2013年05月31日05時07分

アップルがiPadを最大1.3万円ひっそり値上げ 比較表で見る新旧価格(追記)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 アップルユーザーにとって恐れていた日は思ったより早く来てしまいました。円安傾向はすでに明白な為替トレンドですが、それが5/31未明、ひっそりとアップル製品価格にも反映されはじめたことが判明しました。以下に、現状でわかる範囲での新旧価格比較を独自調査し、まとめてみます。

左がiPadシリーズ旧価格、右が新価格

アップル価格改定 アップル価格改定
アップル価格改定

 ざっとみたところ、iPad系の価格変更のみで、単価の高いMac系は現状維持ということがわかります。とはいえ、3万円を切る価格のiPadということで人気のあったiPad miniが4000円アップの3万2800円から、iPadシリーズの中では最高価格のRetina 128GBモデルに至っては1万3000円アップ(!)と、なかなかのインパクトです。
 意外な気もしてしまいますが、iPad2の価格も変更されてます。在庫品ではない、ということなのでしょうか。

【5/31 6:00追記】
 さらに調査を進めると、iPodシリーズについても価格改訂が及んでいることがわかりました(初出時から価格比較表もアップデート)。
 注目は昨日登場したばかりの『カメラなし新iPod touch』。発売後「北米では70ドル安いのに日本では2000円しか安くない」という声も上がりましたが、この“5000円ぶん相当の差”から何かを感じ取っておくべきだったということでしょう。一夜明けると、しっかりと5000円の価格差ができていたわけです。“ただし、カメラがあるほうのtouchが”。32GBモデルが5000円アップの3万9800円。iPod shuffleも4200円→4800円と、わずか600円とはいえ徹底した価格改訂をしています。

 現時点のアップルレート(アップル社内の為替レート)は100円前後のようです。Mac系は現状維持とはいえ、ずっとこのままという保証はありません。ではいつ変わるか?それは神のみぞ知る。

 ティム・クックCEOが登壇する年に一度のアップル開発者のお祭り、『WWDC2013』を目前に、Macを買おうかな?と思ってる人にとっては「新製品が出るかも」「でも価格も上がるかも……」と落ち着かない日々がしばらく続きそうです。

●関連サイト
アップルストア

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!