2013年03月18日21時00分

新作ゲームと人気ノベル・アニメの新情報てんこ盛り!:ゲームの電撃 感謝祭2013&電撃文庫 春の祭典2013

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 3月17日、東京・秋葉原にて、電撃ブランドのゲームメディアと文庫ファンに送るユーザー感謝イベント『ゲームの電撃 感謝祭2013 & 電撃文庫 春の祭典2013』が開催されました。新作ゲームタイトルの試遊や物販コーナーや、ゲーム・アニメの出演陣が登場するステージイベントなど盛りだくさんの内容のなかから、気になった展示をピックアップいたします。

まずはベルサール会場から
『ゲームの電撃 感謝祭2013 & 電撃文庫 春の祭典2013』

 

●バンダイナムコゲームス

『ゲームの電撃 感謝祭2013 & 電撃文庫 春の祭典2013』

 ガンプラ同士でバトルできる6月27日発売のPS3用ゲーム『ガンダムブレイカー』体験版の試遊台を用意。また発売即日に品切れ店続出した『ソードアート・オンライン インフィニティ・モーメント』からキリト&アスナのパネル展示や、『テイルズ』、『アイマス』、『スパロボ』などバンナム関連書籍コーナーを設置。ガッツリ立ち読みオーケーでした。

関連書籍コーナー パネル展示
『ゲームの電撃 感謝祭2013 & 電撃文庫 春の祭典2013』 『ゲームの電撃 感謝祭2013 & 電撃文庫 春の祭典2013』

 

●セガ

『ゲームの電撃 感謝祭2013 & 電撃文庫 春の祭典2013』

 Vita版『ファンタシースターオンライン2』と、PS3版『初音ミク -Project DIVA- F』の試遊台を多数用意。『PSO2』を遊ぶとクリアファイルが、『DIVA F』を遊ぶとネックストラップが貰えました。クリアファイルのイラストは先月アップデートした新シナリオクエストからクーナ、謎の少女、クロームドラゴンが早速登場!

『DIVA F』では長蛇の列
『ゲームの電撃 感謝祭2013 & 電撃文庫 春の祭典2013』
クロームドラゴン クーナ&謎の少女
『ゲームの電撃 感謝祭2013 & 電撃文庫 春の祭典2013』 『ゲームの電撃 感謝祭2013 & 電撃文庫 春の祭典2013』

 

●ALIENWARE(電撃オンラインゾーン)

『ゲームの電撃 感謝祭2013 & 電撃文庫 春の祭典2013』

 電撃オンラインのPCゲームコーナーにはゲーミングノートPC『ALIENWARE M18x』が襲来。今回遊べたゲームは『リング☆ドリーム~女子プロレス大戦~』、『三国志を抱く』、『燐光のレムリア~Lemuria of phosphorescent~』など軽量ゲームでしたが、M18xの強力さを体験できた。また、PC・携帯アプリゲームコーナーはメイド喫茶JAM Akihabaraとのコラボ企画でメイドさんが案内していましたよ。

『ALIENWARE M18x』が襲来
『ゲームの電撃 感謝祭2013 & 電撃文庫 春の祭典2013』

 

●電撃PlayStationゾーン

『ゲームの電撃 感謝祭2013 & 電撃文庫 春の祭典2013』

 PS3用ゲーム2タイトル、Vita用ゲーム5タイトル、PSP用ゲーム2タイトルを一挙に体験できるゾーンを用意。さらに各種ゲームで遊んでゲットできるアイスクリーム引換券を2枚持って行くと、発売前日の新作ハーゲンダッツをもらえました。天気がよすぎて汗ばむほどだったのでこれは嬉しい!

試遊タイトル
PS3
・God of War:Ascension
・ディスガイア D2

Vita
・ソウル・サクリファイス
・メルルのアトリエ Plus ~アーランドの錬金術士3~
・朧村正
・閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明-
・ファンタシースターオンライン2

PSP
・境界線上のホライゾン PORTABLE
・ロウきゅーぶ! ひみつのおとしもの

閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明- 朧村正
『ゲームの電撃 感謝祭2013 & 電撃文庫 春の祭典2013』 『ゲームの電撃 感謝祭2013 & 電撃文庫 春の祭典2013』
God of War:Ascension ロウきゅーぶ! アイスを引き替え!
『ゲームの電撃 感謝祭2013 & 電撃文庫 春の祭典2013』 『ゲームの電撃 感謝祭2013 & 電撃文庫 春の祭典2013』 『ゲームの電撃 感謝祭2013 & 電撃文庫 春の祭典2013』

 

●マジック:ザ・ギャザリング

『ゲームの電撃 感謝祭2013 & 電撃文庫 春の祭典2013』

 ゆったりとしたプレースペースが設けられ、スタッフとの対戦やビギナー向けティーチングでTCGを楽しめたほか、PS3版『デュエルズ・オブ・ザ・プレインズウォーカーズ2013』で遊べました。

 

■ステージイベントも大盛況!

