2013年06月28日22時00分

ネット選挙運動解禁、立候補予定者・政党のネット活用状況ランキングを発表

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 7月に予定されている参議院選挙から、ネットでの選挙運動が解禁されます。では、立候補予定者や政党は、ネットを、特にソーシャルメディアを、いまどんなふうに活用しているのでしょうか。

 角川アスキー総合研究所で調べてみた結果がこちら。まずは政党別の活用状況です。

ネット選挙運動解禁、立候補予定者・政党のネット活用状況ランキングを発表!!
角川アスキー総合研究所調べ(6月27日時点)

 各政党の公式アカウントの、Twitterフォロワー数、Facebookページのいいね!の数、YouTubeとニコニコ動画の再生回数を集計してみました。Twitterのフォロワー数ではみんなの党とほぼ並んでいますが、他のサービスでは自民党が2位以下の政党を大きく引き離しています。

 続いて、立候補予定者別の活用状況です。

ネット選挙運動解禁、立候補予定者・政党のネット活用状況ランキングを発表!!
角川アスキー総合研究所調べ(6月27日時点)

 ざっと見渡すと、自民党所属者が多いように見えますが、個々のサービスごとに、立候補予定者の顔ぶれに特色があります。美人すぎる〜とかですね。

 上の2つの表は、角川アスキー総合研究所の「ネット活用状況調査」で発表したもので、6月27日時点の調査結果です。

 この後も7月4日の公示日、そして7月21日の投開票日に向けて、各立候補予定者や政党のネット活用状況は、刻々と変わっていくと思われます。今後の推移は、commucom.jp「参院選2013ネット選挙運動特集」でほぼリアルタイムに、政党別や選挙区ごとなどで絞り込んで自由に見ることができます。ぜひご覧になってみてください。

 今回の「ネット活用状況調査」に関して、より詳しく解説するニコニコニュース特番「ネットが選挙を変える? 候補予定者&政党ネット活用度ランキング 角川アスキー総研プレゼンツ」を、6月29日(土)20時より放送します。
 角川アスキー総研のスタッフのほか、タレントの麻木久仁子さん、七尾功niconico政治担当部長が出演します。司会はニワンゴの杉本誠司社長。こちらもぜひご覧ください!!

■関連サイト
角川アスキー総合研究所
commucom.jp「参院選2013ネット選挙運動特集」
ニコニコニュース特番「ネットが選挙を変える?候補予定者&政党ネット活用度ランキング 角川アスキー総研プレゼンツ」

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking