2013年02月25日12時56分

KDDIがFirefox OSスマホを国内導入予定と正式発表:MWC2013

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
KDDIがFirefox OSスマホを国内導入予定と正式発表:MWC2013

 KDDIがFirefox OS搭載スマートフォンの日本導入について、正式に発表しました。下記が本日KDDIから発表されたニュースリリース原文になります。

「Firefox OS」搭載端末の導入に向けた取り組みについて
~HTML5時代到来に向け、両社のノウハウを生かす協力関係を構築~
No.2013-036

KDDI株式会社
Mozilla Corporation
2013年2月25日

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 田中孝司、以下 KDDI) およびMozilla Corporation(本社: カリフォルニア州 マウンテン・ビュー、CEO: ゲイリー・コバックス、以下 Mozilla)はこのたび、Firefox OS搭載端末の日本市場への導入および、Firefox OSの機能向上のために協力していくことで合意しました。

Firefox OSは、HTML5を初めとするWeb標準技術をベースとした、Mozillaが提唱する新しいオープンなモバイルプラットフォームです。インターネットをすべての人々の利益になる方向へ発展させるというMozillaのコミットメントに則り、デバイスにアクセスするAPIなどは、リファレンスも含めてW3C等の標準化団体へ提案されており、独自のAPIを指向しない真にオープンなエコシステムになると考えられています。これにより、アプリケーションの開発・提供が容易となり、革新的なサービスが誕生することが期待されています。

KDDIは、Firefox OSのWebアプリケーションの実行に最適化されたシンプルなシステム構成により、システムの拡張性が期待できることから、様々なニーズに対応したFirefox OS搭載スマートフォンの導入を検討していきます。

また、Mozillaが管理し、Firefox OSを搭載する端末を開発するメーカーが利用するソフトウェア群へ、KDDIが各種機能追加のためのソースコードを作成するコントリビューション (貢献) を予定しております。従来は有志の端末メーカー技術者によるコントリビューションが一般的ですが、通信事業者であるKDDIが行うことで、開発のスピードアップ、端末ごとの機能差解消を図ります。お客さまの意図しないデータ通信を抑制する「データ通信の最適化」、お客さまデータ保護のための「セキュリティ機能の強化」、任意のアプリケーションをご利用のお客さま自身が制限可能とする「ペアレンタルコントロール」などの分野について、両社が持つノウハウを共有し、開発していきます。

Mozilla Corporation CEO ゲイリー・コバックスのコメント
Firefox OSは、オープンなWebによる自由と無限の革新性を、世界中のモバイルユーザにもたらします。最も革新的なモバイル市場の一つである日本へKDDIが Firefox OS搭載端末を投入することによって、オープン Webは多大な恩恵を受けることでしょう。

なお、KDDIとMozilla Japan (本社: 東京都千代田区、代表理事 瀧田佐登子) は、日本国内におけるFirefox OSの技術支援および普及活動、Webアプリケーションのエコシステム活性化に努めていきます。

※ API: 【Application Program Interface】アプリケーションを簡潔にプログラムできるように設定されたインターフェース
※ W3C: 【World Wide Web Consortium】World Wide Webで使用される各種技術の標準化を推進する為に設立された標準化団体、非営利団体

 具体的な日時を定めて国内導入を明言していないものの、Firefox OS開発に“貢献”していくと、キャリアとして一歩踏み込んだ立ち位置を表明しています。KDDI(au)はWindows Phone端末をリリースするなど、携帯端末OSの選択肢が多いキャリア。Firefox OSスマホについても、他キャリアを先んじて独自の端末をリリースすることに期待したいところです。

MWC2013まとめ

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!