『ゲームの電撃 感謝祭2013 & 電撃文庫 春の祭典2013』

 ベルサール地下1階と秋葉原UDXにはステージイベントを開催。ステージ内には事前応募の当選者だけが入場可能ですが少し離れた場所に立ち見席が用意。当選ハガキがなくてもイベントを楽しめることもあり、すべてのステージが大盛況でした。

 

●ベルサール地下1階
アニメ『俺の妹。』新党結成会議

 原作者・伏見つかさ先生、アニプレックス・高橋祐馬氏&柏田真一氏、AMW三木&小原による新党“俺のいもう党”結成会議。俺のいもう党とは、『俺の妹』をこよなく愛する紳士たちの集まりで、支持を得るためマニフェストをここに宣言! “原作小説の最終巻まで必ず書き上げます”(伏見総裁)、“アニメは原作最後までやります”(高橋政調会長)など、ついに迎える原作最終巻や4月から始まる『俺の妹』2期に向けて仕上がりをアピールです。

 会議途中にゲストとしてバンダイナムコゲームス・二見鷹介氏を迎え、PS3版ゲーム『俺の妹がこんなに可愛いわけがないHappyenD』の制作が発表された。ジャンルはまだ未定だが「PSP版とは一線を画したもの、より動く」という発言が気になるところだ。

 さらにゲストとして御坂みこ党のワーナーエンターテイメントジャパン・中山信宏氏が登場し、『俺の妹』×『とある科学の超電磁砲S』のコラボプロジェクトが発表された。このコラボを“俺のいもう党・御坂みこ党の大連立結成”として、ACE2013会場でコラボグッズ販売やソーシャルゲームでのコラボSRカードなどの展開を告知した。

新党“俺のいもう党”結成
『ゲームの電撃 感謝祭2013 & 電撃文庫 春の祭典2013』
↑メンバーの5名全員がTシャツで俺の妹好きの紳士ぶりをアピール。党ポスターに書かれていたキャッチフレーズは「妹を、再び」。
号外新聞も配布
『ゲームの電撃 感謝祭2013 & 電撃文庫 春の祭典2013』
↑俺のいもう党と御坂みこ党の大連立(コラボ発表)は号外新聞になり、発表後からイベント会場で配布されていた。

 

●UDX会場
『電撃文庫創設20週年 大感謝プロジェクト』

『ゲームの電撃 感謝祭2013 & 電撃文庫 春の祭典2013』

 電撃文庫編集部の公式ラジオ番組『うぇぶらじ@電撃文庫』パーソナリティのうえむらちかさん、三澤紗千香さん、おかゆまさき先生、電撃文庫副編・三木によるステージ。4月より実施される電撃文庫20週年・大感謝プロジェクトとは何なのかを、楽しくわかりやすく紹介。こんなに沢山の企画が準備されています。

『ゲームの電撃 感謝祭2013 & 電撃文庫 春の祭典2013』 『ゲームの電撃 感謝祭2013 & 電撃文庫 春の祭典2013』
『ゲームの電撃 感謝祭2013 & 電撃文庫 春の祭典2013』 『ゲームの電撃 感謝祭2013 & 電撃文庫 春の祭典2013』

・電撃文庫作品のアニメが目白押し
すでに発表済みの『俺の妹』、『超電磁砲S』、『はたらく魔王さま!』、『ロウきゅーぶ!SS』のほか、初出し情報として電撃文庫『ストライク・ザ・ブラッド』と『ゴールデンタイム』のアニメ化を発表!

・総勢1万人にあたる1年間ぶち抜きプレゼントキャンペーン
プレゼント企画は毎年開催されているが、今回は5名様に「超豪華 サイン入り電撃文庫1年分」が当たるなど超豪華な内容! キャンペーンは季節ごとに開催され、今回は“春の特賞”なのでキャンペーンの応募チャンスは年4回あります。

・電撃文庫 vs セガ プロジェクトスタート
“vs”とある通りセガから挑戦状が届くプロジェクト。セガの歴代ハードを擬人化した『セガ・ハード・ガールズ・ストーリー』のノベライズ連載や、『俺の妹』の高坂桐乃がセガ宣伝隊長就任など、セガからの挑戦に対抗していく企画です。

・『大電撃文庫展』開催決定
 新たに作品と読者を結ぶ新体感型イベントの開催決定! 電撃文庫の人気作家、イラストレーターが多数参加するイベントで、選出した名場面を作者のコメントや新規イラストで紹介する“名シーンコレクション”や、電撃文庫キャラクターの“コスプレ編、”旅行・水着編"イラストの展示、サイン会など、たっぷりの書きおろしを満載した内容だ。

※『大電撃文庫展』開催概要
 日程:4月27日~5月6日
 会場:東京・池袋サンシャインシティ ワールドインポートマート4F 展示ホールA
 前売り券 1000円、当日券1300円
 限定グッズ付き前売り券 各3000円(特製サイン入りタペストリーが付属)

・キノの旅がウィークリーで連載開始
4月より時雨沢恵一先生の『キノの旅』がウィークリーで新聞連載を開始。内容はもちろん新作です。電子書籍や電撃モバイルNEOとの連動企画も進行中だ。

・『生贄のジレンマ』実写化決定
『生贄のジレンマ』は土橋真二郎先生が描く、閉鎖された学校を舞台としたサスペンス作品。実写化は監督・金子修介氏、脚本・小林弘利氏が務める。

・新レーベル『電撃コミックスNEXT』誕生
新たなコミックスレーベルが5月27日に創刊。毎月10日と27日に発売される。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking