2013年05月23日22時00分

スマホでクレジットカード決済 個人も使える“Square”が日本上陸

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 スマートフォンやタブレットのイヤホンジャックに端末を挿し、クレジットカード決済を可能にするモバイル決済サービス“Square”が日本に上陸した。米国とカナダでは420万店が加盟し、カフェやレストランなどの店舗だけでなく、医師やピアノの先生など個人事業主も導入する。北米以外へは初の進出となり、三井住友カードと戦略的業務提携を結んだ。

Square

 クレジットカードをとおす“Squareリーダー”の端末と決済アプリ『Squareレジ』の利用は無料。iOSとAndroidに対応する。クレジットカード決済の手数料は1回の取引に付き3.25%。事業者への振り込みは指定の銀行であれば通常翌営業日、その他の銀行でも1週間以内となる。端末はSquareのサイトで申し込みをして手に入れることができる。

Square

 Squareを共同で立ち上げたのは、Twitterの共同創設者でもあるジャック・ドーシーCEO。日本での立ち上げに来日し、会見を行なった。「すべてのあらゆるビジネスでクレジットカードによる決済を可能にする。ツールは小さな企業から世界でも最大級の企業にも使えるようにした。北米7000のスターバックスの店舗でも利用できる。さらにスタバとピアノの先生が同じツールを使える。商業活動はシンプルに、会話のように簡単にしていく必要がある」と、Squareの理念である“Make Commerce Easy”を語った。

Square

 三井住友カードの島田秀男代表取締役社長も、「Squareのサービスに先進性がある。簡易なリーダーライターをジャックに挿すだけ、導入コストを劇的に低下させる。クレジットカード決済が、スモールビジネス市場、地方において、着実に拡大していく。
 また、“Square Wallet”は、アメリカで利用者から高い評価。自分のクレジットカード番号と顔写真を登録、あらかじめネット上で欲しいものを決済して、店舗にいって品物を受け取る。レジスターには顔写真、利用者と見比べて本人確認をして、商品を渡す。顔パスでの決済サービス、これを早期に日本に導入していきたい」とさらなる展開も示唆した。さらにSquareへ1000万ドルの資金出資したことも明かした。

Square

 実際に会場では、『Square』の端末を装着したiPhoneとiPadでクレジットカードの決済ができるデモが行なえた。

Square

 決済は本当にすごく簡単。ショップ店員さんがSquareレジで金額を入力する。この金額はその場で手動で入力もできるが、事前に設定しておくことも可能だ。

Square

 サッと店員さんがクレジットカードをiPhoneに取り付けられたSquareリーダーにとおす。

Square

 カードをとおすとサインの入力画面が現われるので、端末にサインを自分で入力するだけだ。その後、レシートの発送画面にSMSかメールアドレスを入力すると、その宛先にレシートが送付される。

Square

 ちなみに自分のクレジットカードでデモをしたので、実際に100円引き落とされてしまう。そこは安心、アプリ上で払い戻しの手続きも行なえる。レシートと払い戻しの案内が登録したメールアドレス宛に手続き後すぐに届いた。

Square Square

 そのほか、このアプリではクレジットカードをとおさない現金決済にも対応する。時間別、日別などの売り上げ管理、売り上げレポートの表示も可能だ。

Square

 導入のしやすさ、手数料は3.25%と競合サービスに比べて安く、最短で翌日に入金されるなど革新を起こしそうなサービス。個人中小の小売業だけでなく、イベントでの物販支払いや個人間のやりとりなど、アイデアしだいで使用用途は広がりそうだ。

■関連サイト
Square

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Amazon.co.jp