2013年06月27日16時45分

BootCamp MacBook Airを速攻でWindows8.1化したのねん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
macBook AirをWindows8.1化

 本日からダウンロードがはじまったWindows8.1プレビュー版ですが、早速BootCampでWindows8にしたMacBook Airにも適用できるかどうか実験してみました。

MacBook AirをWindows8.1化

 まずは8.1更新プログラムのダウンロードページ(関連サイト)からダウンロード。ぐんぐんダイアログを進めてインストールします。

MacBook AirをWindows8.1化
MacBook AirをWindows8.1化
MacBook AirをWindows8.1化
MacBook AirをWindows8.1化
MacBook AirをWindows8.1化

 “一部の更新プログラム~”と出ましたが、気にせず“今すぐ再起動”をクリック。

MacBook AirをWindows8.1化
MacBook AirをWindows8.1化
MacBook AirをWindows8.1化
MacBook AirをWindows8.1化
MacBook AirをWindows8.1化

 再起動後、今度はタイルUIでWindows8.1 Proプレビュー版の更新プログラムのダウンロード&インストールがスタート。再起動するとセットアップ中に謎の金魚の出現。君たしか、Windows7のRC版でもいなかった?

macBook AirをWindows8.1化

 はい、出ましたスタートボタン。まあ、Windowsキー(MacBook Air 日本語機ボードだとコマンドキー)+“X”に慣れた人には、あまり必要ないでしょうけど、感慨深いものがあります。

macBook AirをWindows8.1化

 デスクトップオプションでは、サインイン時の最初に表示される画面をタイルUIではなく、デスクトップへ変更できます。こちらも問題なく適用できました。

 8.1化の所要時間は更新プログラムのダウンロード時間も含め、約1時間30分。いまのところきちんとMacBook Airでも使えてます。

■関連サイト
BUILD公式サイト
Windows8.1 Preview版ダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking