2013年02月14日20時30分

無料で使えるGoogleの超豪華撮影スタジオYouTube Space Tokyoが凄すぎ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 Googleは、YouTubeの映像クリエーターを支援する撮影スタジオ“YouTube Space Tokyo”を六本木ヒルズ森タワー29階に2月15日に開設する。ロンドン、ロサンゼルスに続き、世界で3ヵ所目となる。撮影スタジオから、グリーンスクリーン、レコーディングスタジオ、編集室には最先端の映像制作機器を用意し、無料で利用できる。また、セミナーに使えるトレーニングルームからラウンジ、ミニキッチン、景色の良いミューティングルーム、ゲストルームなどを備える。

 利用条件は、動画の制作者であることと、無償で行なえるYouTubeパートナープログラムへの申し込みが必要。さらに事前にYouTubeスタッフとの企画、スケジュール、撮影内容の調整を行なって決める。申し込みページは2月15日にオープン予定。企画はほかのクリエーターとコラボレーション、シェアできる企画が大切とのこと。

 スタジオの中の施設をひとつずつ見ていこう。豪華そのもので、ここで映像制作できるクリエーターが何を生み出してくれるか今から楽しみになる。週アスの動画もここでつくらせて貰えないかな……。

YouTube Space Tokyo YouTube Space Tokyo

↑訪問者が入館登録をする29階の受付。壁にはYouTubeのカラーが目立つ。入ってスグに、ミーティングできるエリア。コラボを推奨しているだけあって、クリエーターどうしが交流できるスペースも充実している。

YouTube Space Tokyo

↑大きな撮影スタジオは2つ。スタジオ1は118.6平方メートルで、本格的な大きなセットも組める多目的なスタジオ。

YouTube Space Tokyo

↑実際にスタジオ1につくられたセットの見本。ここまでつくり込まれた古い家屋が見事。さすがにセットの制作費は、動画クリエイター側が負担する。

YouTube Space Tokyo YouTube Space Tokyo

↑64.8平方メートルのスタジオ2には半円形のグリーンスクリーンが設置され、クロマキー合成やモーションキャプチャーなどが行なえる。クリエーターは専門のスタッフに、使い方などを指導してもらえる。

YouTube Space Tokyo YouTube Space Tokyo

↑映像が集約されるコントロールルームと、レコーディングスタジオ。

YouTube Space Tokyo YouTube Space Tokyo

↑大きなオープンスペースのとなりには、カフェとともにミニキッチンも配置。交流のほか、キッチンをつかった撮影も行なえる。

YouTube Space Tokyo YouTube Space Tokyo

↑デュアルディスプレーにつながれた6台の『Mac Pro』がある編集ルーム。編集ソフトは、『Final Cut X』、『Adobe CS6』、『AVID』 を搭載する。

YouTube Space Tokyo

↑セミナーや上映会も行なえる、トレーニングルーム。映像制作者向けの勉強会なども実施する。

YouTube Space Tokyo YouTube Space Tokyo

↑東京タワーから、スカイツリー、お台場までも見渡せる、まさに絶景なルーム。インタビューなどプライベートな打ち合わせに使えるミーティングルームもある。

 2月14日に行なわれた記者会見でYouTubeコンテンツオペレーションズアジア太平洋統括部長のデービッド・マクドナルド氏によれば、この施設は3つの単語に特徴が込められているという。“LEARN”、学ぶこと。セミナーに参加し、制作のスケールをアップし、よりよい動画をつくる勉強ができる。“SHARE”、コラボレーションをお願いしたい。最後はもちろん、本格的なスタジオと設備で、本格的なコンテンツをつくれる“CREATE”だ。

YouTube Space Tokyo YouTube Space Tokyo YouTube Space Tokyo

 ゲストで登場した都内で活動している“劇団スカッシュ”は、もともと宣伝のためにドラマをYouTubeでアップしていて、それがきっかけで“YouTube パートナー プログラム”に参加し、映像クリエーターをGoogleが支援するプログラム“YouTube NextUp”で動画制作を学んだチーム。

YouTube Space Tokyo

 今回この施設で動画制作を行なった。「個人ではできないセットを組ませていただいて、専門の人に教わりながらプロの機材を使い、編集の仕方までサポートしてもらえるのがいい。専門家がいるので、聞きにいけば教えてくれる」と、プロが支援する“YouTube Space Tokyo”の利点を語っていた。劇団スカッシュが、同施設を使って作成した動画『恐怖動画!古民家に現れた隙間男! Stalking Vampire 1』が公開中だ。

■関連サイト
YouTube パートナー プログラム

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

56人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

4,980円〜

41人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

12,980円〜

11人が購入

Amazon.co.jp