力し直せる機能。「メール」や「メモ」アプリで間違えてテキストを入力してしまったとき、iPhoneをシェイクすると「取り消す」というアラートが表示されます。テキストを消去して正しいものを入力しました!

iphoneshake iphoneshake

 反対に、間違えてテキストを消してしまった場合にシェイクすると、「やり直す」で入力し直せます。

iphoneshake iphoneshake

 最後にひとつ小ネタ。iPhoneを振る動作がどうしてもいやだという方は、「アクセシビリティ」の「Assistive Touch」をオンにすると、「デバイス」→「その他」→「シェイク」で同じように機能を使えます。詳しくはこちらの記事を参考にしてください(iPhoneのホームボタンを使わない方法)。シェイクの場合は、iPhoneを振るよりも手順が多いことが難点ですが……。

■iPhoneやiPadの入力が便利になるその他のテクニック
長押しでできるテクニック6
フリックテクニック4
スワイプで作業をひと手間減らすテクニック4
便利なタップテクニック4

【MacPeopleデジタル版をNewsstandでも配信中!】
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円で読めます

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

56人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

3,980円〜

39人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

10,380円〜

11人が購入

Amazon.co.jp