2013年02月01日23時00分

2画面スマホMEDIAS Wの2画面はこう使うのだ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket


 

0201ncmwmm

 かっこいいのはわかるが、どう使うと便利かイマイチわからないウワサの2画面スマホ『MEDIAS W N-05E』。製品のキモである2画面表示機能に迫ってみました!

 
 なお、記事中で紹介する端末は試作機ですので、細部の仕様や機能が製品版と異なる可能性がありますのでご注意ください。

 4月中旬発売予定のドコモ2画面スマホ『MEDIAS W N-05E』。もちろんみなさんは注目していますよね? 2つ折ケータイの形状を横開きでスマホにしたかのようなムチャぶりが、過剰なガジェット感を演出しています。

 どうしても思い浮かぶのが「2画面って便利なの?」というソボクな疑問。私も実際に触ってみるまでは、どうなのかなぁと感じていました。

 しかし、こんな疑問を吹き飛ばすのが、サブ液晶を制御する“Utility Apps”の存在です。

 Utility Appsはサブ液晶下部のアイコンタッチで起動します。タッチすると2画面をまるまる使った“フルスクリーン”モードから、サブ液晶が独立して動作する“ダブル”モードに移行します。

ワンタッチで即2画面独立に
0201ncmwmm
↑サブ液晶下部の“Utility Apps”アイコンをおもむろにタッチ。これで2画面が独立して動作するモードに移行。
タッチ前はフルスクリーン表示
0201ncmwmm
↑ホーム画面や一般的なアプリはフルスクリーン表示で動作します。タテ表示で実質1080×960ドットですね。

 

 

2画面独立モードに移行
0201ncmwmm
↑Utility Appsアイコンをタッチするとアプリ表示が半分になり、サブ画面に専用画面が表示されます。

 これで2画面独立の“ダブル”表示になります。ダブル表示はサブ画面下部に並んだ5つのアイコンで各機能を立ち上げます。

 たとえば、メイン画面で地図を表示し、サブ画面でメモ書きするといったことが可能。これは2画面の優位性が光りますね!

地図を見ながらメモ
0201ncmwmm
↑メイン画面でグーグルマップを起動し、サブ画面でメモ一覧を起動。メモをとるという独自操作が可能。
タップで文字列を検索
0201ncmwmm
↑アイコンを押したあと、メイン画面上の任意の文字列の部分にタッチするだけで検索が行なえます。

 前回の記事でご紹介したように、メールやギャラリーなどの2画面表示対応アプリならUtility Appsを起動しなくても、自動でサブ画面を活用できるのも便利です。

 なお、ディスプレー設定で端末を開いた際の画面モードを選択することも可能。

 2画面独立で操作できるシチュエーションをまとめると
 ●メイン画面では任意のアプリ、サブ画面ではUtility Apps内のアプリを起動
 ●2画面表示に対応したメール、ギャラリーなどのアプリを起動
 

添付ファイルも確認可能
0131ncmw
↑ダブル表示では一覧+メール本文に加えて、メール本文+添付ファイルも確認できます。これはホントに便利です。

 つまり、メイン画面では好きなアプリが起動できますが、サブ画面は限定されたアプリのみ起動するということです。メイン画面でツイッター、サブ画面でフェースブックアプリを起動といった使い方はできません。

 しかし、実際に操作してみるとワリと違和感はありません。よく使うメールなどが2画面を意識せずにかしこく分割表示されるのは快適なんですね! 動画もサムネイル一覧と再生画面が分かれるので、たまった動画を連続で消化する際も便利。
 

サムネイル+動画表示
0201ncmwmm
↑静止画はもちろん、動画もサムネイル一覧と再生画面を同時に表示できます。

 2画面のちょっと変わった使い方としては、“Wムービー”機能でしょう。SDカード内の動画を再生する際、画面右下にひっそりと表示されているアイコンにタッチすると、おもむろに2つの画面に分けて同じ動画を再生可能。

 本体を2つ折りできる特徴を生かして△の形にスマホを折って卓上に置けば、対面の相手と動画が楽しめるという寸法です。ファミレスなどでこの機能を使えば、存分にリア充ぶりをアピールできそうです! さすがに音は分割で出ませんので、音量に注意してください。

動画プレーヤーを選択
0201ncmwmm
↑ファイルマネージャーでSDカード内の動画ファイルを選択し、“動画プレーヤー”を選びます。
再生時に右下に謎のアイコンが
0201ncmwmm
↑動画を再生中によく見ると、右下に地味なアイコンが。タッチすると“Wムービー”モードになる。
まさかの2画面動画再生
0201ncmwmm
↑△にスマホを折って対面の相手と仲良く動画を鑑賞可能。スマホをたたむとWムービー機能も終了する。

 実は設定画面も2画面表示に対応。複数の設定をいじる際に“戻る”連打のイライラともこれでオサラバです。

設定画面も2画面対応
0201ncmwmm
↑メイン画面に設定項目、サブ画面に詳細設定が表示されます。地味ですが便利です。

 スクリーンキャプチャーやスリープ設定などの省電力設定も開閉時で独立しているのもポイント。目の疲れを軽減する“ブルーライトカットモード”もうれしい機能です。スクリーンキャプチャーもメイン、サブ、フルとも選べます
 

0201ncmwmm
0201ncmwmm
0201ncmwmm

 使い込むほど味が出る『MEDIAS W N-05E』。飛び道具に見えながら、実は質実剛健なつくりはNECカシオらしさ全開。4月中旬の発売が待ち遠しいですね!

MEDIAS W N-05E
メーカー:NECカシオ
キャリア:ドコモ
発売日:4月中旬発売予定
予想実売価格:2万円台後半

■関連サイト
NTTドコモ
NECカシオモバイル製品情報
 

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking