2013年04月14日17時00分

Flipboard初のユーザーイベントに潜入! キュレーションって何?|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 iOSアプリ「Flipboard」をご存知ですか? ニュースやウェブサイトをはじめ、TwitterやFacebook、InstagramといったSNSの情報を雑誌のようなレイアウトで読めるクライアントアプリです。

 本アプリが4月2日に2.0にアップデートされ、「キュレーション」機能と呼ばれる、任意の情報を選んでオリジナルマガジンを作成、公開できる機能が追加されました。

flipboard
flipboard

 自分のTwitter/Facebook/Google+/Tumbler/Flicker/Instagramなどのアカウントを登録すると、すべての情報が「Cover Stories」と呼ばれるタイムライン上で閲覧できます。その中から好きな情報を選んで、自分で作成した「マイ・マガジン」に「フリップ」(保存)すると、テーマに沿った情報だけを集められ、雑誌のようにページをめくりながら見られるというわけです。

flipboard

 「マイ・マガジン」は何冊でも作成できるので、さっそく私は、「仕事メモ」、「遊びメモ」、「欲しいもの」などのタイトルでマガジンを作り、情報をどんどん保存しています。

 Twitterの「お気に入り」など、各アプリにも同等の機能はありますが、なんと言っても保存した情報を見直すときのインターフェースが美しい。特にiPadの場合は、本当の雑誌を読んでいるように楽しめます。マガジンは公開/非公開を設定できるので、ほかのユーザーにもシェアしたいもの、自分用の情報など、区別してマガジンを管理できます。

 と、前置きが長くなりましたが、このアップデートを記念して、4月11日(木)に代官山の蔦谷書店でFlipboardのユーザーイベントが開催されました。

flipboard
flipboard

 ゲストにはFlipboardを活用しているという「amana photo collection」のチーフディレクターである河内タカさん、アーティストのSPUTNIKO!さん、代官山蔦谷書店・旅のコンシェルジュの森本剛史さんを迎え、ゲストの方々がどのように活用しているか、楽しむコツなどを語りました。

flipboard flipboard

 河内タカさんは、「米国でアート・写真・建築・デザインを得意とするキュレーターをしており、2年前に日本に帰国して海外でインプットし続けてきた情報をアウトプットする場所が欲しかった。同時期にFacebookに出会ってたくさんの情報をアップしていましたが、過去の情報を見直すときのインターフェースがあまりよくない。ところが、FlipboardでFacebookを見ると過去にさかのぼって見やすく、まったく違う見え方や使い方ができることに衝撃を受けたんです」。

flipboard flipboard

 河内さんが公開されているマガジン「Taka's Photo Index」。「僕はいつもタイトルとサブタイトル作成にはとても時間をかけます。小難しいことは絶対に書かず、もっと見たくなるタイトルにすることが大事だと考えます」。

flipboard flipboard

 SPUTNIKO!さんは、「大学で数学、大学院でアートを学び、学生時代からFacebookやYoutubeに作品をアップしていました。サイエンスとテクノロジーが大好きで、それにまつわる作品を作っているのですが、私の情報はウェブ上に散乱しています(笑)。なので、Flipboard内で「SPUTNIKO」と検索すれば、いろいろと出てくることを知りました。「購読」ボタンを押せば「Cover Stories」でいつでも見られるんですね。私も今日登録します!」。

flipboard flipboard

 SPUTNIKO!さん自身が作品を作るときにリサーチするというウェブ上の情報を集めた「Art Meets Science!」というマガジン。アート寄りのサイエンス/テクノロジーニュースや気になる作品のほか、ファッションやネイルなど、作品のインスピレーションとなる情報をシェアしています。

flipboard flipboard

 森本剛史さんは、「旅のコンシェルジュとして1万冊以上の旅の本を見ており、自分自身も100ヵ国に行きました。私はそこで「色」をテーマにした写真をたくさん撮っており、いつか1冊の写真集として出したいと思っています。これをFlipboard上で見ると、ただ写真を見ているときと見え方が変わりますね」。

flipboard flipboard

 森本さんが旅先で撮影した写真をまとめた「The Colorful World 世界は色で溢れている」。2日前に帰ってきたというミャンマーの写真をはじめ、色鮮やかな写真を公開されています。

 実際に活用されているプロのクリエーターの方の意見は、今後Flipboardを使っていくのにとても参考になりました。ぜひ一度、マイ・マガジンを作ってみてください!

●関連サイト Flipboard(英語サイト)

Flipboard: あなたのソーシャルニュースマガジン
App Store価格:無料
Flipboard
(価格は記事作成時のものです)

AppStore アプリをダウンロード

 

【MacPeopleデジタル版をNewsstandでも配信中!】

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Amazon.co.jp